メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.30

決戦への思いを胸に

 春季リーグ戦を締めるとともに優勝決定戦となる早慶戦も今週末に迫っている。早慶戦まで残すところわずか2日となったこの日、慶大應援指導部を招いての早慶合同デモンストレーションが行われた。今回はSHOCKERS、MYNXも共演し、多くの観客が集結。熱気渦巻く会場となった。

 まず披露されたのは、ワセダ、ケイオーそれぞれの第一応援歌。ワセダ側のパフォーマンスでは、木暮美季(法4=埼玉・早大本庄)がセンターで指揮を執り、それに合わせて観客も肩を組んで歌った『紺碧の空』に会場の士気も高まる。対してケイオーも『若き血』を堂々と披露。ケイオーとワセダ、それぞれの愛校心がぶつかり合い、盛り上がりは大きくなっていく。高潮した雰囲気そのままに、今度はももいろクローバーZの『走れ!』に合わせ、ワセダが誇るチアリーダーズであるBIG BEARSと共に、SHOCKERS、MYNXもパフォーマンスを披露。圧巻のパフォーマンスを繰り広げて観客を魅了し、会場がどよめいた。

SHOCKERS、MYNXと共演するBIG BEARS

 早慶応援合戦の先攻となったワセダのパフォーマンスは、仁熊佑太代表委員主将(創理4=埼玉・早大本庄)の学注で幕を開ける。仁熊、木暮が『ワセダ必勝応援曲メドレー』に合わせ、全身の力を込めた突きで観客を圧倒。応援歌に合わせて歌う観客の声が響き渡った。後攻となったケイオーも負けじと、華やかなチアリーダーズと共に、リーダーたちが力強いテクでチャンスパターンメドレーを披露。その勢いのままに『早慶讃歌』が演奏されると、観客たちも肩を組み、盛り上がりは最高潮に。最後の『都の西北』の演奏では、観客たちは歌に合わせて拳を振り上げ、応援部と共に高らかに校歌を歌い上げた。

学注の声を響かせる仁熊

 早慶戦が優勝決定戦となるのは4年ぶり。「土日両日とも応援の力で選手にパワーを与えられれば」(仁熊)と気合は十分だ。そのために試合当日に不可欠なのは、応援部と学生が一丸となって応援すること。見込まれるのは満席の応援席であり、その準備はもうできている。「早大生に優勝という最高の気分を味わってもらいたい」(木暮)――。感動の決戦は、もうすぐそこだ。

(記事 伊能由佳、写真 川口真由)

コメント

仁熊佑太代表委員主将(創理4=埼玉・早大本庄)

――きょう、今季最後のデモンストレーションを終えての感想をお願いします

きょうはいろんな団体も参加してくれたので、集客数も本当に多くて。多くの学生に早慶戦の応援ですとか、(慶應の)應援指導部など、いいところも見てもらえたので、良かったなと思います。

――今週末の早慶戦が優勝決定戦ということですが、これまでを見てきていかがですか

やはり有原選手が活躍して下さっていて。土曜日はもう絶対問題ないなと。土日両日とも応援の力で選手にパワーを与えられればいいと思います。

――最後に、早慶戦に向けての意気込みをお願いします

もう本当に早大生全員がワセダの優勝を望んでいると思いますので、それに向けてわれわれ応援部も精一杯全力で応援して参りたいと思います。

木暮美季(法4=埼玉・早大本庄)

――きょう、今季最後のデモンストレーションを終えての感想をお願いします

先週、ケイオーにて三田と日吉とで2回デモンストレーションをさせて頂いたのですが、やはり学生の盛り上がりがワセダだと違うなと思いました。今季最後のデモンストレーションとしてやらせて頂いたのですけれども、いままでよりいっそう集客数も多くて。全員が肩を組んで『紺碧の空』を歌って下さったりですとか、観客の方も一緒に盛り上がって下さったので、やはりワセダの学生は熱いし、ケイオーにはそこで負けない、と思いました。

――今週末の早慶戦が優勝決定戦ということですが、これまでを見てきていかがですか

無敗で優勝の決まる早慶戦というのが4年ぶりということで、当たり前のことではないということを頭において、そして早慶戦は早慶戦で絶対に倒さなければならないのがケイオーだと思うので。そういうことを踏まえていままでの流れを必ず選手の方も組んでやってくれると思いますので、後は応援の力で、いまある選手の力を存分に引き出してあげられたらいいなと思います。

――最後に、早慶戦に向けての意気込みをお願いします

応援部員として迎える最後の年、そのうちの最後の春の早慶戦ということで、やはり春と秋では同じ早慶戦でも雰囲気が違いますし、秋は秋でまた違う戦いが待っていると思いますので、春は春で選手も早大生も応援部も一丸となって最高の早慶戦をつくりあげて、早大生に優勝という最高の気分を味わってもらいたいと思います。

<< 一覧へ戻る