メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.27

悪夢の連敗、4位に沈む

 春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)順位決定戦予選で東農大にまさかの黒星を喫した早大。その結果を受け、明大との3位決定戦に臨んだ。試合は序盤から明大の猛攻に圧倒され、自分たちのプレーができず。2点ビハインドで迎えた後半には巻き返し、3点を返すも、相手の勢いは止められず。3-6で敗北し、春季リーグ戦を4位で終えることとなった。

 前半から早大は相手のペースに巻き込まれた。開始直後、いきなり明大にペナルティーコーナー(PC)を与えてしまう。ここはDF陣のプレッシャーで相手のミスを誘い、事無きを得るが、立ち上がりの危うさを露呈した。その後も執拗なチェックを続ける明大に押され、防戦を強いられる。何度も相手攻撃陣を退けるも、迎えたPCのピンチ。ここで明大の素早い連携に対応することができず、先制点を奪われた。これで焦ったのか、早大はフィールドを広く使う本来のプレイスタイルを見失う。中盤にはGK戸田翼(社2=滋賀・伊吹)が好セーブを連発するも、明大を止め切ることはできない。再びPCをものにされ、追加点を許してしまう。早大はFW佐藤良(政経3=東京・早大学院)を中心にゴールを狙うが、結局決定機を見いだせず。0-2で前半を折り返した。

必死にゴールを守る田中主将

 

 後半に入り、早大は点差を埋めようと積極的に攻め上がるが、手薄となった守備を明大に狙われ失点してしまう。嫌な流れを断ち切ろうと、MF宮口和樹(スポ1=滋賀・伊吹)が奮起。相手ゴールを脅かし、PCを獲得する。この絶対に決めなければならない場面でFB田中智大主将(社4=福井・丹生)が痛烈なシュートをたたき込み、ようやく1点をもぎ取る。田中はその後もPCのチャンスをものにし、2点目を生み出した。流れは早大に傾いたか。そう思われた矢先、明大が再び勢いを取り戻し猛攻。ペナルティーストローク(PS)を含め2点を加えられてしまう。なんとか意地を見せようと佐藤が加点するが、反撃もここまで。終盤にはダメ押しの1点を入れられ、早大は意気消沈。一矢報いることのできぬまま、試合終了を告げるホーンが無情にも鳴り響いた。

試合後、観客席に向かって挨拶をする選手たち

 「後味の悪い幕切れ」(松本剛毅監督、平6卒)となった春季リーグ戦。しかしながら、約一か月後には全日本大学王座決定戦が控える。どう立て直し、そして全国の舞台でどのような戦い方を見せられるのか。エンジを背負うサムライたちは、正念場を迎えている。

(記事、写真 落合修平)

春季関東学生リーグ
早大 0-2
3-4
明大
関連記事

逆転許しまさかの敗戦(5/05)

決着つかずも予選首位通過を決める(4/30)

2点差守りきり、明大を下す(4/22)

コメント

松本剛毅監督(平6卒)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

3位決定戦ということで、なかなかモチベーションを維持するのは難しいです。そういった意味で、気持ちで負けていたのかな、と思います。うちは突出して強いチームというわけではなく、気持ちを全面に出していかなければならないのですが。

――具体的な試合内容に関してはいかがでしたか

相手はよくうちのことを研究していると思いました。ディフェンスに入る時のプレスだったり、囲い込みだったり、そこら辺は完全に研究されていました。

――春季リーグ戦を振り返っていかがでしたか

スタートは良かったですね。順位決定戦に入り、東農大に1点差で負けてしまったのですが、内容自体はそこまで悪いとは思いませんでした。これを糧に全日本大学王座決定戦も頑張ろうと思っていた矢先のこの試合で、少し後味の悪い幕切れとなりましたね。

FB田中智大主将(社4=福井・丹生)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

残念、その一言に尽きます。この結果を見れば分かるように、自分らが情けないと思います。

――試合の内容についてはどう思われましたか

前半相手に簡単に点を許し、そこから自分たちが盛り返すことができず、後半になっても相手の勢いに負けていましたね。残念です。東農大に負け、きょうは絶対に勝とうと臨んだのですが、まだチームの気持ちが一つにまとまっておらず、その部分が負けていましたね。

――全日本大学王座決定戦に向けての意気込みをお願いします

また明大と当たるのですが、同じことは繰り返さずに勝ち、そして大会でいい結果を残します。開催まであと一か月少々あるので、これからまた、頑張っていきます。

<< 一覧へ戻る