メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.25

エースまたも完封 リーグ優勝に王手をかける

TEAM
早大
明大

 約2か月に及ぶ東京六大学春季リーグ戦(リーグ戦)も終わりが近づいてきている。ついに早大はこの日最終カード、明大戦を迎えた。これまでの4カード全てで勝ち点を取り首位に立つ早大は、2位につける明大から勝ち点を奪えば完全優勝が決まるのだ。6回に相手の守備のミスで先制すると、8回には堂園武史(人4=大分上野丘)の適時打で1点を追加。先発の河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)は変化球主体の投球で度々得点圏に走者を背負うも、粘りの投球で完封勝利。スコア2-0で勝利を収め、ついに優勝に王手をかけた。

 「きょうは調子が悪かった」(河合)。そんな状態でも試合をつくる術をエースは知っていた。先発マウンドの河合は普段に比べて直球にキレがなく、その直球を狙い打ちされて序盤から度々走者を背負う。だが、ピンチとなってからの投球は見事だった。変化球をコーナーに投げて打者を打ち取り、得点は許さない。捕手の松下和樹(先理3=静岡・掛川西)も2度盗塁を阻止し、河合を援護した。最終回にも、安打と四球から1死二、三塁のピンチを迎えたが続く打者2人をゴロで打ち取り、最後まで本塁は踏ませなかった。9回を投げて無失点。河合は今リーグ戦3度目の完封を達成した。

完封勝利を果たした河合

 河合の力投に応えたいが、打線はなかなか得点を奪えない。相手投手の球威に押され5回まで早大が放った安打は1本のみと、試合前半、打撃陣は完全に沈黙していた。そんな中、先制点は思わぬ形で入ることになる。6回、先頭の松井克成(スポ4=東京・早実)が死球で出塁した後、続く打者2人が倒れ、2死二塁。ここで相手投手の暴投の間に三塁を試みた松井を刺そうと相手捕手が投げた球が悪送球となり、松井はそのまま生還。ついに待望の先制点を奪った。さらに8回にも1死一、二塁の好機で堂園が鮮やかな左翼線への二塁打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

8回に適時打を放つ堂園

 河合の完封で優勝に王手をかけた早大。安打を打たれても要所を締めて無失点に抑える投球術はさすがエース、といったものだった。だが一方、法大カードで勢いがついたかに思われた打線はきょう元気が無く、5安打に抑え込まれた。リーグ戦の後には全日本選手権予選も控えるチームにとっては物足りない内容だっただろう。あすの試合は攻守ともに最高の内容で勝利し2季ぶりの優勝を果たしてほしい。

(記事、写真 河島孝大)

コメント

堂園武史(人4=大分上野丘)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

きょうの試合は、全然点が取れなかったので。打線としては河合を助けてあげたいなって気持ちだったんですけど、なかなか点取れなかったので、すごい苦しかったですね。

――8回の好機での打席はどのような心境でしたか

序盤の方で2死二、三塁の場面で、僕が見逃し三振をしてしまったので。1回チャンスを潰してしまったので、なんとかあの借りを返したいという気持ちで打席に入りました。また同じようなチャンスが回ってきて、しっかりここで決めてやろう、という気持ちでした。

――8回の左前打は見事でしたが、自身で振り返ってみていかがでしょうか

監督からも、真っ直ぐ8割のピッチャーだったので、とりあえずストレートを狙えと言われて。真っ直ぐに合わせて結果レフトに飛んだって感じですね。

――あすの試合に勝てば優勝が決まります

河合に投げさせなくてもいいように、あすの試合勝って優勝を決めたいと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうで3度目の完封となりましたが、投球を振り返ってみていかがでしょうか

きょうは調子が悪かったので。まあ、でも悪いなりに抑えられたかなって思いますね。点数を付けるとしたら、60点くらいですかね(笑)

――得点圏に走者を背負う場面も何度かありましたが

僕らは打てないので、まあ自分が抑えるしかないな、と思って。まあ意識だけですね。点を取られないようにコースに決めて、という感じで投げていました。

――最終回、1死二、三塁のピンチとなりましたが、その時の心境はいかがでしたか

やばかったですね(笑)またか、と思いましたね。僕は最終回とか6回とかに弱いんですよね。6回はグラウンド整備の後で気が緩んじゃうし、最終回は、「よし、いける」っていうのが気持ちのぶれにつながっているのかな、と思います。あの時は、正直やばかったですね。同点もあるな、と思ったんで。まあ抑えられて良かったですね。結果オーライみたいな感じですね。

――最終回のピンチで、踏ん張れた要因は何だと思いますか

相手が勝手に打ち損じてくれたので、良かったかな、と思います(笑)まあ、でも集中力はあったんでコースは良い所に投げられて。あとは、気持ちが上だった僕が勝ったんじゃないですかね。

――終盤になるにつれ、調子が上がっていったように感じましたが

いやー調子は上がらなかったですね。なんかもうブルペンから真っ直ぐの調子が悪くて。松下(和樹、先理3=静岡・掛川西)もそれを分かって、もうきょうは変化球中心で行こう、って思ったんじゃないですかね。話さなくてもわかるんで。それで変化球はしっかりコースに投げられたので良かったなって思いますね。あとは全日本選手権の予選に向けて、真っ直ぐの調子を戻すだけですね。

――あすへの意気込みをお願いします

あす勝って2連勝して、全日本選手権予選へはずみをつけたいと思います。

<< 一覧へ戻る