メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.20

投打に粘り 勝ち点を4に伸ばす/明大3回戦

明大3回戦
早大
明大
(早)○有原、内田-土屋

◇(本塁打)武藤4号2ラン(二塁打)茂木

 優勝の可能性がついえても、死力を尽くし立ち向かってくる明大。その気迫に圧倒され、早大は前日大敗を喫してしまった。しかし完全優勝のためには連敗は許されない。気持ちを切り替えて臨んだこの日の試合は、3回に早大が先制すると、その後も効果的に得点を重ね快勝。明大を相手に2年ぶりに勝ち点を獲得した。

 8安打ながらわずか1点止まりの拙攻に終わった前日。この日も2回に無死二、三塁の絶好機を迎えるも生かせない。しかし3回、この重い雰囲気を4番の一振りが吹き飛ばした。1点を先制した直後の2死一塁の場面で打席には武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)。エース山﨑福也の失投を見逃さず強振すると、打球は左翼スタンドへ一直線。有原航平(スポ4=広島・広陵)に3点の援護をもたらした。リードを縮められた6回には、先頭の茂木栄五郎(文構3=神奈川・桐蔭学園)が中前にはじき返すと、相手の打球処理の隙を突き二塁を陥れる。1死後、河原右京(スポ3=大阪桐蔭)の適時打で茂木がかえり、貴重な5点目を奪った。7回、9回にも打線がつながりダメ押し点を追加した早大は、前日の雪辱を果たす8得点で相手に引導を渡した。

今季4本目の本塁打で打線に活気を与えた武藤

 中1日での登板となった有原は、キレのある変化球をうまく利用し3回までを無安打に抑える。制球が甘くなったのは4回。2死三塁から5、6番に高めに浮いた球を痛打され2点を失う。5回にも1死一、三塁のピンチを迎えるが、ここは土屋遼太(教4=東京・早実)が俊足の福田周平の盗塁を刺す好プレーもあり、無失点で切り抜ける。この回で降板した有原を救援したのは内田聖人(教3=東京・早実)。いきなり2本の長打を浴び今季初失点を喫してしまうが、それでも「不安はなかった」と語るように、この日は球に勢いがあった。後続を連続三振に切ると、終盤3イニングは安打1本のみの完璧な内容。重信慎之介(教3=東京・早実)のフェンス際での好捕などにも助けられ、見事試合を締めてチームを勝利へ導いた。

好救援を見せた内田

 投手も野手も粘りを見せ、つかみ取った4つ目の勝ち点。先発野手の全員安打や内田の好投など調子は上々だ。そして残すは慶大との雌雄を決する戦い、『早慶戦』。このカードを制した者が、春の王者となる。身を乗り出して声を出す明るいベンチ、チーム一丸となり、闘志あふれたプレーで泥臭く白星を狙う選手たち。あと2勝。完全優勝へ向け、舞台は整った。

(記事 伊藤広真、写真 川口真由、建部沙紀)

★早慶戦は『負けられない戦い』に!

 早明3回戦後に行われた慶立3回戦では慶大が0-1で敗れ勝ち点を落としたものの、勝率の関係から早慶戦で勝ち点を奪った方が優勝となることが決まった。早慶共に優勝の可能性を残しながら最終週を迎えるのは2010年秋以来7季ぶり。早大にとって、完全優勝が達成されれば実に2008年秋以来11季ぶりの快挙となる。

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 中村奨吾 .237 右飛    右安 中飛       四球 二ゴ   
(左) 重信慎之介 .244 空振    左安    二ゴ    三犠 二ゴ   
(中) 中澤彰太 .317 二ゴ    遊ゴ    空振    右安    左安
(一) 武藤風行 .447    四球 左本    空振    四球    左安
(三) 茂木栄五郎 .343    右安 遊飛       中2 二安 中犠
(右) 小野田俊介 .348    空振    中安    見振 見振    空振
(遊) 河原右京 .250    投ゴ    投犠    右安 遊直    二ゴ
(捕) 土屋遼太 .391    右飛    右安    投犠    左安
(投) 有原航平 .111       空振 バ振               
丸子達也 .000                一ゴ         
内田聖人 1.000                      三犠   
早大投手成績
名前
有原航平 1.23
内田聖人 1.04
関連記事

竹内が粘投も中継ぎ陣が踏ん張れず/明大2回戦(5/18)

有原の好投で明大に先勝/明大1回戦(5/17)

竹内がリーグ戦初勝利 勝ち点3で首位に/東大2回戦(5/4)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――きょうの試合の内容はいかがだったでしょうか

取って取られてだったからよく覚えてないです。

――これで勝ち点4になりましたが

ええ、これで早慶戦をいいかたちで迎えられるので、少しほっとしています。

――有原航平投手(スポ4=広島・広陵)の交代の予定は決めていたのですか

5回まで持てば内田(聖人、教3=東京・早実)にスイッチしようと考えていました。まあ、あの辺(5回)がいっぱいいっぱいだったと思いますけど、何とか3回戦の勝利投手にさせてやりたかったので、これで3回戦の呪縛は取れたと思います。

――代わった内田投手もしっかり抑えてくれました

そうですね。交代してすぐ失点はしましたけど、非常に落ち着いたいいピッチングだったと思います。

――打線では久しぶりに1、2番が機能していたと思うのですがいかがですか

やっぱり1、2、3番というのはチャンスをもっと作るようにと1回戦終わった後に話をしましたけどね。きょうはよく出塁をしてくれたと思います。

――全体的に見てもよく粘って食らいついていった印象があります

打つ方は相手投手が良ければなかなか打てませんし、ただしぶとくやって行こうということでいい攻撃ができたと思います。

――2回の好機を生かせなかった河原右京選手(スポ3=大阪桐蔭)に6回の似たような場面では監督から言葉をかけているように見えたのですが、どのような指示をしたのでしょうか

ほとんど選手に任せていますから彼らがいままで伸び伸びとやってきたことを出せるように伸び伸びやってもらってます。

――その6回には適時打でチームの勝利に貢献しました

きょうは小野田俊介(社4=東京・早実)がブレーキでしたけど、それ以外はよく機能してくれたと思います。9人いればみんながいいというわけではないので次の課題ということにしたいと思います。

――重信慎之介選手(教3=東京・早実)もフェンスにぶつかりながらも捕球をするという気迫あふれるプレーで鼓舞していました

気迫あふれるプレーをしてくれましたので、非常にチーム全体が盛り上がったと思います。

――きょうは明大よりも早大の方が気持ちが上回っていたと

まあ、そうでしょうね。こういったかたちになりましたから気持ちの面で攻めることが非常によくできたと思います。

――1週空きますが早慶戦に向けて改善点があればお願いします

もう一回ちゃんと基本的なことをやりたいと思いますし、もう一絞り練習して早慶戦に臨みたいと思います。

中村奨吾主将(スポ4=奈良・天理)

――2年ぶりに明大から勝ち点を挙げ感想は

厳しい戦いだったのですが、みんなで粘って勝てました。

――前日とは違い、打線に勢いがありました

特に何かを変えてきたわけではありませんが、きのうもヒットは出ていたのでいつも通り自分たちの野球をしようというふうに話しました。

――大敗しても雰囲気が悪くなることはなかったですか

結果的に大敗というかたちにはなったのですが、落ち込む必要はなかったですし、粘りもあったので切り替えられました。

――モチベーションを維持できていたと

そうですね。

――試合前に掛けた言葉などはありますか

いつも通り自分たちにできること、やってきたことをやろう、という話だけはしました。

――2回戦では久々の安打がありましたが、それまで焦りは

自分がバッティングで足を引っ張っているという思いもあるので、焦りという感じではないですが、申し訳ないなと感じます。

――いい状態と比べてここが違うなという実感はありますか

いろいろ違うところはあるので、これからまた改めてやっていきたいなと思います。

――2週間空くということで修正したいところは

もう全部ですね。

――打撃のかたちをもう一度見直していきたいということでしょうか

結果がでていないということは力不足だと思うので、また練習していきたいと思います。

――どう調整していきたいですか

もう一生懸命練習するだけです。

――早慶戦での完全優勝へ向けて、ポイントとして挙げられるのはどのようなことでしょうか

特別に何か意識するわけではなく、いままで通り全員で一生懸命戦っていけたらと思います。

土屋遼太(教4=東京・早実)

――リーグ戦の山場であった明大戦で見事に勝ち点を挙げました。いまのお気持ちは

ほっとしてます。

――きのうは中継ぎ陣が打たれ大敗となりましたが、チームとしてどのように切り換えて試合に臨まれましたか

打たないと勝てないと思ったので、有原が抑えてくれることに頼らず、しっかりと打線もいままで有原に助けてもらったぶん援護できるように、ということを話して、みんなが打席に立ちました。

――ご自身も4回に適時打を放つなど、2安打の活躍でした。打撃の調子は上向いているのでしょうか

打撃は水物なので、きょう2本出たというのはすごく良かったと思いますが、次も打てるように準備をしっかりとしていきたいと思います。

――守備でも俊足の福田周平選手の盗塁を刺す場面がありました

自分から見たらセーフかなとも思ったのですが、(アウトになって)良かったです。

――先発の有原選手は試合中盤で連打を浴び失点してしまいました。中1日の登板ということで疲れもあったのでしょうか

疲れはあったと思うのですが、エースである以上そこで耐えるのは有原しかいないので、しっかりと5回を投げきってくれて良かったと思います。

――6回から登板した内田投手はいま中継ぎ陣の中で最も安定しているように感じますが

あれだけ長い回を抑えられるということはそういうことかなと思います。

――いよいよ次のカードは早慶戦となります。しかも勝ち点を挙げたチームが優勝という大一番です。意気込みをお願いします

やっとスタートラインに立てたというか、優勝する条件が与えられたと思うので、あとはひたすらがむしゃらに頑張りたいと思います。

有原航平(スポ4=広島・広陵)

――きょうの試合を終えての感想は

点は取られましたが、先に点を与えなかったというところでは評価できるかなと思います。

――きのうの試合を受けて、きょうはどのような意気込みで臨みましたか

メイジとはいつも3回戦になるので、強いのですがきょう絶対勝とうと思っていました。

――疲れは

疲れているとは思うのですが、その中でもやらないといけないと思うので、勝てて良かったです。

――調子はどうでしょう

それほど悪い感じではなかったですね。球威はなかったですが、うまく投げられたと思います。

――2回は先頭でやや変化球の制球が乱れたかと思いますが

いいところには(球が)行っていたので、それなりだと思います。

――失点した4回は

2アウトだったのでシングルヒットはOKと思っていましたが、長打を打たれてしまったのでそこで高めにいったのが次回への反省かなと思います。

――5回は盗塁を刺したところが大きかったと思いますが

あの盗塁阻止で向こうの流れがだいぶ止まったと思いますし、その後自分も抑えられたので本当にビッグプレーだったなと思います。

――明大から勝ち点となりましたが

優勝した時から取れていなかったのでうれしいですね。

――ご自身も六大学で現役最多勝ということになりました

あまり意識はしていなかったのですが、最多勝になったということで抜かれないように頑張りたいです。

武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)

――明大から4季ぶりに勝ち点を奪いました。率直な感想をお願いします

本当に良かったです。もうそれだけですね(笑)。

――先制した直後の第1打席はどんな気持ちで打席に入られたのでしょうか

来た球を打つだけでした。既に1点とっていたので、気楽な感じでいけました。

――本塁打という最高の結果でした

打ったのは内角高めの球です。打った瞬間(スタンドまで)いったと思いました。

――チームを勢いづける一発になったのではないですか

そうなっていたらうれしいですね。

――相手投手は山﨑福也投手でしたが、意識はされていましたか

注目されている投手なので、打ってやろうかなという感じでした。

――これで、打点、本塁打共にリーグトップに浮上しました

そうですね。特に打点は、チームに貢献できているということだと思うので、その点ではいいと思います。

――ここまで打撃好調の要因は何でしょうか

あまり深く考えずに打てているのがいいのだと思います。

――最近は四球もよく選んでいますが、球がよく見えているということでしょうか

そうですね。甘い球だけを打つようにしているので、それが打撃にも、選球にもつながっていると思います。

――武藤選手自身もその後も安打を放つなど、打線がつながりましたね。こういう大量得点の展開は予想していましたか

有原が打たれたからには、点を取らないといけないな、というつもりではいました。その後代わった内田がしっかりと粘ってくれて、それでも攻撃の手を緩めることなく、畳み掛けられたのはよかったです。

――守備の面でもきのうから随所で好プレーが見られます

投手陣の邪魔をしないように、しっかり守っています。

――逆転負けを喫したきのうの試合後から、きょうの試合前にかけてはチームの雰囲気はどのようでしたか

チームの雰囲気自体は全然悪くなかったです。きのうの試合直後から、きょうの試合は勝とうという雰囲気で、決して落ち込んだ感じではなかったですね。

――きょうの試合後のロッカールームでは武藤コールも起きて、盛り上がっているようでしたが

そうですね。勝った日はいつもこんな感じです(笑)。

――いよいよ残すは、優勝のかかる早慶戦のみとなりました。意気込みをお願いします

優勝して、パレードをします!

茂木栄五郎(文構3=神奈川・桐蔭学園)

――明大から勝ち点を獲得したいまのお気持ちはいかがですか

3季勝ち点を取れていなかったので、勝ち点を取れてうれしいです。

――茂木選手は初戦での本塁打、きょうも3安打を放つ大活躍でした

チャンスで(打順が)回ってきたり、打てるボールが来てそれを捉えてヒットにできているという感じです。しっかり結果が残せてよかったです。

――打撃好調の要因は何だと考えていますか

正直あまり調子自体は良くなくて、たまたま結果に結びついただけなんですが、開き直って思い切っていけたことが結果につながったと思います。

――積極的な走塁も光りました

一塁キャンバスを回る時にランナーコーチの三倉さん(健、教4=徳島・鳴門工)が狙え狙えと言っていてセンターを見たらカットに投げるような感じの(打球への)入り方だったので、これは(二塁に)いけるんじゃないかと思って走りました。

――チームの状態はどう捉えていますか

4番の武藤さんがかなり打っているのと1、2、3番に当たりが少しずつ戻ってきたのでこれからはチャンスで回ってくることがもっと増えるかなと思います。

――早慶戦の勝敗を分けるポイントはなんだと思いますか

有原さんという絶対的エースがいて、守備の面ではいままですごくいいかたちでこれているので守備の面で崩れないことが一番大切だと思います。打撃は一人一人が意識していることができればいい結果が出ると思うので、まずは守備を意識してやっていきたいです。

――早慶戦への意気込みをお願いします

早慶戦にあこがれてワセダに入ってきたようなものなので、その憧れの舞台でいい結果を出せるようにやっていきたいです。

中澤彰太(スポ2=静岡)

――勝ち点4奪取おめでとうございます!試合を終えての感想は

ありがとうございます。きのう負けて「きょうは絶対に勝とう」とチームで言っていたので、勝てたことが一番うれしいです。

――前日の敗戦を受けて何か声掛けはあったのでしょうか

まだ勝ち点を失ったわけではないので、落ち込む必要はないということはミーティングの中でありました。

――ご自身は久々の複数安打をマークされました

東大戦あたりからいい当たりは打てていたのですが、全部(野手の)正面を突いてしまっていて。そのなかで久々に複数安打でチームに貢献できたので良かったです。

――まず第一打席で先制点となる内野ゴロを放ちました

別にヒット打たなくても転がせば1点入る場面だったので、なんとか1点取ろうと思って打席に入った結果でした。

――そして7回の好機の場面では待望の適時打も生まれましたね

久々に1、2、3(番)で作れたチャンスだったので、なんとか打ちたいなと思って打席に入りました。得点できたので良かったです。

――中村選手を本塁に返すこともできましたね

それはうれしかったです。

――1回戦では盗塁失敗の場面もありましたが、きょうは盗塁も確実に決めることもできました

失敗を恐れずにどんどんいこうと思ったので、積極的にいきました。

――これで今季5盗塁。盗塁への意識も高まっているのでしょうか

盗塁だけでなくて次の塁に行こうという意識は高く持ってやっています。

――9回には左翼へ運び、この試合では打ち分けることもできました

そうですね。前の試合でも結構いい打球がレフトにも飛んでいたのできょうは落ちてくれたという感じですね。

――きょうは2打点、3得点。3番打者としての役割も果たせたのではないでしょうか

いや、でもまだまだだと思います。早慶戦ではもっと貢献できるように頑張ります!

――スタメンとして臨んだ初の明大戦はどのように臨み、どんなことを得ましたか

特別に気負わずにいつも通りの自分で臨めたと思います。『諦めない気持ち』というのはチームとしても自分個人としてもかたちになったかなと思います。

――残す慶大戦に向けてはどのように調整していきたいですか

早慶戦だからというふうには思わずに、次の試合も勝って優勝したいです。

――久々の優勝が近づいてきていますね

ラストシーズンのつもりでやっているので、絶対に優勝したいです。

<< 一覧へ戻る