メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.19

竹内が粘投も中継ぎ陣が踏ん張れず/明大2回戦

明大2回戦
明大
早大
(早)竹内、●吉永、田中、髙梨、吉野和―土屋、道端

◇(二塁打)武藤

 決め切れなかった。1回戦で苦手としていた明大を相手に完封勝ちを収め、迎えた天王山。5回に中村奨吾主将(スポ4=奈良・天理)の中前適時打で幸先よく先制するも、6回に落とし穴があった。先発・竹内諒(スポ2=三重・松阪)から代わった中継ぎ陣が踏ん張れず一挙4失点。中盤以降は明大ペースで試合が進み、7点差の大敗を喫した。

 3番手の田中龍之介(人2=兵庫・滝川)にボールを渡すと、吉永健太朗(スポ3=東京・日大三)は静かにマウンドを後にした。それまで無失点に抑えていた竹内に代わって吉永が登板したのは6回。先頭打者を中飛に打ち取るが、連打で簡単に1死一、二塁とされてしまう。すると、迎えた5番・菅野剛士(3年)に初球を強振された。打球は無情にも左翼手・重信慎之介(教3=東京・早実)の頭上を大きく越え、逆転打となる2点適時二塁打に。生還した走者を背に、帽子を取り額の汗を拭う吉永。ピリッとしない投球が続く今季を象徴するシーンとなった。直後に代わった田中、髙梨雄平(スポ4=埼玉・川越東)も明大打線に捕まり終わってみれば1―8。指揮官も「1点、2点で抑えていればゲームはまだまだわからないですが、無駄な失点を防げなかったというのは大きな反省点」(岡村猛監督、昭53二文卒=佐賀西)と中継ぎ陣に苦言を呈した。

逆転を許し顔をしかめる吉永

 一方、打線は気迫あふれる明大投手陣に手玉に取られた。5回、中村が2番手・星知弥の146キロのストレートをはじき返し早大が先制。緊迫した試合の均衡を破る。この1点で試合の主導権を握ったかに見えた早大打線だったが、その後は好機であと一本が出なかった。明大先発・上原健太のカーブをはじめとした明大投手陣の緩く落ちる球に対応できず、わずか1得点に甘んじた。そんな中、4番・武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)が左中間に突き刺さるような二塁打を含む2安打を記録。攻撃の要として一人気を吐いた。

好機で凡退し打球を見上げる小野田俊介(社4=東京・早実)

 連勝で昨季王者の息の根を止めることはできなかった。勝負の明暗を分けたのは投手層の厚さ。しかし、まだ勝ち点を落としたわけではない。1回戦では5打数無安打とバットが湿っていた中村が適時打を放つなど材料は明るい。いい流れのままで来るべき早慶戦へ。いつも通りの隙のない野球を披露し、第3戦でけりをつけるまでだ。

(記事 小川朝煕、写真 井上雄太、藤川友実子)

★中村が12打席ぶりの安打

 前日の1回戦では5打数無安打に終わるなど、ここ最近打撃が低調だった中村に久々に安打が生まれた。第3打席、2死二塁で打順が回ると、高めの直球を見事適時打に。主将はこの一打をきっかけに巻き返せるか。

中村

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 中村奨吾 .235 一邪    三ゴ    中安    中飛      
(左) 重信慎之介 .243 見振       二直 左飛       左飛   
(中) 中澤彰太 .306 投ゴ       二安    三飛    遊邪   
(一) 武藤風行 .429    中2    四球    見振    右安   
(三) 茂木栄五郎 .290    捕犠    遊ゴ    中飛    中飛   
(右) 小野田俊介 .389    捕邪    見振       三安    投ゴ
(遊) 河原右京 .250    見振       中安    右飛    二ゴ
(捕) 土屋遼太 .350       見振    捕犠            
山口寿明 .667                   見振      
道端俊輔 .500                         右安
遠藤崇史 .000                           
(投) 竹内諒 .143       左飛                  
石井一成 .111             見振            
吉永健太朗 .500                           
田中龍之介 .—                           
髙梨雄平 1.000                   左安      
吉野和也 .—                           
丸子達也 .000                         左飛
早大投手成績
名前
竹内諒 1.40
吉永健太朗 2/3 7.50
田中龍之介 2/3 6.00
髙梨雄平 2 1/3 10.80
吉野和也 1/3 2.45
関連記事

有原の好投で明大に先勝/明大1回戦(5/17)

竹内がリーグ戦初勝利 勝ち点3で首位に/東大2回戦(5/4)

投打がかみ合い東大に大勝!/東大1回戦(5/3)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――負けてしまいましたが、内容を振り返ってみていかがですか

竹内(諒、スポ2=三重・松阪)からスイッチしたピッチャーがなかなか思うようなピッチングができなったので。まあ、こういうときもあります。

――先制点を取った後のイニングで大量失点を喫した要因は何でしょうか

吉永(健太朗、スポ3=東京・日大三)の調子が良くなかったということでしょうね。

――その後も自分たちのペースで試合を進められなかったのが敗因につながったと

そうですね。4点というのはビッグイニングですからね。失点を1点、2点で抑えていればゲームはまだまだわからないですが、失点を防げなかったというのは大きな反省点です。

――竹内諒投手が代わってからは打線もピリッとしませんでした

きょうは明大が気迫を持って戦ってきたので、そこにやられたという感じですかね。

――全体的に緩く落ちる球に苦しんでいた印象があります

明大の投手陣もいい投手がそろってますからそんな簡単には攻略できないんですね。またそういった点を生かしてあした戦っていこうと思います。

――6回の守り以降のベンチの雰囲気はいかがでしたか

まだ3点差で十分返せるということで悪い雰囲気ではなかったですよ。

――またあすに向けて一言お願いします

きょうの明大以上の気迫を持って戦いたいなと思います。

<< 一覧へ戻る