メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.18

首位・日大を破り2位浮上!

 1部リーグ昇格へ――。リーグ入替戦に出場するには、2部リーグで2位以内に入ることが求められる。現在3位のワセダにとって、きょうの首位を走る日大との一戦は絶対に負けられない戦いとなった。第1セットは相手のペースにのまれてしまい、ミスも目立ち落とす。しかし第2セット以降は本来の調子を取り戻し、つなぎのバレーで3セットを連取し、セットカウント3-1(22-25、25-21、25-19、25-22)で逆転勝利。この結果、ワセダはリーグ2位に浮上した。

 「出だしの入りを、準備ができていなかった」(黒木麻衣主将、スポ4=大阪国際滝井)。緊張もあってか、第1セットではプレーが固く、ミスが目立った。立ち上がりから先制を許し、追う展開となる。そのような苦しい展開の中、木暮美波(人4=群馬・高崎女)と唐木沙彩(スポ3=千葉・柏井)の両サイドを中心に攻め、終盤間際には同点に追いつき、さらにリードを奪うことに成功。しかし、最後は相手のサーブに崩されてしまい、惜しくもこのセットを取ることはできなかった。

 続く第2セット、加納茉未(社2=北海道・札幌大谷)のスパイクで攻めたてる。いままでの相手なら一回で決められることが多かった加納のスパイクだが、日大相手に一筋縄ではいかなかった。それでも、「絶対に返ってくるものだと思ってプレーしていた」(黒木)と、返ってきたボールをつなぎ、黒木が懸命にトスを上げ、加納に託した。着々とリードを広げたが、日大もそう簡単には引き下がらない。22-15の場面から5連続ポイントを奪い、2点差まで追い上げる。このワセダの窮地を救ったのは、またしても加納。加納が2本連続でスパイクを決め先にマッチポイントを得ると、最後は木暮の一枚ブロックが決まり、このセットをもぎ取った。

勝利のため、スパイクを打ち続けた加納

 波に乗って迎えた第3セット。佐藤夢菜(文2=埼玉・狭山ヶ丘)のブロックや、加納のスパイク、さらにその裏をかいたフェイントなどで5連続ポイントを奪い、ペースをつかむ。唐木と加納のアタックに加え、ブロックもさえわたり、2セットを先取。「3点連続で得点する意識がみんなすごく出ていた」と黒木が語るように、第4セットでは3点連続得点を3度決める。中でも、中盤に登場した平山璃菜(スポ2=東京・文京学院大女)が多彩な攻撃で、追い上げを見せていた日大の反撃を振り切った。危ない場面もあったが、ワセダが勝利への執念の差で一歩上回り、勝利を収めた。

技術の光った平山のフェイント

 あしたからは順位決定戦が始まり、再び日大、そして今季の春季関東大学2部リーグ戦(リーグ戦)で唯一の黒星となった国士舘大などと当たることになる。1部リーグ昇格へ負けられない戦いが続くが、いまのワセダに勝てる力があるのは確かだ。リーグ入替戦へ向け残り4戦、ワセダの底力を見せつけ、勝ち星をつかみ取りたい。

(記事、写真 谷口武)

セットカウント
早大 22-25
25-21
25-19
25-22

日大
スタメン
レフト 唐木沙彩(スポ3=千葉・柏井)
レフト 加納茉未(社2=北海道・札幌大谷)
センター 関根早由合(スポ3=神奈川・橘)
センター 佐藤夢菜(文2=埼玉・狭山ヶ丘)
ライト 木暮美波(人4=群馬・高崎女)
セッター 黒木麻衣(スポ4=大阪国際滝井)
リベロ 中川美香(スポ4=神奈川・大和南)
関連記事

ワセダらしさ貫き2連勝/春季関東大学2部リーグ戦(5/13)

力の差を見せつけ、貫禄のストレート勝ち/春季関東大学2部リーグ戦(5/12)

反撃の糸口をつかめず、初黒星/春季関東大学2部リーグ戦(5/06)

コメント

黒木麻衣主将(スポ4=大阪国際滝井)

――首位・日大を倒されましたが、いまの気持ちは

日大だからとか、あまり今週は意識しすぎないように自分たちのコートの中だけに集中してやろうと一週間取り組んできたので、一人一人そこまで気負うことなく前向きに頑張れたのですごく良かったかなと思います。

――試合前のチームの雰囲気はどうでしたか

すごくリラックスしていたかなと思います。私自身は少し緊張していたのですが、このチームの良いところはすごく元気なところで、緊張するのも悪いことではないし、それも受け入れてみんなで頑張ろうというチームなので、そういうような雰囲気がチームの中でできていることがすごくいまは良いのかなと思います。

――それでも第1セットは選手たちから緊張の様子がうかがえたのですが、第1セットを落としてしまった要因というのは

監督からも指摘を受けたのですが、出だしの入りを、準備ができていないというのもありましたし、相手の勢いと相手に合わせてしまった部分がすごくありました。でも1セット目でそれを切り替えられたのはすごく良かったのですが、あしたは同じことを繰り返すことがないようにアップからもう一度しっかりとやっていきたいです。

――第2セット以降はワセダらしいバレーをできたと思うのですが

レシーブ、ブロックをしっかりついて、レシーブしてスパイクを頑張るというところで良い流れができていたのでセットを取れたと思うのですけれど、でも流れが欲しいときにミスがまだ多かったり、もっと楽な展開にするためにその一点を頑張れば楽になるところを自分たちでミスしてしまい、苦しくなったところがどのセットのも多かったのであしたはそこを修正していきたいです。

――攻めても攻めてもボールが返ってきましたが、そのような中でどのような攻め方を考えていましたか

もちろん決めにいったボールをむこうは上げに行っているので当たり前のことですが、決まらなかったことにとらわれず、とらわれてしまうと次のプレーがおろそかになってしまうので、絶対に返ってくるものだと思って次どのように決めようとか次はどうしようという風に、やってしまったことや失敗してしまったこと、うまくいかなかったことを考えずに先のことを考えて、前を向いてやろうとみんなで話してやっていたので良かったかなと思います。

――苦しい試合の中で、『つながり』を十分にできたと思いますが

今週の練習の中で監督から、3連続失点と3連続得点の話をされました。流れが欲しいときに3点連続で得点できているときはすごく良いゲームができていると話してくれました。リズムが切れやすい試合展開はなかなか一人一人の調子が上がってこないのですが、2点目まで行っても、いままではそこで相手に切られていましたが、3点連続で得点する意識がみんなすごく出ていたので、まだまだですがあしたもそこを意識しながらやっていこうかなと思っています。

――あすの順位決定戦、また日大戦が予想されますが、意気込みをお願いします

相手は勢いでぶつかってくると思いますし、私たちはきょう勝ったので、順位的にいえば私たちは上になると思うのですが、そういう気持ちは一切持たずに、きょう以上にもっと集中して相手をのせないように私たちのコートのことだけをしっかりとできるように頑張りたいと思います。

<< 一覧へ戻る