メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.15

一進一退の攻防も一歩及ばず初黒星

 春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)2日目。前日の開幕戦を白星で飾った早大は中大と対戦する。試合は森美紗樹主将(スポ4=高知・明徳義塾)の快勝で早大ペースとなるかと思われた。しかしその後は追いすがる中大に勝負どころで勝ちきれず、団体戦スコア2―4で敗れ開幕2連勝はならなかった。

1勝目を挙げた森主将

 早大の1試合目を任されたのは森主将。「いい雰囲気でつなげるか」(森)を意識し一進一退の攻防でも粘り負けずチームに1勝をもたらす。主将のつくった流れに乗りたい早大であったが中大がそれを許さない。続く佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)が相手1年生にストレート負けを喫すると、その後のダブルスもフルゲームの末に落としてしまう。団体戦スコア2―3と追い込まれた早大の6試合目に登場したのは小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)。望みを託された小道野は積極的な攻めを披露し、要所でスマッシュも決める。しかし取っては取られの激しい試合であと一歩及ばず。開幕2戦目にして悔しい1敗となった。

果敢に攻めるも、惜しくも敗れた小道野

 優勝を目指す中で早くも喫してしまった初黒星。昨季下位の中大に敗れたことに悔し涙を流す選手もいた。しかしまだリーグ戦は幕を開けたばかり。毎日試合が続くリーグ戦で落ち込んでいる暇はない。きょうの負けを糧に早大は目標に向かいあしたも突き進む。

(記事 三井田雄一、写真 川口真由)

結果

女子

▽対中大 ●2―4

○森3―1三浦由美子

●佐藤風0―3山本怜

●小道野・高橋結女(スポ3=新潟産大附)組2―3多田光希・明神佑実組

○高橋3―0西村梓

●佐藤風・田中千秋(スポ1=愛知・愛知みずほ大瑞穂)0―3西村・三上千穂組

●小道野2―4永田

コメント

森美紗樹(スポ4=高知・明徳義塾)

――きょうの試合を振り返って

トップということで、キャプテンとして試合で勝ち負けはもちろんなんですが、雰囲気づくりとか勝っても負けてもいい雰囲気でつなげるかなとか見ている人に勢いを与えられるかなとかすごい心配でした。競ったり逆転されたりとかありましたけど結果勝つことができて、後の人につなげたかは疑問があるんですけど、少しは良かったかなと思います。

――自身の試合で2セット目は11―2と相手を圧倒する結果となりましたが、このセットに関しては何が良かったと考えていますか

相手の技術のことなんですけど、相手の3セット目から出してきたしゃがみ込みサーブが特徴なのですが、それを出してきていなかったっていうのがすごい自分には有利でした。1セット目と変わらずバックサーブだったので、相手のサーブがすごい自分にとってはラッキーだったので2セット目では自分のペースでいけたから2点で勝てたのではと思います。

――チームとしては終始中大に苦しめられましたが、チームのプレーはどのように見ていますか

本当に組み合わせ的にも0―4で競らずに負けていてもおかしくないオーダーでしたし、流れ的にも苦しかったと思うんですけど、その中でもフルセットにもつれて競った試合をしてくれたりだとか0―3とかで負けたとしても雰囲気はすごい良くて点数を見ていなかったら勝てるんじゃないかなっていう流れを応援していて感じていました。チームとしては負けはしましたが、すごくいい団体戦ができたんじゃないかなと思います。

――タイムアウトの際など戻ってきた選手にはどのように声をかけられていたのでしょうか

直接アドバイスをしていたのは監督さんなので特にはないんですけど、やはりただ声をかけるとかではなくてその人の立場になってただ負けているとかではなくて例えば小道野でしたら3年目ですしずっと主力として出ているのでそういう立場だったら自分はどんな風に声をかけてもらったらもっと明るくできるだろうとか、逆に1、2年生だとまだまだ新人ですしそういう立場だったらどういうふうに声をかけてもらったらもっと緊張がほぐれるだろうとかその人本人の気持ちになってできるだけ考えるよう努力しています。

――あしたの日体大戦、東洋大戦に向けて

明日は2試合ありますけど、体力的にも3日目ということで試合に出ている人に限らずサポート側の人も含めすごい厳しいと思うんですけど、条件は全員同じなのでやはりその中でいかに勝ち負けに関係なくいかに全員がいい試合ができるか、全員がいい試合をして後の人につなげるか、見ている人に感動を与えられるようなプレーができるかっていうのを忘れずにできたチームが最後まで勝てると思うので私たちはそういうチームを目指してあしたも頑張ります。

<< 一覧へ戻る