メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.14

リーグ戦開幕!男女共に白星発進

 ついに春季関東学生リーグ戦(リーグ戦)が幕を開けた。初日のきょうは男子部が日大、女子部は大正大と対戦し、男女共に団体戦スコア4—2で開幕戦白星スタートを切った。

6試合目にフルゲームの熱戦を制した藤原

 上級生の強さが際立った。日大戦で先陣を切った山本勝也(スポ3=石川・遊学館)は、相手を全く寄せ付けることなくストレート勝ちを収める。2試合目を落として、迎えた3試合目には大島祐哉(スポ3=京都・東山)が出場。ケガ明けとなったこの試合では、第1ゲームこそ5—10と追い込まれたものの、怒涛の6連続得点を挙げて逆転。1ゲームも許すことなく、勝ち切った。続くダブルスには大島と上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)の新しいペアが登場。上村は、昨年高校総体でダブルスの頂点に輝いた期待の新人だ。ところどころミスもあったが、二人の強力なフォアハンドが得点源となり、ゲームカウント3—1で快勝する。勝利まであと1勝となったワセダだが、上村がシングルスで敗れ、6試合目へと突入。出番が回ってきた藤原康明(社3=埼玉・狭山ケ丘)は鋭い打球にも素早く反応し、白熱したラリーを繰り広げる。強気のプレーでフルゲームを制し、団体戦スコア4—2で勝利を決めた。

 大正大戦では1、2番手の佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)、高橋結女(スポ3=新潟産大付)が共にフルゲームを落としてしまう。それでも「チームの雰囲気はすごく良かった」と小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)が語ったように、敗戦を引きずることなくダブルスでは息の合ったプレーで勢いよく3ゲームを連取する。小道野は続けてシングルスに出場し、2ゲームを立て続けに落としてしまう。しかし冷静に相手のミスを誘い得点につなげていき、見事ゲームカウント3―2での逆転勝利を収めた。完全に勢いに乗ったワセダはその後の2試合もストレート勝ちで、あすの中大戦へと手応えをつかんだ。

ハイタッチする高橋(左)と小道野

 上級生が確かな力を示した男子部。新入生の上村と竹岡純樹(スポ1=青森山田)は初日のきょう、シングルスで勝ち点を挙げることはできなかったが、あす以降の立て直しに期待したい。一方で、チーム全体の雰囲気の良さが目立った女子部。後半に出場したルーキー田中千秋(スポ1=愛知・愛知みずほ大瑞穂)はシングルス、ダブルス共に完勝し、好調ぶりを伺わせた。あすは男子部が法大、女子部が中大と対戦する。どのような戦いをしてくれるか、目が離せない。

(記事 加藤万理子、写真 目良夕貴)

結果

男子

▽対日大 ○4―2

○山本勝3―0吉田和也

●竹岡2―3後藤卓也

○大島3―0高田勉

○大島・上村組3―1後藤・大塚

●上村0―3財田滉太

○藤原3―2西村馨史

女子

▽対大正大 ○4―2

●佐藤風2―3荒木悠里

●高橋2―3姜赫イク

○小道野・高橋組3―0野中千尋・柴田佳奈組

○小道野3―2富川亜加理

○佐藤風・田中組3―0大井奈都美・富川組

○田中3―0野中

コメント

大島祐哉(スポ3=京都・東山)

——きょうを振り返っていかがでしたか

出足がちょっと悪くて5―10を取られたんですけど、そこからなんとか1ゲーム目を取れたので、いい流れでできたかなと思います。

——本調子でない部分はありましたか

けがをしていて、ちょっと試合感というのがなかったので1試合目の入りが良くなかったかなと思います。でもその中でも勝たないといけないので、勝てたことは良かったです。

——上村選手とのダブルスはいかがでしたか

ちょっとチャンスボールのミスであったり噛み合わない部分もあったんですけど、相手も組み替えてきていたので、少し僕らの方が入れられたかなと思います。1試合して慣れてきたので、またあしたから頑張れたらいいかなと思います。

——1年生の印象はいかがですか

惜しい試合もありましたし勝ってほしかったですけど、こうやって先輩が勝っていけたので、またあしたから頑張ってくれれば良いと思います。

——あすに向けて意気込みをお願いします

あすは法大戦で強い選手も居るので、一戦一戦頑張っていけたらと思います。

小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)

——きょうを振り返っていかがでしたか

ダブルスは高橋と組んで初めての試合だったんですけど、練習で結構いい感じに調整できていたので楽しもうという感じで入りました。それが最後まで二人共調子良くできていたので、良かったなと思います。シングルスは、結構やりづらい選手で1、2ゲーム目はあまり調子が上がらなくてどうしようかなと思ったんですけど、そこから吹っ切れて自分の試合ができたので、どちらも今回は自分にとって成長できる試合だったかなと思います。

——最初の2試合を落としてしまいましたがチームの雰囲気はいかがでしたか

チームは全然0―2という雰囲気がしなかったです。二人とも負けてても最後まで粘っていたし、すごくいい試合で終わってくれたので、高橋も全然落ち込まず調子が良いと言っていてくれていたので、すごくチームの雰囲気は良かったと思います。

——シングルスで、2ゲームを取られてから立て直した要因というのはありますか

さすがにちょっとやばいなと思ったんですけど、1、2ゲーム目を取られても気持ち的には冷静でいられました。3ゲーム目からはちょっとできるんじゃないかなと慣れてきて、3、4ゲームが取れたので。最後は緊張しましたけど、必死でした。結果的に取れて良かったです。

——あすに向けて意気込みをお願いします

あしたは中大戦で大事な試合になってくると思うんですけど、一人一人の状態もすごくいいし、チームの雰囲気もすごくいいので、もし私が出させてもらったら自分の役割だけしっかりして、きょうみたいに伸び伸びとできたらいいなと思います。

<< 一覧へ戻る