メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.13

打ち勝つ野球で法大戦白星スタート!

TEAM
法大
早大 ×

 3カード連続で勝ち点を取っている早大は、昨秋勝ち点を奪えなかった法大との1回戦に挑んだ。2週間前に東大戦で開花した打線のつながりはきょうも止まらない。初回に先制点を奪うと徐々に打線に弾みがつく。5回、松下和樹(先理3=静岡・掛川西)の三塁打で走者を一掃し、試合を有利にした。一方、先発のマウンドに上がったエース・河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)は自分らしい投球ができず6回途中で降板し、沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)に後を託す。打線の援護に助けられ、9ー5で白星を手にした。

 打ち勝つ野球で得点を重ねた。「2週間空いてのきょうだったので、しっかりバットを振り込んでいた」と語る南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が初回からその成果を見せ、遊撃手のグラブを抜ける鋭い中前打で先制点を奪う。3回には相手の失策もあり2点を追加。波に乗る早大はここで終わらない。法大に初失点を取られた直後の5回、早大は打者一巡の攻撃を見せる。南主将の左前打で1点を加えなおも満塁という好機で打席に立ったのは松下。思い切りの良いスイングで、三塁手のグラブを抜ける強い打球を放ち一気に三塁へ。この間に走者一掃し、3点が入った。「自分はあまり積極的に行けない方なのできょうはそれを改善しようと思って積極的に行った」(松下)ことが試合を決める得点へとつながった。

走者一掃の三塁打を放ち塁上で喜ぶ松下

 リードはなんとか守り切った。先発・河合は納得のいく投球ができなかった。初回を三者凡退で抑えるもその後は毎回、先頭打者を出塁させるなどなかなか自分のペースをつかめない。初失点を許したのは5回。法大打線に捕まり、1点差まで追い詰められる。ピンチの場面で何度も河合の元に捕手・松下が向かい声をかけ、嫌な流れを止めようとした。だが、きょうの河合はなかなか立て直すことができず6回途中でマウンドを降りることとなった。後を任されたのは沼座。6回に1点を許すもその後は0で抑え、最後まで投げ切った。

満足のいく投球はできなかった河合

 法大との初戦を勝利で飾ることができた早大。今まで守り切って勝つ試合が多かったチームにとって打ち勝つ野球ができたことは非常に大きいだろう。一方で、エース・河合は次の登板までの修正が期待される試合となった。東京六大学春季リーグ戦も残り試合あとわずか。残された一戦一戦を大切に――。「 きょうはきょう、あすはあす」と南主将が語るように、気持ちをあすの法大2回戦へと切り替えチーム全体で勝ち点をつかみ取ってほしい。

(記事 河野美樹、写真 河島孝大)

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

得点の仕方が2アウト二塁であったり、2アウト三塁であったり、そういうところから1本出て、1点ずつ取れていたっていうのがすごい良かったかな、と思いましたね。でもまだまだフライを落としてみたりだとか、まだ隙があるので。そこはしっかり改善していきたいと思いますね。

――今まで守り勝つ試合が多かったですが、きょうは打ち勝つ試合となりました

2週間空いてのきょうだったので、しっかりバットを振り込んでいた事と、実戦形式の練習をやっていたのでそれが身を結んだのかなと、思います。

――1点差に迫られたあとの5回に5点を奪いましたが、その回を振り返ってみていかがでしょうか

松下(和樹、先理3=静岡・掛川西)とか悩んでいた打者が1本出してくれたので良かったと思いますね。

――――あすへの意気込みをお願いします

まあ、きょうはきょう、あすはあすなので。しかり切り替えて臨みたいと思います。

松下和樹(先理3=静岡・掛川西)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

毎回チーム自体が打てていなかったので、きょうは少し打ててピッチャーを助けられたかなと思うので良かったです。

――松下選手から見てきょうの河合投手の調子はいかがでしたか

いやー、出来があまり良くなかったので。それでも5回までしっかり投げて下さったので、次は修正してくれると思います。

――途中、河合選手に声をかけに行かれる場面もありましたが

はい。(相手が)法政なので、やはり一発長打があるのでそこを流れを食い止めたいなと思い、こまめに取ろうかなとは意識していました。

――5回にはレフト前ヒットで3点挙げられましたが

そうですね。自分はあまり積極的に行けない方なのできょうはそれを改善しようと思って積極的に行った結果がああやってなったので良かったです。

――最後にあしたに向けて意気込みをお願いします

勝ち点とりあえず取りたいと思います!

<< 一覧へ戻る