メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.07

男子は準優勝!女子は勝敗マッチ数差で入れ替え戦回避へ

 関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)もいよいよ最終日。ここまで3勝1敗で2位を走る早大は法大との対戦となった。試合はマッチカウント2-2で迎えたシングルス3で古賀輝(スポ3=埼玉栄)がしっかりと勝利を収め、総合成績を2位とした。女子は明大に2-3で敗北したものの、勝敗マッチ数の差で明大を上回り、ぎりぎりのところで入れ替え戦を回避した。

 早大の先陣を切ったのはルーキーながら健闘を見せている松本康平(スポ1=埼玉栄)。この日も1本1本正確なショットで相手を翻弄(ほんろう)し、ストレートで勝利した。シングルス2の和田治久主将(スポ4=埼玉栄)は第1ゲームを先取され、追い上げを見せるも「気持ちの部分で相手が強かった」(和田)と落としてしまう。安定感あるダブルス1が勝利すると、ダブルス2は1年生ペアの中里裕貴(スポ1=埼玉栄)と松本組。第1ゲームは落とすが第2ゲームをワセダ主導の流れにすると、勝負はファイナルゲームへ。前半は激しく速いラリーを制し得点を積み重ねるが、ミスによる失点が響き19-21で惜しくも敗北となった。勝敗が決まるシングルス3にはエース・古賀が登場。第1ゲームをダブルスコア以上の大差をつけて先取すると、第2ゲームは危なげなく勝利し、マッチカウント3-2で最終戦を制した。

圧倒的な強さを見せつけ大勝した古賀

 一方の女子は宿敵・明大と対戦し、5マッチ中4マッチでファイナルゲームにもつれる大接戦を演じた。シングルス1に登場した上田真帆女子主将(スポ4=埼玉栄)。第1ゲームは終始リードし危なげなく奪うも、第2ゲームはミスが増え落としてしまう。ファイナルゲームでは苦手とするネット前での攻防を制し切れず、マッチカウント1-2で敗北となった。その後連続してシングルス2、ダブルス1を落とし敗北が決まるも、勝ち点差で順位が決まる両校の戦いは続く。ダブルス2の渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)・中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)組は僅差で第1ゲームを落とす。しかし逆サイドにコースを突くラリーを展開し第2ゲームを獲得。ファイナルゲームでは「絶対に勝つという気持ちだった」(渡辺)と気迫のこもったプレーを見せ、21-9と大差で勝利した。最後に登場した松岡英美(スポ1=福岡・九州国際大付)もファイナルゲームの接戦へ。ネット前での体力勝負となるが、最後まで集中を切らさず松岡が見事白星を挙げた。

流れを変え、チームを残留に導いた渡辺・中西(左)ペア

 女子シングルス3の松岡が関東での新人賞を獲得するなど、ルーキーの活躍が光った今大会。男子は昨季4位だったことを踏まえると、幸先の良いスタートダッシュを切ったと言える。「秋には優勝したい」(和田)と関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)での奪還を誓った。女子は明大との入れ替え戦争いとはなったものの、秋季リーグに向け期待の持てる内容となった。次なる大会は関東学生選手権。レベルアップをした上で、個人戦での上位入賞も果たしてくれるだろう。

(記事 芦川葉子、写真 八木瑛莉佳、豊田光司)

結果

▽男子団体○3-2法大
シングルス1  松本康平(スポ1=埼玉栄)○2-0(21-13、21-13)
シングルス2  和田治久(スポ4=埼玉栄)●0-2(18-21、18-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ3=埼玉栄)、齊藤太一(スポ3=福島・富岡)○2-0(21-17、21-18)
ダブルス2 松本、中里裕貴(スポ1=埼玉栄)●1-2(16-21、21-17、19-21)
シングルス3 古賀○2-0(21-8、21-16)

▽女子団体●2-3明大
シングルス1  上田真帆(スポ4=埼玉栄)●1-2(21-14、19-21、20-22)
シングルス2  我妻美沙紀(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(21-13、17-21、13-21)
ダブルス1 清水恵(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ2=青森山田)●0-2(13-21、15-21)
ダブルス2 渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)、中西貴映(スポ1=埼玉・大宮東)○2-1(18-21、21-15、21-9)
シングルス3 松岡英美(スポ1=福岡・九州国際大付)○2-1(21-13、13-21、21-17)

コメント

和田治久主将(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

個人的には負けてしまったのですが、チームが勝つことができて結果的に2位で良かったです。

――プレー面での良かったところ、悪かったところは

プレー内容ではしっかりとできたと思うのですが、気持ちの部分で相手は強い、負けても仕方ない、と思ってしまったので、今度は気持ちで負けないようにしたいです。

――主将としてチームが準優勝できたことをどのように感じていますか

やはり優勝できなかったのは残念ですが、2位という結果はきょねんに比べてステップアップしているので、秋に優勝できるようにこれからも頑張りたいと思います。

――今大会で見つけたチームの課題は

自分が主将として一勝することがチームを勢いづけることになると思うので、自分が一勝できるように頑張りたいと思います。

――次の大会に向けて意気込みをお願いします。

このあと、東日本インカレ(東日本学生選手権)、(関東大学秋季)リーグ戦と大きな大会がいくつかあるので、しっかり練習して優勝したいです。

古賀輝(スポ3=埼玉栄)

――シングルスとダブルスの2試合に出場されましたが、振り返っていかが でしたか

自分が(シングルとダブルスの)どちらかを落とすと(チームの)負けにも大きく繋がると思っていたので、自分の2勝は大事に取っていこうと思いました。

――連戦からの疲れもあったと思いますが、いかがでしたか

トレーナーさんとかにも診てもらってケアもして頂いていたので、そんなに疲れはなかったのですけど、(今日の試合前の時点で)自力での優勝の可能性がなかったので、気持ちを切らさずに頑張っていこうと思いました。

――今回は見事に準優勝となりましたが、今大会で見つかった課題はありますか。

初戦が優勝した日体大だったのですけど、(日体大戦の)ダブルス1で負けてしまいました。初戦の気持ちの入り方とかだったり、そういったものを大事にしていきたいと思います。

――頼もしい1年生が何人も入ってきた新しいチームの雰囲気はいかがですか

みんな仲良くやって楽しいですし、一人一人が個性的なので、盛り上げていけたらなと思います。

――最後に次の試合予定と意気込みをお願いします

次の試合は多分関東学生選手権だと思うので、とにかく昨季よりも良い成績を残していきたいです。

渡辺梨沙(スポ4=北海道・札幌静修)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

(マッチカウントが)3-0と負けから入ってしまって、チームの雰囲気的にも落ちてしまっていました。ですが1ポイント、2ポイントと着実に取っていかないと最下位になってしまうので、自分が勝たないといけないという気持ちを持って試合に臨みました。

――勝敗ゲーム数により見事5位残留というかたちで春季リーグを終えることができました

いつもメイジ戦は残留になるか入れ替え戦になるかという大事な試合になることが多いです。きょうはメイジには負けという結果に終わってしまったのですが、2日目に日体大に勝てたことが大きかったのではないかなと思います。

――ご自身のダブルスの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは絶対に勝つという気持ちを持って、またいつも戦っている相手で負けていなかったので気楽にできました。

――春季リーグで、渡辺選手は3人の選手とペアを組み出場されていましたが、どのようにオーダーを決めたのですか

リーグ初日、2日目はいつも練習しているパートナー(中西貴映、スポ1=埼玉・大宮東)と出場していたのですが、3日目の前日にパートナーがケガをしてしまいました。その前までは同期の上田(真帆女子主将、スポ4=埼玉栄)と組ませていただいていたので出場しました。しかし(上田がシングルス、ダブルスの)2つを兼ねるのは体力的にもきついということがあって、4日目にダブルスが得意な金森(望、スポ2=福岡・九州国際大付)と出場しましたが、いつも練習していなかったのであまりうまくいかなったです。最終日にいつも練習しているパートナー(中西)に戻れたので、ちゃんとできました。

――課題などは見つかりましたか

今回技術的にはそんなに周りとは差がないと思うので、やはり気持ちの問題だと思います。4年生で最後の年なので、勝たなければいけないという気持ちと気楽にやっていこうという気持ちで臨みたいです。

――最上級生としてどのようにチームを支えていきたいですか

私はキャプテンなどの配属がないので気楽に過ごしているのですが、キャプテンも一人で抱えることはきついと思うので、キャプテンを支える役割として動いていけたらなと思います。また後輩はみんなちゃんとできる子なので、言えばわかると思いますし、そういう面ではすとても助かっているので、自分がやりたいようにやるのが一番だと思っています。

――次回の試合予定と意気込みをお願いします

北海道の国体予選が次の土日にあるので、パートナーは違いますが精一杯頑張りたいです。

松岡英美(スポ1=福岡・九州国際大付)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

勝つことができたので良かったです。

――最優秀新人賞に選出された感想をお願いします

とてもうれしいです。

――なぜワセダに進学されようと思ったのですか

(高校の)先生に勧められたからです。練習の雰囲気も自分に合っていたので、ワセダに入ろうと思いました。

――次回の試合予定と意気込みをお願いします

多分6月にある関東学生選手権だと思います。しっかり自分のプレーをして、インカレに出場できるように頑張りたいです。

<< 一覧へ戻る