メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.30

またもや接戦に敗れ、苦しい開幕4連敗を喫する

 これまでの3戦、接戦に持ち込むも惜しくも競り負け、いまだ関東学生春季リーグ(春季リーグ)で勝利を上げることのできていない早大は、初勝利を目指し東女体大との一戦に臨んだ。前半から1点を争う好ゲームを繰り広げる。後半で逆転に成功するも、追い付かれ同点で迎えた試合終盤、両者一歩も譲らない攻防で惜しくも決定機を逃し敗戦。またもや接戦を制することができず、苦しい開幕4連敗となってしまった。

 初白星が欲しい早大は、立ち上がりから森本方乃香(スポ3=愛知商)の力強いロングシュートなどで得点を伸ばしリードを広げる。しかしそのリードは長くは続かなかった。相手に攻め込まれ点差を縮められると、その焦りからかミスも目立ち連続失点で逆転を許してしまう。その後も1点を取り合う攻防が続く。前半終了間際、相手のミスをつき同点に追いつくと、その直後にも相手のミスからのノーマークシュートという絶好の好機が訪れる。しかし、岡田紗代子副将(スポ4=愛知・名経大市邨)がこのシュートを決めきることができず、その後相手に勝ち越され、12-13で前半を折り返した。

鋭いシュートを放つ佐藤

 後半に入ると、試合会場はより一層の盛り上がりを見せた。開始直後に点差を離されるも、ディフェンスを持ち直し、固い守りで相手のミスを誘うとそこから連続得点、逆転に成功する。このリードを守りきりたかった早大だったが、連続失点でまたも勝ち越しを許す。ここから攻めきれない展開が続くが、キーパー渡邊江里子(スポ4=東京・文大杉並)が好セーブを連発しチームを鼓舞する。追いつき同点で迎えた試合終盤、次の1点が試合を決定付けるという場面で早大にまたとないチャンスが訪れた。相手のファウルでペナルティースローを獲得。しかし、この中村光代(スポ4=東京・文大杉並)のシュートが相手キーパーの好セーブに阻まれ、勝ち越しの好機を逃してしまう。ピンチを脱した東女体大に試合の流れが傾き、28分ごろ相手オフェンスに一瞬の隙をつかれまさかの失点、これが決勝点となってしまう。ここぞという決定機をものにできず、あと1点をもぎ取れなかった早大が無念の惜敗を喫する。

勢いよく攻めたてる千葉

 春季リーグ戦4戦を終え、いまだ初勝利を収めることのできていない早大。「初めて皆がラスト15分で集中したのでそれは収穫だと思います」と岡田が語るように、この4戦で勝利のために必要なものも見えてきているはずだ。決してチームの状態も悪くはない。連敗脱出、そして春季リーグ戦初白星へ――。「気持ち1つで変わる」と森本が感じた様に、これまでの苦しい試合を気持ちで勝ち切ることが出来なかった。この4連敗の悔しさをバネに、次戦こそ気持ちで負けない試合で初勝利をつかみたい。

(記事 芝原健輔、写真 藤巻晴帆)

関東学生春季リーグ
早大 21 12−13
9−9
22 東女体大
スタメン
GK 渡邊江里子(スポ4=東京・文大杉並)
CP 岡田紗代子(スポ4=愛知・名経大市邨)
CP 中田知江(スポ4=東京・佼成学園女)
CP 宮本夏澄(スポ4=熊本・松橋)
CP 森本方乃香(スポ3=愛知商)
CP 兒玉菜夏(スポ3=富山・高岡向陵)
CP 千葉絵里子(社3=東京・文大杉並)
関連記事

僅差で競り負け悔しい敗北、初勝利ならず/関東学生春季リーグ(4/28)

土壇場で失点、開幕二連敗へ/関東学生春季リーグ(4/21)

前半リードも、悔しい逆転で開幕白星逃す/関東学生春季リーグ(4/21)

コメント

岡田紗代子副将(スポ4=愛知・名経大市邨)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

負けたことは良くないのですが、これまでの3試合は集中が切れて負けていたのでそれが初めて皆がラスト15分で集中したのでそれは収穫かなと思います。

――前半リードを奪われた後、立て直すことができた要因は

正直東女は今まで1度も勝ったことがないですし、引いて守るということは絶対になかったので挑戦者の気持ちでガツガツ行ってダメだったらいいっていうように割り切ってやっていました。そういう部分では良いところが出たかなと思います。

――後半集中力を切らずにプレーすることが出来たのは

今までの敗戦の原因が後半に集中力を切らしたことだったので、きょうは全員でラスト15分ここから絶対に集中しようって声を掛けて臨みました。

――最後に惜しくも失点してしまいましたが

これをするというのは決めていて、時間を見てゆっくり回しても良かったかなと思ったのですが、私が焦ってしまい(原因は)そこだったと思います。最後はミスじゃなくて思いっきり打てばよかったかなと思います。

――次週に向けての修正点は

この後は今までよりは実力的に下がると言われていますが、他のチームも強くなっているので気を抜かずに自分たちが1番下だと思って挑戦して、こういった試合にならないように練習から悔いなく1日1日全力でやっていきたいと思います。

森本方乃香(スポ3=愛知商)

――きょうの試合にはどのような意気込みで挑みましたか

きのうの試合は個人的に最悪で、気持ちで負けていたので、何が何でも止められてもシュートを打ち続けようと。それが自分の役目なので強気で挑みました。

――試合を振り返って

ディフェンスがすごく良かったから、多分攻めができるという流れになったと思うんですけど、やっぱりノーマークが私達より東女の方がシュートを入れる率が良かったので、そこの差かなと思います。オフェンスとかディフェンスとかじゃなくて、そのシュートを決めるってことだけが足りなかったです。

――前半と後半でチームとしての意識の違いはありましたか

いつも後半で勝てなくなるんですけど、最後までしっかり走り抜けようという気持ちで挑みました。

――接戦でしたが、きょうの試合で得たものはありましたか

個人的な話になるんですけど、気持ち一つで変わるなって思いました。シュートも何が何でも決めてやるというふうに。きのうの場合だったら、外しちゃうとか、この気持ちじゃ絶対(ボールを)取られてしまうとか、そういう気持ちがちょっとでもあったから外してしまったし、シュートまで行けなかったし。やっぱり何が何でも決めてやるっていう気持ちがあれば、それが結果に結びつくなっていうのは、きのうときょうの試合で実感しました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

あと3試合、すべて楽に勝てる試合ではないということはわかっているので、気を抜かずに戦いたいです。厳しい戦いになると思うんですけど、やっぱり今までの4戦が苦しい戦いで最後に結局負けてしまったので、1戦の重みを大事にして戦わないといけないなと思います。

<< 一覧へ戻る