メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.30

国士舘大に完敗 リーグ戦初黒星

TEAM
早 大
国士舘大 ×
(5回コールド)
●松木―沓澤
◇(本塁打)溝口

 圧倒的な強さを見せつけた春季リーグ戦(リーグ戦)開幕2連勝から1週間。ワセダはこの日、昨秋敗れた国士舘大と対戦した。先発の松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)は初回に4連打を浴び2点を失うと、その後も流れを変えられず8失点。打線も溝口聖(人3=長崎・佐世保西)の本塁打による1点のみに抑えられ、5回コールドで苦いリーグ戦初黒星となった。

 
先発のマウンドに上ったのはこれまでリーグ戦2試合を完投している松木。初回、三振と内野ゴロで2死とすると、追い込まれた相手打線に火が付いた。高めに浮いた球を中前に運ばれ出塁を許すと、あと1死が遠く、この回4連打され2点を先制される。2回には自らの失策も絡み1点を失うなど、リズムを作れない。その後も強力な国士舘大打線を前に力投を続ける松木。しかし、中堅への3本の本塁打を含む6安打を浴び、8失点で試合を終えた。松木は自らの投球を「ボールに力が無かった」と振り返る。この試合での課題を修正し、あすの日体大戦につなげられるか。

国士館大打線を止められなかった松木

 先週好調だった打撃陣もこの日は思うように力を発揮できなかった。チェンジアップを得意とする相手投手を打ち崩せず、攻撃の糸口をつかめない。3回、先頭打者の今村大樹(人4=大阪・早稲田摂陵)が中前打でチーム初出塁するも、後続を三者凡退に抑えられ無得点に終わる。続く4回に溝口が左中間へ本塁打を放ち一矢報いるが、その後打線は沈黙。今村と溝口の2安打のみに抑えられる結果となった。

この日唯一の得点を挙げた溝口

 投打ともに国士舘大に圧倒されることとなったこの試合。新たに多くの課題が見つかった。あすは宿敵・日体大と激突する。下を向いてはいられない。リーグ戦も後半に入り、残り2試合となった。きょうの敗戦を糧にさらなる成長を遂げ、笑顔でリーグ戦を終えてほしい。

(記事 藤川友実子、写真 東哲也)

関連記事

打線が爆発!16得点で圧勝!/春季リーグ戦(4/24)

10得点の圧勝で開幕白星発進!/春季リーグ戦(4/24)

コメント

吉田享平主将(スポ4=群馬・中央中教校)

――きょうの試合の敗因は

力不足というのがあります。細かく言えば配球であったり戦術などをうまく実行できなかったというのもあるんですけれども、向こうのバッターが練習して振っているなというのを感じています。でもそれ以上にうちの打線が相手のピッチャーに圧力を与えられなかったなというのは敗因かなと思います。

――立てていた戦術とは

相手のチームのピッチャーがチェンジアップがうまいということなので、それをどう打とうかというのを考えていました。

――国士舘大には春の練習試合でも敗れていますが、どのような対策を立てて練習したのですか

左のピッチャーが投げてくるのは分かっていたので、その中で左のバッターが多い打線、9人中7人が左バッターなのでそれをどう打とうかということで、うちのチームの中の左ピッチャーにたくさん投げてもらったりとかはやってきていました。

――先週好調だった打線が不調だった原因は

相手は打線とかは大味なんですけれども、キャッチャー、ピッチャーはすごく考えているなというのはわかる配球だったりしたので、そういったレベルについていけていないのかなとも思ったんですけれども、ソフトボールは流れもあるので、そういったものをつくれるためにもしっかり守備から抑えていかないといけないのかなと思います。

――あしたの日体大戦への意気込みをお願いします

日体大とは全日本総合の東京予選で、2試合目で当たると思うので、そこにつながるような勝ち方をしたいと思います。

溝口聖(人3=長崎・佐世保西)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

接戦になると思っていたんですが、案外打たれてしまって点差が開いてしまったので、とりあえず1点ずつ取りたいという気持ちだったんですけど、試合前に決めたことを全員が徹底できていなくて、負けるとしたらこういう負け方なんだなと思いました。

――試合前に決めていたこととはどのようなことですか

相手ピッチャーの武井さんはチェンジアップが多いという情報はわかっていたので、そのチェンジアップをヒットにすることをチームで決めていたんですけども、そのチェンジアップを空振りしたり打ち損じたりしてやりたいことができませんでした。

――秋に負けた国士舘大相手に対策したことは

チェンジアップを何とかするということですね。確実に投げてくるボールなのでそれを何とかしようということでした。

――打線は2安打に抑えられてしまいましたが原因は

予想通りチェンジアップを投げてきていたんですけど、迷いもあったのか自分たちのスイングをさせてもらえなかったなと感じました。

――そんな中でホームランを放ちましたが、打った球は

ライズの甘い球だったんですけど、甘い球だったので思い切って振りました。

――打撃の手応えは感じていますか

もっと速いイメージだったんですけど、思ったほどスピードは出ていなくて、1打席目は自分のスイングをさせてもらえなかったんですけど、2打席目は思い切って振れたのであしたにつながる打席になったと思います。

――あしたの日体大戦に向けて改善していきたいことは

ずっと初回から5回まで同じような打ち取られ方をしていて、それをどこか誰かの打席をきっかけに変えていかないと点が取れないなと感じたので、あしたは何度か対戦したことのあるピッチャーなので、情報を集めて何か変えるきっかけを試合中に見つけられたらいいなと思います。

――あしたに向けて抱負をお願いします

日体大こそ打ち勝ちたいと思うので、きょうの2打席目のように思い切った自分らしい打撃ができるように頑張りたいと思います。

松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)

――きょうの投球を振り返っていかかですか

ボールが高くて、いちばんホームランをされる球で、向こうのチームも力のあるバッターだったので完全に自分のコントロールミスと力負けですね。

――打たれた球はどのような球だったのですか

< p>ドロップなんですけど高かったです。あとはボールに力がなかったです。詰まってもホームランにされていたので。

――先週2試合を完投して疲れは残っていますか

いえ、そこは大丈夫です。

――あしたの日体大戦に向けてどのような修正をして臨みたいですか

まずはフォームがバラバラなので、そこをできればピッチングして修正して、あとはコントロールですね。そこを意識すれば、抑えられるんじゃないかと思います。

<< 一覧へ戻る