メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.28

東大に完勝も課題残す

TEAM
東大 1
早大 12

 立大との接戦を乗り越え、2カード連続で勝ち点を奪取することができた早大。この日は東伏見グラウンドで東大とのカードの初戦に臨んだ。序盤は打ち損じが目立ち4回までは得点を奪えなかったものの終盤に入って打線が爆発し、8回には一挙7点を挙げた。一方の守りでは河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)、沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)、秋元佑介(スポ4=東京・清陵)の継投で東大打線を1点に封じ、12-1で大勝した。

 
打たせて取る、という投球を明らかに意識していた。先発の河合は「調整という感覚で投げた」という言葉通り、全力というより8割の力で制球を重視した投球。度々走者を背負う場面も見られたが、変化球を中心とした投球で相手打者のタイミングをずらし連打を許さなかった。7回からマウンドに上がった沼座が、8回に1死満塁を招き内野ゴロの間に1点を失ったが、結局この日の失点はこれだけ。9回はこのリーグ戦に初登板した秋元が締めた

最終回を締めた秋元

 打線に火がつくのはやや遅かった。試合の序盤は、相手投手の球をとらえられずに攻めあぐねる場面が目立て4回までは無得点。だが中盤からは徐々に本領を発揮した。5回に野村裕之(人3=高知・土佐)が適時二塁打を放ち先制すると、6回には満塁の場面での川上翔平(スポ3=千葉・佐倉)の適時三塁打などで4点を挙げる。8回は相手投手の乱調にも乗じて一挙7点を奪った。最終的に大量15安打で12得点という結果になった。

走者一掃の適時三塁打を放つ川上

 12-1という圧勝に終わった東大1回戦。だが南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)は「序盤の入りが悪かった」と、試合内容の悪さを指摘した。そしてそれは試合前のウォーミングアップやノックなどで集中できていなかったことが原因だと分析する。結果だけで満足してはいけないことは、昨秋レギュラーとして出場しながら優勝を逃した南主将自身強く認識しているのだろう。2季ぶりの優勝に向けて、東大2回戦では完璧な試合運びが求められる。

(記事、写真 河島孝大)

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――12-1という大勝で終えましたが、きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

序盤の入りが、すごく悪かったですね。ウォーミングアップであったり、試合前のノックであったり、そういうところで甘かったです。全然集中できてなかった、という反省点が出たので、あすはそういう点を改善して試合に臨みたいと思います

――きょうは新戦力が活躍しました

川上が1本出したり、青木も1本打ったり、という点で非常に良かったと思います。チームとしては良かったかな、と思います。

――終盤は打撃陣に明るい兆しがみられたように思いましたが

後半はしっかり、相手が怯んだところで勝負して打てた部分は良かったと思うんですけど。やはり、序盤の入りが良くなかったです。5回までは全然、得点も入っていなかったので、そういう点は改善していかなければいけないのかな、と思いました。

――自身も4打数4安打の活躍でしたが、振り返ってみていかがでしょうか

まあ、ラッキーヒットもあったので。あすも引き続きセンター方向に打っていきたいと思います。

――あすの試合への意気込みをお願いします

序盤から得点をしていって、粘り強く守って、という試合をしたいなと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうの投球を振り返っていかがでしょうか

いいとも悪いとも言えないですけど。0点に抑えられるのが当たり前という気持ちだったので。

――きょうの試合への課題はありましたか

試合でしたけど、僕の中では調整という感覚でした。先週の立教戦で自分の調子が上がったので、きょうで少し落として、来週の法政戦へ向けての調整登板という感覚でした。

――打たせて取る、という投球に見えましたが

そんなに投げたくなかったので(笑)変化球で早めに打たせよう、という意識はありました。でもコーナーに投げることは意識しました。甘いところに投げては打たれてしまうので。打たせる時は、コーナーに投げて、引っかけてもらう、という感じで投げました。

――4回に早大の好機がつぶれた後の5回を三者凡退に抑えましたが、気持ちの切り替えなどはしましたか

別になんとも思ってなかったですね(笑)どうせ、どっかで点を取ってくれるだろうと思っていたので。まあ、自分の力を出せば打たれないなと思っていたので、何も心配はなかったです。

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

勝つだけです。

<< 一覧へ戻る