メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.28

僅差で競り負け悔しい敗北、初勝利ならず

 これまでの2戦はあと一歩が届かないといった試合が続いた。きょうこそは関東学生春季リーグ(春季リーグ)初勝利を飾りたかったが、またもや厳しい結果となってしまう。対戦相手に東海大を迎えての一戦。前半から堅い守備に阻まれ攻めあぐね、思うように得点を伸ばすことができない。1点を追うかたちで迎えた後半、開始早々逆転し流れをつかんだかのように見えた。しかし、ここで奪ったリードを最後まで守りきれず、3点差をつけられ敗戦。開幕3連敗を喫した。

ミドルシュートを放つ岡田紗代子副将

 中田知江(スポ4=東京・佼成学園女)の先制シュートで幕を開けた試合は、前後半を通してミスが目立つ。特にオフェンス時のパスミスから相手に逆速攻を許す場面が多く見られた。立ち上がりはディフェンスが光り失点を抑え、逆に順調に得点を重ねることに成功。20分までは互いに1点奪っては奪い返すといった手に汗握る接戦を繰り広げる。しかしここで粘りきれず東海大に連続失点を許し、9-10とリードをつけられた状態で前半を終えた。

 後半は出だしから岡田紗代子副将(スポ4=愛知・名経大市邨)が4連続得点を決めるとすぐに逆転。完全にペースを握った早大だったが、ここから得点が奪えない我慢の時間が続く。さらに退場者を出し大きく点差が開いてしまい、ベンチもたまらずタイムアウト。中村光代(スポ4=東京・文大杉並)、千葉絵里子(社3=東京・文大杉並)、兒玉菜夏(スポ3=富山・高岡向陵)らが猛追を仕掛けるも、一度離された点差を埋められず試合終了。接戦をものにできず初勝利は持ち越しとなった。

果敢に相手ゴールに迫る兒玉

 どうしても最後の一歩が届かない早大。試合後、岡田は「実力不足を実感した」と悔しさをにじませた。このチームに漂う閉塞感を打破するためにも、そろそろ初勝利を収めたいところ。これまでの敗戦から何を学び、どう生かすかがこの悪い流れを断ち切るカギになるのかもしれない。

(記事、写真 佐藤凌輔)

関東学生春季リーグ
早大 21 9−10
12−14
24 東海大
スタメン
GK 渡邊江里子(スポ4=東京・文大杉並)
CP 岡田紗代子(スポ4=愛知・名経大市邨)
CP 中田知江(スポ4=東京・佼成学園女)
CP 中村光代(スポ4=東京・文大杉並)
CP 宮本夏澄(スポ4=熊本・松橋)
CP 兒玉菜夏(スポ3=富山・高岡向陵)
CP 千葉絵里子(社3=東京・文大杉並)
関連記事

土壇場で失点、開幕二連敗へ/関東学生春季リーグ(4/21)

前半リードも、悔しい逆転で開幕白星逃す/関東学生春季リーグ(4/21)

コメント

岡田紗代子副将(スポ4=愛知・名経大市邨)

―開幕3連敗となってしまいました。いまの率直な感想は

前の試合と全く同じパターンでやられていて、練習不足を実感しました。これが実力かなと思います。

――試合後はどういった話し合いをしましたか

とにかくオフザボールの動きがないということと、ボールをもらってから個人技で仕掛けているから、もっとパスで相手ディフェンスをずらそうということ。チームプレーができていないということです。

――いまのチームに足りないものは

昔からなんですがここっていう勝負のときに決める勝負強さ、あとはパスなどの正確性だと思います。

――東海大のディフェンスについては

自分たち次第でもっとうまく攻めることができたと思います。この結果は、相手のディフェンスではなく自分たちの問題だったかなと。

――次戦に向けて意気込みを

とにかく切り替えて試合に臨みます。きょうみたいにミスしていたら、次の試合はきょうの点差じゃ済まなくなってしまうので、本当にチャレンジ精神というか挑戦者の気持ちを忘れないで戦いたいと思います。

<< 一覧へ戻る