メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.28

精彩を欠き、今季初黒星/立大2回戦

立大2回戦
立大
早大
(早)竹内、●吉永、田中、吉野和-土屋

 開幕3連勝を飾り波に乗る早大は、立大との2回戦に臨んだ。しかし、試合はこれまでとは一転した展開に。打線は幾度も好機をつくったものの、あと一本が出ず1点止まり。守りでも失策から失点を許すなど、要所で守り切れない。今季初黒星を喫し、勝ち点獲得はあすへ持ち越しとなった。

 今季好調を維持する打撃陣。この日も多くの走者を出したものの得点には結びつかず、拙攻が目立った。初回から、2つの四球などで2死満塁の好機を得た早大。しかし、この場面で6番の河原右京(スポ3=大阪桐蔭)が空振り三振に倒れ、得点を奪えない。1点を追う4回にこそ、中澤彰太(スポ2=静岡)の三塁への適時打で追いついたが、これが唯一の得点。「こっちのペースに持ってくることができなかった」(中村奨吾主将、スポ4=奈良・天理)と、6度も得点圏に走者を置きながら、終わってみれば13残塁。常に相手の背中を追う試合となり、主導権を渡してしまった。

好機で捕邪飛に倒れ、打球を見上げる中村

 攻撃での流れの悪さからか、守りでも精彩を欠いた。2回戦の先発投手は、法大戦に続き竹内諒(スポ2=三重・松阪)。序盤は安定した投球を見せていたが、3回の先頭打者に死球を与えてしまう。さらに犠打と暴投で走者を三塁に進められたところで、適時打で先制点を許した。7回には、ピンチで登板した田中龍之介(人2=兵庫・滝川)が適時打で失策による走者の生還を許し、これが決勝点となる。逆転に向け、追加点を防ぎたい8回に登板した吉野和也(社2=新潟・日本文理)も、死球から崩れ失点。自らのミスから失点を重ね、まさに自滅というかたちになってしまった。

勝ち越し点を許し立ち尽くす田中

 順調に歩を進めてきた早大だが、思わぬところで足踏みする結果となった。だが、この敗戦を引きずるようなチームではない。「あしたまた全力で戦いたい」(岡村猛監督、昭53二文卒=佐賀西)。きょうの課題を修正し、あす勝ち点をもぎ取ってくれるに違いない。そしてその先に見据えるのは、『優勝』の二文字だけだ。

(記事 辻玲乃、写真 建部沙紀、上田密華)

★下位打線が奮闘!

 この日7番へと降格した吉澤翔吾(スポ4=東京・日大三)が4安打と奮起。そして、その後ろに座る土屋遼太(教4=東京・早実)がチャンスメークに徹する。2、4、8回と3度にわたって無死一塁で打順が回ると、いずれも手堅く犠打を決め吉澤を二塁へ送った。あすもこの二人の4年生らしい渋い働きで立大から勝ち点をつかめるか!?

土屋

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 中村奨吾 .267 四球 右飛    四球    見振    捕邪   
(左) 重信慎之介 .250 空振    中飛 四球    空振       左安
(中) 中澤彰太 .412 右安    左安 三安       投ゴ 空振
(一) 武藤風行 .188 空振    四球 遊ゴ       遊ゴ    右飛
(三) 茂木栄五郎 .286 四球    一ゴ    二安    四球    二飛
(遊) 河原右京 .250 空振    二ゴ    二併    二ゴ      
(右) 吉澤翔吾 .357    中安    遊安 三安       左安   
(捕) 土屋遼太 .556    捕犠    投犠 二飛       一犠   
(投) 竹内諒 .250    空振    一ゴ               
  吉永健太朗 .500                右飛         
  田中龍之介 .—                           
  小野田俊介 .333                      見振   
  吉野和也 .—                           
早大投手成績
名前
竹内諒 3.24
吉永健太朗 2 1/3 2.08
田中龍之介 2/3 0.00
吉野和也 6.75
関連記事

熱戦制し3連勝!/立大1回戦(4/26)

打線爆発、法大から勝ち点奪取/法大2回戦(4/13)

エース有原、投打に躍動 開幕戦を飾る/法大1回戦(4/12)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――試合を終えて振り返ってみていかがですか

前半チャンスがあったのですが、なかなかそのチャンスをつかみきれなかったところが、こういう結果になった要因の一つかなと思います。相手も何とか(失点を)防ごうと投げているわけなので、そんな簡単には取れないんですけどね。

――残塁が2桁を越えてしまったのも向こうの投手陣の実力が上だったということでしょうか

そうですね、いいピッチャーがそろっていますから、そんなに簡単には得点はできないとは思うんですけどね。

――きょうはミスからの失点が多かったように思います

まあ失点はこっちもしようとは思っていないのですが、やはり簡単にはいかないですね。アウト一つ取るということもね。やはりミスが多かったかなと。

――それぞれの継投策のタイミングや意図があれば教えてください

きょうは早め早めにスイッチしていこうと考えながらやっていました。

――またあすに向けて意気込みをお聞かせください

双方何とか勝ちたいというのはありますが、あしたまた全力で戦いたいなと思います。

中村奨吾主将(スポ4=奈良・天理)

――敗戦の率直な感想を

悔しいです。

――敗因は

前半チャンスをつくったところで物にできなかったのでこっちのペースに持ってくることができませんでした。そのまま試合が進んで立大も少しずつこちらの四死球とかでチャンスをつくってきて、それが失点につながりました。

――途中で流れを変えようというような声掛けはありましたか

1-1でずっと均衡していたのですが、なかなか点が取れなくて。みんな声は出ていたのですが、あと一本が出なかったというところですね。

――中村選手も好機で打順が回ってきました

やはり力が入っていました。

――13残塁という結果に対しては

調子がいいバッターは多いのですが、ここぞという場面で力が入ってしまったので、そこはあしたはしっかり力を抜いてやっていきたいです。

――チーム全体に声を掛けることは

あしたはしっかり(試合を)取れるようにやっていこう、ということだけですね。

――あすへ向けて

絶対勝ち点を取れるように頑張ります。

<< 一覧へ戻る