メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.24

10得点の圧勝で開幕白星発進!

TEAM
早 大 10
中 大
○松木―沓澤
◇本塁打 吉田 ◇二塁打 溝口、大嶋

 長く厳しい冬が、ワセダを成長させた。今季初めての公式戦の相手は、昨秋4点差をつけられ敗北した中大。しかしその悔しさを晴らすかのように、ワセダは投打で中大を圧倒した。今村大樹(人4=大阪・早稲田摂稜)の放った3点本塁打を含め10安打と打線が爆発し、10得点を挙げる。投げては先発の松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)が1安打完封と中大打線を全く寄せ付けることなく7回を投げ切り、完封勝利で春季リーグ戦(リーグ戦)開幕を飾った。

 初回、四球で出塁した兼子修治(スポ4=群馬・新島学園)が本盗を成功させ、はやくも試合の流れをつかんだワセダ。さらに溝口聖(人3=長崎・佐世保西)の適時二塁打や吉田享平主将(スポ4=群馬・中央中教校)の2点本塁打でこの回4点を獲得する。その後も相手の失策で点を追加していき、迎えた最終回。1死一、三塁の場面で今村がはじき返した打球は中堅手の頭を大きく越え、フェンスの向こうへと飛び込んでいった。今村は試合後、「スイングの鋭さというものをより向上させるように練習に取り組んできた」と語ったが、その成果が強く表れた試合内容となった。

3点本塁打を放った今村

 先発を任された松木も、打撃陣に引けを取らない活躍を見せた。2回に安打を打たれ、投球のリズムを崩すかと思われたが、その後の打者を慌てることなく打ち取りピンチを切り抜けた。結局打たれた安打はこの1本のみ。他の全ての回を打者三人で終わらせ、昨秋打ち込まれた中大を相手に見事な完封勝利を果たした。エースとしてマウンドを任されている松木だが、次戦に向けて「完全試合を狙います」と語るなど、冬の練習を終え自信と実力の両方を身に付けたようだ。

完封勝利をおさめた松木

 リーグ戦初戦に圧勝し、優勝にむけて順調な滑り出しを果たしたワセダ。きょうの試合では昨季の秋季リーグ戦からの成長を感じさせたが、試合後のグラウンドには見つかった課題についてじっくりと話し合っているチームの姿があった。現状に満足することなく、ワセダはどこまでも強く成長していく。

(記事 土屋佳織、写真 平岡櫻子)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません。

コメント

吉田享平主将(スポ4=群馬・中央中教校)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

今シーズン初めての公式戦ということもありまして、まず去年の秋リーグで負けた中大に勝てたということが大きいのかな、と思います。その中で、細かな部分の課題であったり掲げたテーマを達成できなかったということは課題で残るので、そういった所を詰めていければもっと強いチームになれるのかなって思ってます。

――10点という大差をつけての勝利でしたが、点差についてはどう考えていらっしゃいますか

5回までに7点以上とればコールドで、それを目指せたのかなと思うので、ダラダラ7回までやってしまった所は全員の共通意識だったり集中力が足りなかったのかなと思います。

――秋季リーグ戦で負けた中大に勝つことができました

秋はインカレ2連覇の王者として臨んで結果は4位となってしまったんですけど、今年は4位からのスタートなので今日は挑戦者として臨もうと言ったので、そんな中で早稲田らしく勝てて、冬の練習の成果が出せたのではないかと思っています。

――冬はどのような練習をされたんですか

冬はとにかく振りこみました。ティーバッティングの数を増やしましたね。後は、トレーニング担当の指示に従ってウェイトトレーニングを行いました。小柄な選手も多いので、とにかく力をつけようと。

――初回にはホームランを打っていらっしゃいましたが、バッティングの調子はいかがですか

調子はここ最近あまり良くなかったんですけど、リーグという公式戦だったので、1打席目思いっきり集中して、期待されてる中で「打とう」と思っていて、その皆の期待が僕の力になっているので、良かったのかなと思います。

――試合後のミーティングでは何を話されていたのですか

今日のテーマとして、2ストライクまでの2回連続のファールを無くそうというのと、打つ組のフライの数を減らそうというのがあったのでその成果のチェックをしました。1つ目の意味は、曲がって上がってくるボールをどう捉えるかということで達成できましたが、2つ目のフライに関しては8個あり、上がってくるボールを捉えきれずそれがコールドにできなかった原因でもあるので、5月半ばの予選でも当たるかもしれない相手を次は捉えられるように対策をしていこうと。

――春季リーグ戦の抱負をお願いします

今日は去年の秋に負けた中央に勝てたので、そういった意味ではあと負けたチームが2つ、国士舘と日体大があるので、その中で僕たちが成長した姿を見せつけて、全勝で優勝したいなと思っています。

松木俊皓(スポ2=宮崎・日向)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

勝ててよかったなと思います。秋リーグで中大には自分が打たれてしまっていて、6−2で負けてしまっていたので、気をつけて臨みました。

――春季リーグの初戦でしたが、どのような心構えで挑みましたか

とりあえず、勝つ、ということ。翼さん(大嶋、スポ3=群馬・新島学園)がケガした影響で自分がエースとして投げさせていただいているのですが、エースの責任として、試合をきちんと作って勝てるようにと思いました。

――1安打完封という素晴らしい結果でしたが、ピッチングの調子は

きのう、先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)からお話を聞いて調子が戻ってきたというか。先週の紅白戦では打ち込まれてしまって焦っていたのですが、きのうの練習で感覚を取り戻しました。きょうは良い感じで投げられました。

――冬季はどのようなトレーニングをなさっていたのですか

走り込みもそうですが、一番取り組んだことは投げ込みです。以前はコントロールが悪かったのですが、コースにしっかり投げられるようになってきたので、配球の幅も広がりました。

――次戦は学習院戦ですが、意気込みをお願いします

完全試合を狙います。この前(早学定期戦)は1安打されてしまっているので、次こそ完全試合を目指したいと思います。

今村大樹(人4=大阪・早稲田摂陵)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

1打席目は思い切って振れなかったので、僕の後ろにいる大嶋翼君(スポ3=群馬・新島学園)に「思い切って振っていきましょう」という言葉をもらい、2打席目以降は思い切って振っていこうと思い、結果としてホームランまで結びついたと思います。

――開幕戦となりましたが意識したことはありましたか

1打席1打席しっかりとボールに対して自分のスイングを貫こうという意識を持って取り組んでいました。

――きょうの相手は秋季リーグ戦で敗戦した中大でしたが、対策したことは

きょうは秋季リーグにやられている左ピッチャーということで、なんとしても打ってやろうということで、秋は外のボールでやられていたので、2打席目以降は外のチェンジアップのような遅いボールをしっかりと狙って、しっかりと叩くことができたと思います。

――この冬の間はどのような練習に取り組んできましたか

冬の間は主に筋トレをメインに体作りをしっかりして、その上でバットをしっかり振り切ることでスイングの鋭さというものをより向上させるように練習に取り組んできました。

――きょうはホームランも放ちましたが手応えはありますか

やっぱりホームランを打てるのと打てないのとでは違うので、きょう打てたホームランを次の2戦目以降にしっかりとつなげられるように、これからもしっかりとしたスイングをしていきたいなと思います。

――リーグ戦への目標と抱負をお願いします

全打席自分のスイングができるということを目標に、しっかりとした準備を持って1打席1打席無駄にしないように取り組んでいきたいと思います。

<< 一覧へ戻る