メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.14

打線爆発、法大から勝ち点奪取/法大2回戦

法大2回戦
法大
早大 X
(早)竹内、吉永、田中、○吉野和、内田―土屋

◇(本塁打)茂木1号2ラン、中澤1号3ラン、武藤1号ソロ(三塁打)中澤 (二塁打)中澤、土屋

 エース・有原航平(スポ4=広島・広陵)の完封で投手戦を制した開幕戦。2連勝で波に乗りたいワセダは序盤から失策も絡み、法大の背中を追うかたちに。しかし7回、茂木栄五郎(文構3=神奈川・桐蔭学園)の一発を皮切りに打線が爆発。最終回は内田聖人(教3=東京・早実)が抑え、勝ち点1を獲得した。

 若い投手陣が苦しんだ。先発は期待の左腕・竹内諒(スポ2=三重・松阪)。初回先頭打者に安打を許しながらも後続をしっかりと打ち取り上々の立ち上がりかに思えた。しかし3回、死球で出した走者を二塁打で返されると、守備のミスもありこの回2失点。5回にもピンチを招き、マウンドを吉永健太朗(スポ3=東京・日大三)に譲った。同点で迎えた7回には、1死満塁で石井一成(スポ2=栃木・作新学院)が痛恨の失策で2者が生還。さらに犠飛で追加点を許し、吉永は2回を投げ3失点と役目を果たせなかった。唯一快投を演じたのは内田。打線が逆転に成功し4点リードの9回に登板すると、2つの三振を奪うなど3人で締め、新守護神へ名乗りを上げた。

リーグ戦初先発となった竹内

 相手投手陣に苦しめられていた打線が反撃に出たのは7回、2死一塁で茂木に打順が回る。表に3点を勝ち越され、「自分の一打で流れを変えてやろう」と意気込んで打席に入ると、左翼スタンドへ2点本塁打を叩き込み、1点差に。これで勢いづくと、続く8回には、この回から登板した法大のエース・石田健大から連打で1死二、三塁の好機を演出し、暴投で同点。2死後、前日石田に対し無安打に終わった中澤彰太(スポ2=静岡)が初球を振り抜くと打球は右翼手の頭上を大きく越え、勝ち越し弾に。続く4番の武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)も直球を捉え、左翼への本塁打としダメ押しに成功。連勝で貴重な勝ち点1を獲得した。

勝ち越しの3点本塁打を放った中澤

 中軸3人の一発を含む14安打9得点と打線は好調だが、細かい走塁のミスなど隙も見られた。守備でも失策が目立ち、岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)は「まだまだ攻守にわたってミスがある」と勝ってかぶとの緒を締めた。翌々週の相手である立大は昨秋2位の強豪。まずは両エースがぶつかる初戦、投打のかみ合った完成度の高い野球で勝利をつかみたい。

(記事 山辺剛士、写真 川口真由、平岡櫻子)

★クリーンアップトリオがそろい踏み!

 終盤の本塁打攻勢で制したこの試合。茂木にとっては初アーチ。中澤、武藤は通算2本目の本塁打だった。中澤、武藤の2者連続本塁打は六大学では昨春の法立2回戦で法大の大城戸匠理(現Honda鈴鹿)、木下拓哉(現トヨタ自動車)が記録して以来。次はどのような記録を打ち出すか、期待が懸かります。

初本塁打を記録した茂木

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 中村奨吾 .250 遊ゴ 捕邪       三安 空振    死球   
(左) 重信慎之介 .125 二ゴ    二安    投犠    二直 左飛   
(中) 中澤彰太 .333 中2    空振    中3    投ゴ 右本   
(一) 武藤風行 .375 一ゴ    二ゴ    遊ゴ    四球 左本   
(三) 茂木栄五郎 .286    一直 遊飛    左飛    左本 四球
(右) 吉澤翔吾 .125    空振    三ゴ    左安 二飛 遊ゴ   
(遊) 石井一成 .167    四球    二直    左飛    一ゴ   
  河原右京 .—               
(捕) 土屋遼太 .800    右安    中安    四球 右2   
(投) 竹内諒 .500    三安    空振               
  吉永健太朗 1.000          投安      
  田中龍之介 .—               
  吉野和也 .—               
  小野田俊介 1.000             中安   
  川原孝太 .—               
  内田聖人 .—               
早大投手成績
名前
竹内諒 4 1/3 4.15
吉永健太朗 4.50
田中龍之介 1 1/3 0.00
吉野和也 1/3 0.00
内田聖人 0.00
関連記事

エース有原、投打に躍動 開幕戦を飾る/法大1回戦(4/12)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――きょうは先発の竹内諒選手(スポ2=三重・松阪)が先発でした

はい、まあ5回くらいまで投げてくれるのが一番良かったんですけど、よく辛抱して投げてくれましたね。

――打線も14安打3本塁打と調子が上向いていますね

ヒットも2ケタ出てるし、ホームランも3本出ているのだから調子が悪いということはないでしょうね。茂木のツーランがやはり3点取られた後の回の2アウトから出たので有効でしたね。それで中澤が決めたというところですかね。またその後も武藤が追い打ちをかけて、きょうはホームランが非常に有効なところで出たという感じですね。

――小野田選手(俊介、社4=東京・早実)も代打で出ていられましたが

まだ走塁や守備はまだまだ厳しい面がありますが、バッティングは練習でやってますのでいいところ(1死二塁)でつなげてくれました。

――きょうは監督自身もマウンドに頻繁に向かっていましたが、竹内選手と吉永健太朗選手(スポ3=東京・日大三)にはどうのような声を掛けたのでしょうか

「とにかく逃げずに攻めなさい」と。元気付けに行っただけです。

――きょねんは勝ち点が取れなかった法大を2試合で仕留められたのは大きいと思います

そうですね。きょねん1勝もできなかった相手に連勝できたので、まだ残ってる借りをことし中に返したいと思いますね。

――最後に今カードを通して見えた新たな課題があればお願いします

まだ攻守にわたってミスがありますので、そういうミスや課題を解消できるように練習をしていきたいと思います。

中村奨吾主将(スポ4=奈良・天理)

――逆転勝ちということでいかがですか

最後まで諦めない姿勢が結果につながって良かったです。

――守りのミスがいくつか出てしまいましたが

ミスもありましたが、しっかり切り替えることができたので最少失点で抑えられました。

――失策した選手に何か声掛けなどはされましたか

常に声は掛けているので、エラーをしたからと言って特に変えることはなかったです。

――リードを許しても焦りはなかったということでしょうか

そうですね。そんなに点差も開いてなかったですし、最後まで諦めないように、気持ちを切らさないようにしていました。

――投手も経験の少ない投手が多く登板しました

その中でも要所で抑えてくれたので良かったです。

――クリーンアップが3本塁打と実力を発揮しました

勝負どころでしっかり集中して普段通りのバッティングができたと思います。

――中村選手自身の状態はいかがですか

状態は良くないのですが、力不足ですね。

――やはりこれから調子を上げていくところでしょうか

来週は空き週なので、しっかり調整していきたいです。

――1番打者としてどのようなことを意識して打席に立っていますか

先頭で(打順が)回ってくることが多いので、出塁するということを考えています。いまのところはうまくいっていないのですが。

――どういった打撃を心掛けていますか

センター中心に強い打球を打っていくことが課題です。

――好投手がいる立大戦に向けての対策は

特に変わることなく、来週もしっかり準備していきたいです。チームはいい状況なので、対策はいろいろあると思うのですが、しっかり調整していきたいです。

――立大戦への意気込みは

2連勝できてチームはいいリズムなので、そのまま再来週いいかたちで(試合に)入っていきたいと思います。

土屋遼太(教4=東京・早実)

――3安打1四球と前日から打撃好調ですが、感触はいかがですか

調子がいいかはわかりませんが、しっかり振れていて、打球がいいところへ行ってくれているので、うまくきているなと思います。

――8回は反撃の口火を切る二塁打を放ちましたが、どのような意識で打席に立ちましたか

何かで塁に出られればいいなと思って、どこかに落ちろという思いで振りました。

――二塁打は打球が落ちた後にバウンドが変わり、その後暴投で生還とラッキーボーイになっていました

良く言えばそうですが、自分が打てなくなったりしたら逆のパターンもあると思うので、気を引き締めていきます。

――リード面では竹内諒投手(スポ2=三重・松阪)がリーグ戦初先発となりましたが、声をかけたりされましたか

彼は2年生ですが、いい投手なので特別なことはしていないです。

――その後は継投となりましたが、どういったことを工夫してリードしましたか

吉永あたりは経験もあるので、彼自身の勝負勘に(任せました)(笑)。抑えられたのは投手のお陰です。

――今後も継投の試合はあるかと思いますが、改善していきたい点はありますか

先頭打者の入りですね。先頭打者が塁に出ることが多いので。塁に出しちゃいけないという気負いから気を付け過ぎてしまったので、そこはもう少し詰めていきたいです。

――チームは波に乗っている状態だと思いますが、次のカードに向けて一言お願いします

特別なことはせず、オープン戦などでやってきたことしかできないと思うので、いつも通りの気持ち、状態でプレーすれば結果はついてくると思います。

武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)

――きょうの打席を振り返っていかがですか

最初の3打席で、得点機に打てなかったので、あそこで自分が決めていれば良かったなと正直思うのですが。5打席目は、直前に中澤が3点本塁打を打って結構気持ちも楽になったので、しっかり(バットを)振れました。

――その5打席目の本塁打は狙っていましたか

いや、狙ってはいないです。でも余裕は持てていました。

――打った球種と、感触はどうでしたか

ストレートです。打った瞬間は、詰まっていてあまり感触は良くなかったのですが、(打球が)良い角度で上がってくれました。

――それまでの打席での凡退の悔しさもありましたか

自分のなかでは、そこまでもしっかり振れていたのですが、結果がついてこなかったので。ずっともやもやしていたのですが、最後に大きな当たりが出て良かったです。

――3番中澤選手、5番茂木選手とともに主軸がそろって本塁打を打ちました

そうですね。まあ僕の本塁打はおまけなんで(笑)。中澤と茂木がいい打球を打ってくれて、良かったです。僕も次はしっかりチャンスでも打てるように、頑張ります。

――チームとしては、投手陣が乱れながらも挙げた大きな1勝ですね

きょうは投手陣が、1、2年生が主体だったので、なんとか打線が援護してあげたいなという気持ちがあったので、そういう意味で本当に勝ててよかったです。

――続く立大戦に向け意気込みをお願いします。

この勢いで、しっかり2連勝して、勝ち点を取りたいと思います。

中澤彰太(スポ2=静岡)

――きのう無安打に終わり、きょうはどのような気持ちで臨みましたか

きのうヒットは出なかったのですが、いいかたちで振れていたと思ったので、きょうはそれを継続して振るだけだと思いました。

――1打席目、単打の当たりを走塁で2塁打にしましたが

センターがもたもたしていたので、打った時から狙っていました。

――勝ち越し本塁打を放った5打席目は、同点でしたがどのような気持ちで打席に入りましたか

きのうの試合で石田さん(健大、法大)には4打席抑えられていたので何とか打ちたいと思って入りました。

――球種は何でしたか

スライダーですね。

――手応えはありましたか

入ったとは思わなかったのですが、何とか(フェンスを)越えてくれと祈りながら走っていました。

――打撃陣の調子がいいですが、ベンチの雰囲気はどうですか

とてもいいと思います。

――次の立大戦に向けて意気込みをお願いします

自分たちの野球をすれば負けないと思うので、この流れに乗ってまた一つずつ勝っていきたいと思います。

<< 一覧へ戻る