メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.07

竹内の好投で強豪・亜大に勝利!

TEAM
早大
亜大

 春季リーグ戦(リーグ戦)に向けて弾みをつける、大きな一勝だ。オープン戦もいよいよ終盤に差し掛かる中、この日対戦したのは亜大。昨年度の明治神宮大会で優勝した強豪とどのような戦いを繰り広げるか、注目が集まった。

 先発はオープン戦好調の竹内諒(スポ2=三重・松阪)。序盤から強力打線を相手に三振の山を築き、テンポのいい投球で得点を許さない。4回にはソロ本塁打を浴びるも、ここで崩れないのがいまの竹内。後続を三球三振に仕留め、完全に流れを断った。5、6回も三者凡退に抑え、6回2安打8奪三振の好投。開幕に向けて最高のアピールを見せる。また、土屋遼太(教4=東京・早実)も3つの盗塁を阻止するなど、その強肩ぶりを発揮。相手の機動力を封じ、さらなる失点を許さなかった。

亜大打線を6回1失点に抑えた竹内

 竹内は2回、バットでも大きな見せ場をつくる。走者を二、三塁に置いて迎えた第1打席。カウント1-2から適時打を放ち、自ら待望の先制点を生み出した。続く中村奨吾主将(スポ4=奈良・天理)も走者一掃の適時三塁打を放ち、この回一挙3得点。東都大学リーグ屈指の好投手・山崎康晃を序盤から攻略できたことは評価できる点だ。

 投打に竹内の活躍が光ったこの試合。観客席が沸くほどの鮮やかな奪三振ショーはもちろん、四球も1つのみ、そして打たれても崩れない心の強さと随所に成長を感じさせた。また、両校共に中盤以降は緊迫した投手戦となっただけに、数少ない好機をものにした打線の貢献度は大きい。リーグ戦の開幕まであと2週間あまり。3季遠ざかっている栄冠を目指し、新生ワセダは走り続ける。

(記事 芦沢仁美、写真 藤川友実子)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。

<< 一覧へ戻る