メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.02

チームでつかんだ準優勝

 複数の種目を同時に行い、個人の成績が点数化されその合計点で競う今大会。ワセダは新体制での総力戦として挑んだ。複合馬術競技では五十嵐裕哉(創理4=新潟南)が1位、新人障害飛越競技では廣兼佑亮(政経4=福岡・久留米大付設)が3位、新人馬場馬術競技では栗栖美和(人4=福岡・小倉)が4位に入賞するなど総合力を見せつける。だが惜しくも団体では明大に敗れ準優勝で大会を終えた。

 ワセダからは3人の選手が出場した複合馬術競技。1日目に行われた馬場馬術競技(馬場)と2日目の障害飛越競技(障害)の2つの種目で順位を決定する。ワセダが苦手とする馬場では思うように結果を残せない。しかしそれでも五十嵐は2位につける。そうして迎えた障害では減点のない安定した走りを見せ優勝。馬場では11位と出遅れた畠山聖(スポ4=福岡・久留米大付設)も大きなミスなく障害を終え、4位入賞を果たす。大澤佳純(教3=神奈川・桐蔭学園)は前日から順位をあげるものの8位と伸び悩んだ。

ミスなく障害を越える五十嵐と稲隆

 普段は出場機会が少ない選手たちの健闘も目立つ。新人馬場馬術競技では栗栖が4位に入賞しチームに貢献。「細かいポイントを落とさないように、ミスがないようにしようと思って取り組んだ」(栗栖)と語るように慎重な姿勢が功を奏した。また新人障害飛越競技には廣兼と工藤千明(人2=東京・三鷹)が出場。廣兼はタイム減点1となるが障害物を1つも落とさず表彰台へ。工藤は障害を1つ落とし更にはタイムでも減点されてしまう。しかし総減点5で7位につき勝ち点を獲得した。

落ち着いた演技を見せた栗栖と稲秀

 2連覇がかかった今大会への意気込みは十分だった。経験値の差はあれどチーム一丸となって挑んだが、明大のカベを超えることは叶わず幕を閉じることに。ただ全く歯が立たなかったわけではない。ワセダは今季新たな馬を加え戦力を補強。リベンジを果たす日も近いだろう。

(記事 藤巻晴帆、写真 谷口武、藤巻晴帆)

コメント

五十嵐裕哉(創理4=新潟南)

――2連覇がかかっていた今大会でしたが、どのような意気込みで挑まれましたか

今回は明大が出場しての六大学だったので厳しい戦いになることは分かっていました。長谷部主将がいなくなり、きょねんから戦力も落ちた中でという大会でしたが、良い部分で負けている部分を補ってなんとか競り合っていければと思っていました。ぎりぎり競り合えたかなという感じです。

――苦手とする馬場馬術での試合を振り返っていかがでしたか

複合馬場は僕個人としては思ったような良い演技が出来ず、畠山(聖、スポ4=茨城・常総学院)も同じくでした。今回はコンディションの持っていき方で複合馬場の方に少し力を注げなかったので仕方なかったと思うのですが、次には上手くピークを持っていければと思います。

――複合障害、中障害を振り返っていかがでしたか

複合障害は結果的には良かったのですが少しドタバタな走行で、中障害に至っては前半は良かったのですが、落下してしまったところは100パーセント人間のミスなので馬に申し訳なかったと思います。

――団体戦ということでしたがチームで心がけたことは

普段大きな大会で試合をしている人ばかりではなく、大学から始めた人も多く出ていた試合でした。そういった選手が多く出ている中でも団体で優勝を目指していた大会だったので、本当は結果が良ければ良かったのですが、競り合えた2位だったので良いかなと思います。

――次回への向けての課題や目標は

次は関東(関東選手権大会)が大きい大会で、また新しいコンビになっての試合なのでもう一度上手く(コンビを)フィットさせ、それまでにはまた馬場と障害に向けて照準を合わせていきたいと思います。

栗栖美和(人4=福岡・小倉)

――今大会にはどのような気持ちで臨まれましたか

自分の中ではチーム戦として他大と競技する、チームの一員となって競技する数少ない試合なので、少しでも高いポイントを取ってチームに貢献できるようにと意気込みました。

――きょうの演技を振り返ってみていかがですか

あまり動きに点がつく馬ではないので、細かいポイントを落とさないように、ミスがないようにしようと思って取り組んだので、その点では良かったかなと思っています。ただ普段の自分の実力不足がそのまま出てしまってので、馬の姿勢ですとか、少し手を強く握ってしまって馬が不快な思いをして反抗してしまったりとか、もう少し普段の練習から気を付けていないといけなかったかなと思います。でも自分が5位というかたちでチームに貢献できたことはすごく嬉しいです。

――最後に、ことしの目標を教えてください

稲秀というきょうも出ていた馬とコンビを組んでいくことになると思うので、その馬がきょうの課目であったり、3A課目であったりを問題なく回れるようにしたいと自分自身思いますし、もう少し動きを普段の練習から変えていって、3位以内に入れるように取り組んでいきたいと思っています。

<< 一覧へ戻る