メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.01.03

流れ引き寄せられず、5位に沈む

 2日の往路では1区区間17位と出遅れるも、大迫傑(スポ3=長野・佐久長聖)らの快走で追い上げ、最終的に往路2位でゴールしたワセダ。3日の復路は、当日エントリー変更により志方文典(スポ3=兵庫・西脇工)以外の4人が箱根初出場となった。往路重視のオーダーで挑んだため復路は苦戦が予想されたが、その不安が現実のものとなる。出場選手5人中4人が区間二桁順位。唯一の見せ場はアンカー田口大貴(スポ2=秋田)と帝京大とのし烈な4位争いだった。昨年の順位、4位はなんとしてでも死守したいワセダだったがラスト勝負に敗れ、僅差で5位に。選手に笑顔は見られず、試合後のインタビューでは渡辺康幸監督(平8人卒=千葉・市船橋)の目にうっすらと涙が浮かんでいた。

 復路スタート、山下りの6区を任されたのは箱根初出場の相原将仁(教3=東京・早実)。1位・日体大から2分35秒後、2番手で芦ノ湖を出発。4秒後には昨年区間賞獲得の市川孝徳(東洋大)がスタートする。市川と併走し前を追いたい相原だったが、ついていくことができず単独で3位を走行。終盤、明大にも逆転を許し4位でタスキをつなぐ。続く7区は志方文典(スポ3=兵庫・西脇工)。主力の一人ながら、故障などで練習不足が危ぶまれた志方はなかなかペースが上がらない。順位は維持したもののトップとは5分以上の差がつき、区間11位と不本意な走りとなった。

当日のエントリー変更で
6区を任された相原

 8区は今大会ワセダ唯一の1年生、柳利幸(教1=埼玉・早大本庄)。しかし流れを変えることはできず、前との差は徐々に開いていく。順位は4位を保ち、続くは9区・田中鴻佑(法3=京都・洛南)。中盤、上野渉(駒大)が田中を逆転。1万メートルの持ちタイムで1分以上の差がある上野についていくことはできず、ここで5位に後退した。だが終盤、前を走る明大の選手に異変が起こる。田中は明大をかわし4位でアンカー田口大貴(スポ2=秋田)にタスキリレー。田口は序盤で帝京大に追いつかれるも、15キロ以上併走する。残り1キロ、一歩前に出たのは熊崎健人(帝京大)。頻繁に田口の様子を伺うも、スパートする様子はない。最後の最後までもつれた4位争い、二人同時にラストスパートをかけたのはラスト100メートル地点だった。わずかな差で帝京大に先着を許し、同タイムでゴール。昨年より1つ順位を落とし、5位での大手町フィニッシュとなった。田口は区間4位と結果を見れば好走といえるだけに、ラスト勝負に敗れたことが悔やまれる。

帝京大と同タイムの
5着でフィニッシュした田口

 層の薄さが不安視されていたワセダ、優勝争いに絡むためには主力以外の選手の踏ん張りが必須だった。しかし復路のみの成績は8位。往路に主力を多数投入していたとはいえ、物足りない結果となった。だが、今回の復路出場者は全員1~3年生だ。この悔しさをバネにこれから飛躍できるか。真に強いワセダの駅伝が蘇る、その第一歩と思いたい。

(記事 松岡文、写真 大道瞳、野宮瑞希)

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走
区間 距離 名前 記録 区間順位
早大 往路 5時間42分50秒 第2位
1区 21.4キロ 前田悠貴 1時間05分36秒 17位
2区 23.2キロ 平賀翔太 1時間11分02秒 6位
3区 21.5キロ 大迫傑 1時間04分44秒 2位
4区 18.5キロ 佐々木寛文 58分36秒 8位
5区 23.4キロ 山本修平 1時間22分52秒 3位
早大 復路 5時間38分49秒 第8位
6区 23.4キロ 相原将仁 1時間00分17秒 12位
7区 18.5キロ 志方文典 1時間06分25秒 11位
8区 21.5キロ 柳利幸 1時間07分49秒 14位
9区 23.2キロ 田中鴻佑 1時間12分29秒 12位
10区 21.4キロ 田口大貴 1時間11分32秒 10位
早大 総合  11時間21分39秒  第5位

<< 一覧へ戻る