メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.07.12

ダブルスは上位進出ならず

 まさかの敗退が相次いだ。関東学生連盟に所属する選手が一同に集う今大会。大会初日のきょうはダブルスが行われ、ワセダからは総勢20組が出場した。男子は優勝候補であった大島祐哉(スポ2=京都・東山)・山本勝也(スポ2=石川・遊学館)組が4回戦でまさかの敗退。女子も、昨年ベスト4の中尾優子(人4=岐阜・富田)・小道野結(スポ2=神奈川・横浜隼人)組がランキング決定戦(※)の4回戦で姿を消すなど波乱の展開が続いた。

相手の迫力に圧倒された大島・山本勝組

 勢いに飲まれてしまった。大島・山本勝組は順調に勝ち進み、迎えた4回戦。接戦の中、途中までゲームカウント2-1とリードする。しかし、あと1ゲームまで追い込んでから、相手が思い切った攻撃で仕掛けくると、受け身になってしまった。また、苦手なバック側を攻められるなど弱点を突かれ、苦しい展開が続く。結局、ジュースで第4、5ゲームを落とし、逆転負け。「強くなっているがゆえの、プレースタイルになってしまっている」(大島)。安定したプレーができるのは強みではあるが、サーブやコース取りで変化つけていく必要があるようだ。

異色ペアに苦しんだ飛永・佐藤風組

 女子は、カットマンに苦しんだ。中尾・小道野組はランキング決定戦で、東京富士大のカットマンペアと対戦。ゲームを取っては取られの大接戦となり、試合はフルゲームに。緩急をつけた攻撃で相手を揺さぶるが、あと1歩及ばず、早すぎる敗退となってしまった。その中で、飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)・佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)組はカットマンペアを攻略し、ワセダ勢の中で唯一ベスト8入り。しかし自分たちと同じく攻撃マンとカットマンの異色ペアとの対戦で、攻撃マンの確実なコース取りに苦しみ、準決勝進出は叶わなかった。

 全体的に、ダブルスは不本意な結果となってしまったワセダ。特に男子は4回戦で全てのペアが敗退するなど、奮わなかった。明日からはシングルスが3日間かけて行われる。次の大会である秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)まで時間は長いが、ここで層の厚さを見せつけたい。

(記事 栗坂美祐、写真 加藤万理子)

結果

▽女子ダブルス

ベスト8 飛永・佐藤風組

※ランキング入りペアのみ掲載

※ダブルスではベスト8以上をランキング入りとする。

コメント

大島祐哉(スポ2=京都・東山)

――きょう振り返って

相手すごい調子良かったですし、ノンプレッシャーで思いっきりやってきて入っちゃったんで。実力は僕らの方が全然上だと思うんですけど、勢いで相手に負けてしまいましたね。

――相手の迫力に押されてしまった

そうですね。勢いがあったので、少し受け身になってしまいました。

――途中ゲームカウント2-1とリードする場面もあったと思いますが

2-1でリードして、相手が戦術を変えてきたので、それに対して対応しきれなかったわけではないんですけど、相手の方が思い切ってきましたね。相手が思い切ってきて、競った場面で10-9で最後、僕も思い切りチキータして入ったんですけどそれも返されちゃったので。こっちとしては勝負に出て負けたので、相手が強かったという、実力より上の力を出してきたなということでしかないですね。

――インカレを経て変えられた部分は

安定はしてきているので、逆に強くなってきて、安定安定で行きすぎていて、ああいう風にはつらつとしたプレーをされるとおどおどしたり。逆に強くなっているがゆえの、プレースタイルになってしまっているのでそこが少し良くないかなという風に思いますね。もう少しサーブは色々な部分を出していたので、昔は。それが無くなってきちゃってるので、(負けた)理由の1つだと思います。

――これからどう変えていこうと思っていますか

これだけ結果も出ていないですし、僕のシングルと同じように何かを変えないと勝てないところにきていると思うので。一つはコース取りですね。僕のバックがクロスにしかいかないので、あとは勝也に任せていたんですけどそこを変えるとか、サーブを変えるとか。そういうことをしないと相手も研究しているので、そういう風にしていかないとこれからは少しきついですね。

――先ほど言っていたように、バック側のボールに苦しめられていたと思いますが

逆に言うと相手はそこしか攻められないので。それは分かっているんですけど、その技術っていうのは完成していないです。シングルスだとまた全然別なんですけど、ダブルスのバックハンドはやっぱり難しいので、そこを練習していかないと上には行けないですし、リーグ戦も勝てないんじゃないかなと思います。

――あしたのシングルスに向けて

ダブルス優勝目指していたんですけど、こういう風に相手の勢いに飲まれて負けてしまいました。シングルスでもそういう状況が出てくると思うので、上手く対応して、ことしは優勝以外だったら出る価値もないのでそれぐらいの勢いで、優勝だけを目標に頑張っていきたいです。

飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)・佐藤風薫(スポ1=岡山・就実)組

――きょうを振り返って

飛永 ラン決(4回戦)はやったことあるペアだったので対策を立てられて良かったんですけど、やっぱり同じカット攻撃に最後負けたのは悔しいです。勝てたのに、負けたので悔しさが残る試合になりました。

――どういった対策を

飛永 向こうもカット攻撃だったので、無理をしないでボールちゃんを見ていけるボールをいくのと、カットマンを前に寄せて定位置で打たせないことですね。

――攻撃で先手を取れていたと思いますが、そこでミスがでましたか

佐藤風 点を取らなきゃっていう焦りがでて、入っているときは綺麗に入っているんですけど、焦り出して少しでも狂うとミスが続いてしまったかなと思います。

飛永 今のペアは攻撃マンがすごくうまかったので、つつくと打たれるので、逃げで打ってました。

――同じカットマンと攻撃マンという異色ペアとの戦いは珍しいと思いますが、今後勝つための策は立てられましたか

飛永 ドライブのあとの浮いてきたやつの攻撃と、あと自分たちもサイドが狙っていけるように。打てないときのつっつきが甘いから打たれるので、コースを狙ったりとかしたいです。

――これからリーグ戦まで期間が空きますが、どういう風に練習していきたいですか

佐藤風 とりあえず攻撃練習のパターン作りを入れていきたいです。

飛永 やっていたけどあまりできませんでしたね。

佐藤風 緊張したり、点が詰まってくるとできなくなってくるので、本当に使えるようになれたらいいなと思います。

飛永 相手のラバーによっていきやすいときと、いきにくい時があるので、色々な相手と練習して自信つけていきたいなと思います。

――シングルスに向けて

佐藤風 シングルスは厳しいゾーンにいるのですけど、そこをなんとか頑張っていきたいです。

飛永 ラン決が中国人の選手で、きょねんも中国人の選手でベスト8に入ったのでことしはもう1個上のベスト4に入れるように一戦、一戦頑張りたいと思います。

<< 一覧へ戻る