メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.03.26

主将決めた 早大、接戦制す

TEAM
帝京大
早大 1×

 負けることは許されないトーナメント。関東地区大学選手権の4回戦、早大は強豪・帝京大と対戦した。この日、先発を任された向江洋光(人3=大分上野丘)は粘りの投球で6回を1失点。続く沼座翔平(スポ3=広島なぎさ)も3回を無失点に抑え、試合をつくった。打線はなかなか相手投手をとらえられず、8回まで1点止まり。だが最終回に主将・南貴文(スポ4=兵庫・加古川西)がサヨナラ適時二塁打を放ち、試合を決めた。

 同点で迎えた最終回、一死二塁の好機。「みんなが打てる雰囲気をつくってくれた」とその打席を振り返る南。甘く入った球を思い切り振り抜いた。打った瞬間、勝利を確信した早大ベンチはどっと沸く。打球は右中間を破り、走者は悠々とサヨナラの本塁を踏んだ。主将の一振りが重苦しい試合に終止符を打った

サヨナラ安打を放つ南主将

 投手陣は苦しい展開にも粘りを見せた。先発のマウンドに上がったのは右腕・向江。「勝てるピッチングをしよう、と考えていた」(向江)という言葉通り、粘りの投球で5回まで度々得点圏に走者を許すも、あと1本を打たせず得点を与えない。しかし先制点をもらった直後の6回、死球と安打で無死一・二塁のピンチを招く。その後挟殺とゴロで二死二塁にするも続く打者に強烈な中前安打を打たれ、同点を許す。ただその後は踏ん張りを見せ、向江は6回1失点でマウンドを左腕・沼座に譲る。後を受けた沼座は緩急を織り交ぜた投球で終盤の3回を無安打無得点で切り抜けた。

力強い投球を見せる向江

 打線は終盤になるまで見せ場をつくれなかった。テンポよく投げ込む相手投手をなかなか攻略することができず、3回までは一人のランナーも出すことができない。南主将も「序盤は特に苦しかった」と語る。試合が動いたのは両者無得点のまま迎えた5回。四球と犠打、さらに相手投手の暴投で二死三塁の好機が訪れ、打席には8番松下和樹(先理3=静岡・掛川西)。三塁線への深いゴロを放つと、これが相手三塁手の悪送球を誘い、先制点をもぎ取る。だが同点とされた6回以降は、なかなか追加点を奪うことができない。そして迎えた最終回。四球と犠打で手堅く一死二塁の好機を演出し、打席には4番・南。甘く入った球を振り抜くと、打球は右中間を破った。両チーム通じて初の長打が試合を決めるサヨナラ適時二塁打となった。

 試合前から、この試合は「一つのヤマとなる」と南は考えていた。主将の予想通り、両チームの力は拮抗し、試合は厳しいものとなった。だが結果的に接戦を勝利で飾れたことは大きい。トーナメントを勝ち上がり相手が強くなるにつれ、大事になってくるのが接戦を制する粘り強さだからだ。きょうの試合の経験は今大会の優勝を大きく近づけたはずだ。

(記事 河島孝大、写真 落合修平)

※記事中の学年は新年度のものです。

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――きょうの試合はどんな気持ちで臨みましたか

なかなか良いチームだと聞いていたので一つのヤマなのかな、と思って試合に臨みました。

――苦しい試合展開だったが振り返ってみていかがでしょうか

この接戦をものにできた、という点でチームとして一歩成長できたのかな、という点で、収穫があったと思います。この粘り強さを今後の試合でも活かしていきたいと思っています。

――なかなか安打が出ない試合でしたが、その点を振り返ってみていかがでしょうか

まあ、苦しかったですね。なかなかヒットも出ませんでしたし、フォアボールであったり、そういったものもなかったので。出塁自体できてなかったので、序盤の方は特に苦しかったですね。

――サヨナラを打った最後の打席はどういった気持ちで立ちましたか

スタンドのみんなであったり、ベンチのみんながすごい雰囲気をしっかり盛り上げてくれて。まあヒットを打てるような雰囲気をつくってくれたのかな、と思いました。なので思い切って打つことが出来ました。

向江洋光(人3=大分上野丘)

――きょうの試合にどのような気持ちで臨みましたか

トーナメントということで、勝てるピッチングをしよう、と考えていました。

――試合を振り返っていかがでしたか

調子も良かったですし、6回1失点という結果自体には満足しています。ただ、その失点の場面が2アウトで追い込んでからだったので、そこは勿体無かったかな、と思います。

――きょうはかなりフィールディングも良かったですね

そうですね、冬はけっこうフィールディングを練習したので、試合でもああいったプレーができました。

――ランナーを背負う場面が多かったですが、それでも粘りのピッチングを続けました

正直、めちゃくちゃプレッシャーを感じました(笑)。でも、とにかく相手に先制点を与えないよう、集中して投げました。

――次回の登板に向けての意気込みをお願いします

どんな場面での登板にせよ、勝てるピッチングをします。

<< 一覧へ戻る