メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.03.25

新チームの初陣を完勝で飾る!

TEAM
早大
都留文大

 「挑戦者としての気持ちを忘れずに」(南貴文主将、スポ4=兵庫・加古川西)。早大準硬式野球部の新たな戦いの幕が開けた。関東中の大学が集結し行われる関東地区大学選手権。シードのため3回戦の都留文大戦が初戦となった早大はこの試合が新チームとしての初めての試合だ。結果は投打ともにレベルの違いを見せつけ6-0の完勝。大事な初戦を白星で飾り4回戦へと駒を進めた。

 9回裏、2番手投手大河原朋哉(スポ3=大阪・三国ヶ丘)の投じた剛球に相手打者は手出しもできない。見逃し三振でゲームセット。同時にベンチから飛び出した早大メンバーの顔には笑顔が見られた。新チームとしての公式戦初勝利が決まった瞬間だった。

勝利に喜ぶ大河原と木藤

 初陣の先発マウンドに立ったのは新チームのエースとして期待される河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)。「リラックスして自分らしい投球ができた」(河合)と振り返る通り危なげない安定感のあるピッチングを披露した。立ち上がりの初回こそ先頭打者に安打を打たれるものの、その後は快投。直球、変化球ともに切れ味は十分で7回を散発2安打に抑え失点を許さなかった。続いて登板した大河原は走者を出しながらも長身から繰り出される勢いのある直球で三振の山を築き、こちらも2回を零封した。

 一方打線も順調に得点を重ねる。2回、相手投手の乱調に乗じ、野村裕之(人3=高知・土佐)のスクイズも絡めて2点を先制。5回には新主将にして新4番、南主将が豪快な適時打を放った。さらに児玉恵佑(スポ4=長野)にも2点適時二塁打が飛び出しこの回3点。7回にも1点を追加して計6点を重ねた。

スクイズを決める野村

 相手に隙が多く更なる得点の余地があったといえるものの、終わってみれば6点差をつける快勝。そして何より、新チームの初戦を勝利で飾れたことが大きい。早大準硬式野球部の今季の戦いはまだ始まったばかりだ。次戦以降の意気込みを聞かれると南主将はこう繰り返した、「挑戦者としての気持ちを忘れずにやっていきたい」。常に謙虚な気持ちを忘れない挑戦者の活躍に期待だ。

(記事 鈴木泰介、写真 河島孝大)

※記事中の学年は新年度のものです。

コメント

南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)

――今日を振り返ってみていかがでしょうか

まず勝ててよかったですね。ただもっと点差をつけられたかなって思います。イージーミスが多かったですね。やっぱり気持ちのどこかで隙があったのかと思います。なので、そこをもう1回見直してまた明日勝っていけるようにしていきたいなと思います。

――今日は新チームとして初めての公式戦でしたが、チームとしての試合に対するテーマは何かありましたか

とにかく挑戦者としての気持ちを忘れずに、思い切ってやろう、ということは全員で徹底しました。

――追加点を取れそうな場面で逃す場面が目立ちましたが原因は何だったと感じていますか

気持ちの面なのかなと思いますね。相手投手もそこまで調子が良かったわけでもありませんでしたし。やっぱり気持ちでどこか抜けている部分があったのだと思います。

――明日の試合への意気込みをお願いします

明日もしっかり勝ち切って、そして挑戦者としての気持ちを忘れずにやっていきたいと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)

ーーきょうの投球を振り返っていかがでしたか

初回の立ち上がりが悪かったのですがあとは悪いなりに抑えられたのではないかと思います。

ーー新チームとしての公式戦は初だと思うのですがどのような意気込みで臨まれましたか

自分のピッチングどうこうではなくチームが勝てればいいかなと思っていました。

ーー好投の要因は

好投というほどではないのですが、変な緊張もなくリラックスして自分らしい投球ができたから0点に抑えられたのではないかと思います。

ーー満足いく投球となりましたか

きょうのピッチングにはまだ満足していません。相手が相手なので。抑えて当然の部分もあるので、点数的には60点ぐらいですかね。

ーー最後に次戦以降への意気込みをお願いします

次に投げるのは準々決勝だと思うので、そこに合わせていきたいです。チームが勝てるような投球をしていきたいです。

<< 一覧へ戻る