メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.05.05

苦しみながらもついに勝ち点獲得!/東大2回戦

東大2回戦
東大
慶大
(慶)山田、明―小笠原
◇(二塁打)佐藤旭、谷田

 前日に打線の爆発、エースの復活と歯車のかみ合った野球で勝利を収めた慶大。ようやく生まれた勢いを加速させるべく慶東2回戦に挑んだ。初回、谷田成吾(2年)の適時二塁打で幸先良く1点を先制するもあとが続かない。東大の攻守にも阻まれわずか4安打1得点、繋がりを欠いた打線に11得点を奪った前日の面影はなかった。それでも春季リーグ戦(リーグ戦)初先発となる山田貴大(4年)や続く明大貴(3年)が東大に得点を与えない好投。初回の1点を守り抜きリーグ戦3カード目にしてようやく勝ち点を手にした。

初先発で勝利した山田

 終わってみれば無失点だった。リーグ戦初先発の山田は初回から走者を得点圏に背負うなど波に乗れない。しかし、その度に三振を奪い本塁を踏ませない粘りの投球を披露する。特徴的だったのは4回。2安打を浴び無死一、二塁のピンチを迎えてしまう。打席には途中出場の下嶋浩平。2球目を弾かれ万事休すかと思われたが、打球はそのまま山田のグラブへ、すぐさま一塁へ送球し併殺を完成させる。続く打者に右前安打を打たれ2死一、三塁と再びピンチを迎えるが、ここで三振を奪い3安打を打たれながらも無失点でしのぎきった。その後は6、7回を三者凡退に打ち取るなど7回を投げ抜き、3年生の明にあとを託す。リーグ戦で初勝利を挙げ存在感を増しつつある明は、直球を軸に4つの三振を奪うなど赤門打線を手玉にとり無失点リレーで締めくくった。

 一方、踏ん張る投手陣を援護したい打線だったが東大投手陣を打ち崩せなかった。1回に谷田が右中間を破る適時二塁打を放ち先制。11得点を奪った前日の勢いが続いているかと思われた。しかし、ここからちぐはぐな攻撃が続いてしまう。3回に2つの四死球に失策が絡み2死一、三塁と好機が訪れ、前日から4番に座る藤本知輝(3年)に打席が回る。一気に畳み掛けたい場面だったが、藤本知の放った打球に三塁手・黒沢俊哉が横っ飛びで捕球、すばやく一塁に送球し得点はならなかった。その後も2つの併殺を喫するなど再び好機を演出することはできなかった。

決勝の先制打を放った谷田

 1回の1点のみで決着がつく『スミイチ』と呼ばれる結果になった慶東2回戦。わずか4安打に押さえ込まれるなど打線に大きな課題が残った。しかし、勝ち点を取れたこと、そして投手陣が得点を与えなかったことは次につながる結果と言える。リーグ戦もいよいよ折り返し、慶大は残り2カードを一戦必勝で突き進む。

(記事 石丸諒、写真 植田涼介、高田麻里)

<< 一覧へ戻る