メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.04.21

高梨の完全試合で勝ち点獲得!/東大2回戦

東大2回戦
東大
早大 ×
(早)○高梨-土屋
 ◇(本塁打)重信1号2ラン (二塁打)小野田

  1回戦は有原航平(スポ3=広島・広陵)、内田聖人(教2=東京・早実)、横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)の2安打完封リレーで勝利した早大。2回戦は高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)が2季ぶりの先発で見事に完全試合を達成。3回には重信慎之介(教2=東京・早実)に2点本塁打が飛び出し、3−0で勝利。連勝で東大から勝ち点1を獲得し、幸先のよいスタートを切った。

完全試合を達成した高梨

 スコアボードにゼロが並んで迎えた9回表。スタンド中がマウンドに立つ高梨に注目し、1球1球にどよめいた。1死を奪うごとに緊張が張り詰める。最後の打者の西木拓己を空振り三振に打ち取ると、ベンチから選手たちが飛び出し、高梨をたたえる。重圧から解放された高梨は落ち着いてグラブをたたき喜びを表現した。

 昨季は中継ぎでの起用が続き、昨春の早慶3回戦以来の先発となった高梨。悔しいシーズンを乗り越えてつかんだ久しぶりの先発マウンドだった。初回2死を簡単に奪った後、3番・黒沢俊哉(東大)が放った一二塁間の強烈な打球を足立翔吾(文講4=福岡・明善)が飛びついて捕球し、この回を三者凡退に抑える。その後もコントロール良く打たせてとる投球で、東大打線を封じ込めていった高梨。早大野手陣の堅い守りにも助けられ、順調にアウトを重ねていく。「(意識したのは)6、7回ですね」(高梨)と試合終盤からは完全試合を意識し始めるも、冷静さは失わなかった。109球で完全試合を達成し、六大学野球の歴史に名を刻んだ。

リーグ戦初本塁打を放った重信

 打線は東大先発の辰亥由崇に1、2回はそれぞれ打者3人ずつに抑えられてしまう。しかし3回、高梨が一塁への強襲安打を放つと、土屋遼太(教3=東京・早実)の犠打で1死二塁。ここで1回戦に2安打を放ち好調の重信が打席へ。「次につなごう、自分の役割を果たそうと思って打席に入りました」(重信)。このつなぐ意識が功を奏したのか、初球の内角低めの直球を右翼席に叩き込み、貴重な先制の本塁打となった。6回にも武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)の犠飛で1点を追加し、3−0で勝利を収めた。

 高梨の完全試合に代表されるように、1、2回戦とも完ぺきな投球を見せた早大投手陣。岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)も「(明大戦では)投手を中心にした、安定した野球をやりたい」と投手陣への信頼は厚い。一方で攻撃面では課題も見えた。2回戦は東大に5安打に抑えられ、連打はゼロと打線につながりを欠いている。次週は好投手のそろう明大との対戦なだけに、打撃陣の奮起が勝利のカギを握る。

(記事 高橋千秋、写真 高田麻里)

★早大史上初の完全試合!

 前日の有原が惜しくも逃した完全試合を見事達成した高梨。六大学野球史上3度目であり、早大史上では初となる快挙だ。ノーヒット・ノーランは平成22年春の慶大・竹内大助以来、完全試合は平成12年秋の上重聡が達成したのが最後で13年ぶりとなる。「やっと試合が終わったという気持ちが強かった」と試合後に吐露した高梨。今後の登板にも注目が集まる。

ウイニングボールを握りしめ、笑顔を見せる高梨

直近の試合結果

投打の柱が活躍!開幕白星スタート/春季リーグ戦 東大1回戦(04/20)

早大打者成績
打順 守備 名前
(中) 中澤彰太 .000 二飛    一ゴ    ニゴ            
大野大樹 .000                   右邪      
(遊) 東條航 .400 左飛    左飛       四球    死球   
(三) 河原右京 .000 投ゴ       ニゴ    犠選    投犠   
(二) 中村奨吾 .429    右安    二ゴ    空振    右邪   
(右) 小野田俊介 .500    三ゴ    左2    四球    遊ゴ   
江塚諭 1.000                           
(一) 足立翔吾 .500    左飛    四球               
武藤風行 .000                左犠         
渡辺琢也 .000                           
(投) 高梨雄平 .333       一安 中直    二ゴ         
(捕) 土屋遼太 .333       投犠    左安    中飛      
(左) 重信慎之介 .500       右本    遊ゴ    二ゴ      
早大投手成績
名前
高梨雄平 0.00
コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――試合を振り返って一言お願いします

高梨(雄平、スポ3=埼玉・川越東)がまさに完ぺきなピッチングをしてくれたので、非常に良かったと思います。

――きのうの有原選手(航平、スポ3=広島・広陵)は7回途中で完全試合を逃しましたが、きょうはどのタイミングで最後までいこうと思いましたか

7回以降ですね。きのうも7回でヒット打たれていたので、7回まで乗り切ってくれたらいいなという思いがありましたが、上手くやってくれました

――先制点は重信選手(慎之介、教2=東京・早実)の本塁打でした

まあ、ホームランを打つバッターではないのでね、たまたま良い当たりがスタンドまで飛んだだけなので。彼にはいつも低い、強い打球を打つように言ってますので、次はホームランじゃなくて、ヒット4本打ってくれるように頼みたいと思いますね。

――2点本塁打を含めての3得点については

東大の投手陣がね、辰亥くん(由崇)、白砂くん(謙介)、二人とも気力も充実していいピッチングされましたので、そんなに簡単に点数は取れないですね。

――勝ち点1を獲得して、次は明大戦です。意気込みをお願いします

ぜひまた投手を中心にした、安定した野球をやりたいなと。そして、勝ち点をまた増やしたいと思います。

東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)

――勝ち点おめでとうございます

ありがとうございます。良かったです本当に。

――高梨投手が完全試合を達成しました。好投を後ろから見ていていかがでしたか

8回からは本当にどきどきしていて、高梨にも声かけられない状況でした。

――どういう雰囲気だったのですか

6回くらいに声かけたのが最後で、5回のときはまだ笑っていて「有原でもできなかったんだからお前はできないよ」と冗談で言っていたんですけど、7回抑えたあたりからちょっとしゃべれなくなってしまいましたね。

――ベンチはどんな雰囲気でしたか

言うに言えない状況ですかね。言葉にできないような感じでした。

――9回最初のアウトが東條選手の最初の守備機会となりましたが

緊張しました(笑)。それまでボール触ってなかったんで、余計に緊張しました。

――完全試合を経験したことは

いや、ないですね(笑)。ノーヒット・ノーランは1回練習試合であるんですけど、完全試合は始めてです。

――守備陣は皆さん緊張されていたんですね

そうですね。「お前のほうにいけ」とは中村(奨吾、スポ3=奈良・天理)と話していました。

――打っては重信選手が初本塁打を放ちましたが

びっくりしました。練習から大きいのは飛ばしているので、でも公式戦で打てるというのは本当にすごいと思います。

――1年生の中澤彰太選手(スポ1=静岡)が1番で先発出場しましたが、何か声をかけられましたか

もうとにかく1年生なんで、特に流れとか気にせず自分のやりたいように思い切っていってこいとは言いました。

――きょうのご自身の打席を振り返っていかがですか

一本でなかったのは微妙なんですけど、出塁ができたのは良かったかなと思います。でも3つは出塁したかったですね。1試合3つは出たいです。

――次週は明大との対戦となりますが

本当に一戦必勝なんですけど、きょねんもそうなんですけど明大戦が優勝の明暗を分けているので、一つ一つ積み重ねて一点でも多くとれるように頑張りたいと思います。

高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)

――完全試合を達成された瞬間のお気持ちは

ホッとしたというか、やっと試合が終わったという気持ちが強かったです。後から皆におめでとうと言われて、うれしさがこみ上げてきました。

――何回頃から意識されていましたか

6回くらいにスコアボードを見たときにまだランナーが出ていないなと思って、でもやってやろうという気持ちではなかったです。まだ(ランナーが)出ていないなという感じだったんですけど、7回くらいに強い当たりが飛んで、やるならこういう日なんじゃないかっていう話をしてたんで…、6、7回ですね。

――ベンチはどんな雰囲気

普通に意識させてきました(笑)。

――どんな声をかけられましたか

土屋(遼太、教3=東京・早実)に「俺は期待してるよ」と言われたり、普通に全然声をかけてくれました。自分的には逆に声をかけてもらえて良かったかなと思います。

――昨日の有原投手の投球を意識されましたか

自分は有原ほど良い投手ではないので、とりあえず味方が点を取るまでゼロで抑えようと思っていました。その結果がこれなので、有原のピッチングは意識していないです。

――特に良かった球は

直球ですかね。打者が直球を狙っているときに直球を投げて打ち取ることができたので。直球の制球が良かったかなと思います。今までは四死球が多かったので、自分的には四死球ゼロというのがすごくうれしいです。

――内角も効果的に使っていたが、それは土屋選手のリード

土屋が引っ張ってくれるような形でリードしてくれたので投げやすかったです。

――ウイニングボールは

グローブにあると思います。身の丈に合っていないので、次の登板が逆に怖いです(笑)。

――力を入れていたこと

何に力を入れたというよりは、全体的なレベルアップを図りました。そこは投手コーチの小宮山さんがいろいろ考えてくれるので、それをしっかりこなしています。あとは自分自身のケガなどを全部直して臨めたのが大きいかなと思います。

土屋遼太(教3=東京・早実)

――勝ち点おめでとうございます

ありがとうございます。

――試合を振り返っていかがですか

緊張しました。

――高梨投手の完全試合をリードされましたが、どのような気持ちでしたか

途中まではきのうもそうだったので打たれるだろうなと思っていたんですけど、試合の間
に(高梨が)どんどん良くなっていったので、意識して最後は狙っていきました。

――いつ頃から意識し始めましたか

8回ですね。8回途中でまだ球が来てて、まだ抑えられるな、これいけるなって。

――高梨投手の特に何が良かったですか

球種はいつもいいんですけど、本人が集中して投げていたのが一番良かったんじゃないか
なと思います。

――何を主体にしてリードしていきましたか

もう全部使って、何っていうよりも相手バッターを見ながら使っていこうかなと考えていました。

――1回戦は道端俊輔選手(スポ2=智弁和歌山)にスタメンを譲るかたちとなりまし
たが、それについてはどう感じましたか

監督の判断なので、僕は何も(笑)。

――打撃の方では1安打を放ちました

とりあえず1本出てよかったです。

――次の明大戦に向けて意気込みをお願いします

明大になってもやり方は変わらないので、できることをみんなでしっかりやっていけば勝
てるんじゃないかなと思います。

重信慎之介(教2=東京・早実)

――本塁打を放った第1打席は、どんな意識を持って臨んだのですか

チャンスだったので、積極的に初球からいこうと思っていました。でもホームランを狙ったわけではなくて、次につなごう、自分の役割を果たそうと思って打席に入りました。

――球種は何でしたか

インコース低めのストレートです。

――リーグ戦初本塁打となりましたね

打ててほんとに気持ち良かったです。

――きのうも2安打2盗塁の活躍で、きょうも本塁打を放ちました。シーズンの好スタートを切れたのではないですか

そうですね。練習でやってきたことを、しっかりと打席で表現できています。

――高梨雄平投手(スポ3=埼玉・川越東)が完全試合を達成しましたが、外野から見ていてどう感じましたか

安定して見えました。キャッチャーが構えたところにボールが行っていたので、外野としてもすごくポジショニングを取りやすかったです。

――5回の守備では難しい打球を処理しました。守りでも高梨投手を助けたのではないですか

自分のできる、当たり前のプレーをしただけです。

――次週の明大戦に向けて意気込みをお願いします

明大は強いですし、特に早稲田に対しては強い意識を持って当たってくるので、自分たちのつなぐ野球をしたいです。自分としても、つなぐというのが自分の役割なので、しっかりとその役割を果たしたいと思います。

<< 一覧へ戻る