メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.09.06

2勝を挙げ、最終日へ弾みつける

 秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)4日目を迎えたきょう、女子部は大正大、日大と対戦した。大正大戦では第1、2ゲームを落とすも、その後4連勝を収め団体戦スコア4-2で勝利する。日大戦では、接戦が繰り広げられる中で着実に試合をものにし、団体戦スコア4-1で制した。

軽快なフットワークを見せる中尾・小道野組

 大正大との一戦は、苦しい出だしとなった。1、2番手に左利きを並べた相手布陣を前に、ワセダは連敗を喫してしまう。黒星二つが重くのしかかるかと思われたが、ここからワセダの反撃が始まる。3番手の飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)・佐藤風薫(スポ1=岡山・就実)組が3-2で熱戦を制すと、シングルスの小道野結(スポ2=神奈川・横浜隼人)も勝利。団体戦スコアを2-2のタイに持ち込む。ここで5番手に登場したのは、中尾優子(人4=岐阜・富田)・小道野組。左利きの選手を擁する相手ペアに、第1ゲームを奪う好スタートを切るも、第2ゲームは一転、2―11と相手ペースに飲み込まれる。それでも小道野らは「2ゲーム目は落としやすいと分かっていたので、大丈夫」(小道野)と冷静だった。試合を立て直し、ゲームカウント3-1で勝利を収める。最後は飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)が逆転勝ちで、序盤の悪い流れをはねのけたワセダが勝利を飾った。

威力のあるフォアハンド攻撃をする小道野

 初戦を取った勢いは、日大戦にも続いた。1番手を託された佐藤風がカットマン対決を制し、先手を取る。2番手の小道野もカットマンと対決。2ゲームを奪った後に奪い返されるが、ここでも冷静さを失わなかった。「粘るしかない、1本1本ゆっくりやっていこう」(小道野)と臨んだ第5ゲーム。ラリーの中で積極的に攻撃し、ジュースの接戦に打ち勝った。小道野は直後のダブルスにも登場し、勝利を飾る。ワセダはその後1敗を喫したが、5番手の飛永・佐藤風組が相手を寄せ付けない試合運びで快勝。団体戦スコア4-1で日大を下した。

 きょうを2戦2勝で終え、最終日に向けて弾みをつけたワセダ。淑徳大が全勝を維持したためワセダの優勝は無くなってしまったが、戦いは続いていく。あすのリーグ戦最終日も、全員で勝利を目指すのみだ。最後の戦いを最高の形で締めくくり、次への一歩とするために――。

(記事 高橋舞、写真 栗坂美祐)

結果

▽対大正大 ○4-2

●佐藤風0―3富川亜加理

●高橋1-3姜

○飛永・佐藤風組3-2藤井奈帆・野中千尋組

○小道野3-1大井奈都美

○中尾・小道野組3―1大井・富川組

○飛永3-1荒木悠里

中尾―藤井

▽日大 ○4-1

○佐藤風3-0市川志穂

○小道野3-2鈴木明日香

○中尾・小道野組3-2鈴木・市川組

●飛永2-3佐野萌子

○飛永・佐藤風組3-0遠部倫子・宮内玲菜組

高橋―宮内

中尾―黄佳陽

コメント

小道野結(スポ2=神奈川・横浜隼人)

――きょうチームは2戦2勝でした

苦しい試合が続きましたが、ベンチの人がどれだけ悪くてもずっと必死に応援していて下さっていました。だからベンチを見てすごい元気をもらえて、諦めちゃだめだなと思って、最後まで頑張れたので、ベンチの方々のおかげだと思います。

――大井選手(大正大)はゲームカウント3-1で勝利しました。自信を持ってプレーしているように見えましたが

シングルスは自分の中で調子は良いほうだったので、どんどんいけるときに止めないでいって、もしそれでつまずいたら、落ち着いて考えてやろうと思っていました。1回うまくいかなくなったのですが、何とか立て直すことができたので良かったと思います。

――直後のダブルスでは、1ゲーム目は奪いましたが2ゲーム目は苦戦しているように見えました

私たちのダブルスは1ゲーム目を流れで軽く取ってしまうと、2ゲーム目は落としやすくて、やっぱりその通りになりました。でもそれが分かっていたので、落としても大丈夫だと思い、立て直せたので良かったです。

――鈴木選手(日大)はカットマンでしたが、戦っていていかがでしたか

1、2セット目は自分が思うように振れて良かったのですが、3ゲーム目から相手が変えてきて、それにうまく対応できなくて、ゲームを2つ落としてしまいました。でもラストはもう粘るしかないと思って、1本1本ゆっくりやっていこうと思ったら結果的に取れたので良かったです。

――明日への意気込みをお願いします

明日は4年生と組める最後の団体戦なので、もし自分が出たら、4年生の分も盛り上がる試合がしたいです。最高の形で終われるように、自分も力になれるように頑張りたいと思います。

<< 一覧へ戻る