メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.07.16

1年生が躍動!初陣を飾る

 照り付ける日差しの中、2日間にわたり東日本選手権が行われた。早大からは男子ダブルスカル4艇が参戦。出場選手のうち8人中7人が1年生というフレッシュなクルーたちが、名門・早大漕艇部のデビュー戦を迎えた。予選で好タイムを出した早大Bの寺田圭希(人1=滋賀・膳所)・石阪友貴(政経1=東京・早実)クルーだったが、惜しくも準決勝では6着に終わり、決勝Aには進むことは出来なかった。

意地を見せた田中・木金クルー

 大会初日、全クルーが予選のレースに臨んだ。どのクルーも早大での初レースとは思えない堂々とした漕ぎを見せた。予選通過はならなかったものの、高校でボート経験のある早大Cストローク・川田悠太郎(国教1=東京・早大学院)は「自分も久しぶりの試合を楽しめましたし、追い込んで全力を出せた」とレースを振り返った。そんな中、寺田・石阪クルーが予選のタイム順位で救われて、午後の準決勝に駒を進めた。「絶対に決勝Aに残ろう」(石阪)と2人で意気込み、決勝進出への大一番に挑んだ。しかし、スタートで出遅れた寺田・石阪クルーは終盤の追い上げむなしく最下位でフィニッシュ。翌日の決勝Bに回ることとなった。

力漕した寺田・石坂クルー

 迎えた大会2日目。予選のタイムによって割り振られた決勝B~Eが行われ、決勝Cでは早大A、C、Dの3艇が顔を合わせた。前日の予選ではスタートのミスで予選敗退を味わった早大Aの田中優樹(商2=群馬・前橋)・木金孝仁(社1=東京・早実)クルーが、本領を発揮。序盤から主導権を握り、そのまま先頭でゴールに飛び込んだ。そして、決勝Bには寺田・石阪クルーが登場。「今日はスタートで先に出られて上手くは漕げなかった」(寺田)と言うように、意識していたスタートの面で思うようにいかず、納得のいくレース運びはできなかった。だが、スタート後は懸命な漕ぎを続け、次につながるレースとなった。

 初レースにも臆することのなく、攻めのレースを繰り広げた1年生クルー。「緊張はありませんでしたが独特の雰囲気があり、その雰囲気を楽しむことができました」(木金)。その言葉に代表されるように、選手たちにとって今大会は充実したものとなったであろう。今大会で得られた反省を生かし、さらなる成長を続けていくであろう彼らの今後に期待したい。

(記事 久保田有紀、写真 河島孝大)

結果

▽男子ダブルスカル

決勝B B(S:寺田、B:石阪)クルー 5着

決勝C A(S:田中、B:木金)クルー 1着

    C(S:川田、B:杉田)クルー 5着

    D(S:松永、B:藤川)クルー 6着

コメント

S:寺田圭希(人1=滋賀・膳所)

――レースを振り返って感想をお願いします

予選と準決勝ではあまりいいイメージを持つことができなかったんですが、決勝ではスタートからバンと出て最後までそのまま行けました。ですが、途中でスピードが落ちてしまって、相手に差を詰められてしまうという場面があったので、少しハラハラしました。

経験の石阪と組んだので、やはりまだ技術面で出来ていないところが多かったのですが、練習で改善しようとやってきて、ある程度はいいところまでもってこられて試合に臨めて良かったです。まだまだ細かいところは出来ていませんが、レースなどで、徐々に定速は上がってきています。今日はスタートで先に出られてうまくは漕げなかったのですが、いい経験になりました。

――今大会のレースプランは

スタートで出られること予想していたので焦らないで、一本一本長く漕いでいくことを意識しました。

――今回の結果についてはどう捉えているか

経験者が多く、未経験と組んだにしてはいいところまでいったのでもっともっと練習していけばもっと早くなると思います。

――高校からボートをしてきて、大学でもボートを続けているが

レベル、意識の差を感じました。練習量がまず違い、高校は三時間だったのに対し泊まり込みで2部練をしています。レベル面では高校では早いタイムでも大学はそうでもないんだな、と思いました。

――今後に向けて抱負を

しっかり練習してもっと力と肉をつけ、一本一本強く漕げるようにし、高いレベルをめざしていきたいです。

B:石阪友貴(政経1=東京・早実)

――今大会は初レースでしたが

二日間通して楽しかったですけど、課題はすごい多い二日間でした。

――今大会の目標はどのようなものでしたか

目標は、絶対にA決勝に残ろうと寺田と話してやっていました。

――今回の結果についてはどう思いますか

A決勝には残れなかったですけど、準決勝にギリギリ行ってて、より上の決勝でレースして、速い人たちとレースできて、中途半端に良い結果じゃなくて、課題が曖昧じゃなくハッキリ出て良かったなと思います。

――高校時代はラグビー部だったと思うんですけど、漕艇部に入ったきっかけは何だったんですか

きっかけは、高校の時に仲の良かった早実の友達(木金)が、ボート部にいって、そいつの勧めが大きいです。

――今後の目標について

未経験の中でも、経験者にも早く追いつけるように、エルゴメーター(ボート専用陸上トレーニングマシン)でも水上でももっと速く漕いで、船をもっと動かせるようになりたいです。

<< 一覧へ戻る