メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.07.02

1点差に泣き、夢散る

 春季リーグ戦、全日本総合選手権(全総)東京予選と今季に入り無敗を守る北村ワセダ。8年ぶりの全総本戦出場を狙い、関東予選に挑んだ。初戦の高崎経大戦では打線がつながり11-1の4回コールドで勝利するが、第2代表決定戦では原巽ジャガースに3-4と惜敗。翌日の敗者復活2回戦へ回り、代表枠奪取を狙うも国立印刷局小田原に0-1とまたも1点差に泣き、全総出場はかなわなかった。

 初日は投打がかみ合い初戦を制す。初回、兼子修治(スポ3=群馬・新島学園)の内野安打を皮切りに、幸先良く3点を先制する。3回には今村大樹(人3=大阪・早稲田摂陵)、花岡宏規(スポ3=大阪・清風南海)の本塁打を含む打者11人の猛攻で7点を加え、計11点をもぎ取った。投げては先発の大嶋翼(スポ2=群馬・新島学園)が3回を投げ打者10人に対し被安打1とほぼ完璧な内容。「練習でやってきたことがしっかりできた」(大嶋)と、公式戦初先発を自身も納得の内容で終えた。2試合目は打って変わって、3回まで両チームで安打は一本と静かな立ち上がりとなる。試合が動いたのは4回。ここまで相手打線を無安打に抑えていた先発の西村直晟(スポ4=大阪・清風南海)が先頭打者に四球を与えると、安打4本をこの回に集中され、4点を先制されてしまう。「配球を変えて的を絞らせないようにしたが、先頭に出した四球がすべてだった」(西村)と、悔しさをにじませる。5回以降は西村が立ち直り、攻撃陣も終盤に一点ずつ返し粘りを見せるもあと一歩及ばず。連勝で全総出場を決めることはできなかった。

本塁打を放った花岡

 第3代表決定戦へ望みをつなぐためにも負けられない国立印刷局小田原との敗者復活戦。前戦に続き西村がマウンドへ。2回無死から高めの球を右中間越えへ運ばれ先制を許すも、以降は失点を引きずらず三塁を踏ませない見事な投球を見せる。この日体調不良ながらも登板し、7回を1失点に抑える姿にエースの意地、全総へ懸ける気持ちが表れていた。西村の奮闘に応えたい打線であったがこの日は2度の得点機を生かせず完封負け。1点の重みを痛感させられる結果となった。

見逃し三振で最後の打者となった北村主将

 悲願の本戦出場まであと1勝としながらも社会人が大きく立ちはだかった。そして今季のワセダの目標の一つであった全総での優勝はこの時点で可能性が消えてしまった。だがこれはまだ終わりを意味しない。まだ全日本大学選手権(インカレ)での連覇というもう一つの大きな目標が残されている。部史上初の快挙へ向けこの敗戦を大きな力に。最高のフィナーレへ向け北村ワセダは再び立ち上がる。

(記事 潟見雄大、盛岡信太郎 写真 高畑幸、盛岡信太郎)

コメント

北村和也主将(人4=長野・佐久長聖)

――1点差での敗戦となりました

1点を取れば負けることはなかったので。点の取り方の種類が少なかったです。自分たちの取りたい取り方以外でも取れないと、僅差の勝負になると厳しいなと感じました。

――戦ってみて社会人と大学生の違いはありましたか

社会人の方が間をうまく使ってくるというか、ゆっくり間を取ってこちらの狙いを外してきたり、捕手が言葉をうまく使って惑わせてくる。学生のように簡単にバッテリーは配球してこないと感じました。

――今後へ向け課題として挙げることは

予期していないことに対応できるような守備、攻撃をすることが課題になってくると思います。審判のストライクゾーンもそうですし、決めつけとか思い込みなど。相手にしっかり対応していかないといけないな、と思います。

<< 一覧へ戻る