メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.06.10

全員でつかんだ3連覇

 予選リーグでは個々の持ち味を存分に生かして勝利し、決勝トーナメントに進出した早大。準決勝では九州産業大、決勝では男子同様、中京大と対戦した。どちらも苦しい試合展開となったが、粘りのプレーで相手に食らいつき、点を取り切るところで確実に点を積み重ね3季連続で優勝した。

 決勝進出を懸け争う相手は九州産業大。最初に出場した柏原真由美(スポ4=広島・鈴峰女)・石井友梨主将(人4=広島・鈴峰女)の4年生ペアが流れをつくりたいところだが、いきなり苦戦を強いられる。試合開始直後から全力で向かってきた相手に最初のゲームを献上すると、序盤から相手を追う展開が続く。一時は2-4と後がない状況に追い込まれるも、一本一本に集中してゲームを取り返しファイナルに持ち込むと、ここで持ち前の勝負強さを発揮。石井が積極的に飛び出し勝負球をことごとく決めると、相手が自滅しミスを連発。ポイントを連取しファイナルゲームを奪い辛勝した。試合後「一本への執着心が相手よりもあった」と石井が語るように、まさに粘り強さの勝利であった。2番手を任された小林奈央(スポ2=香川・尽誠学園)は、予選リーグで課題に挙げていた試合の入りを良くすることに成功。相手の動きを読み先に仕掛けて快勝した。

積極的に攻める石井主将

 準決勝では大苦戦しただけに、決勝では主将ペアとしての役割を果たしたい柏原・石井組。第1ゲームを先取されるが、すぐに流れを断ち切り試合の主導権を握る。最後は柏原が球威で圧倒し甘く上がってきたボールを石井が相手コートに叩き込み、鮮やかに試合を制した。あと1試合取れば優勝という場面で試合に出たのは、やはり頼れる小林だ。得意のカットサーブで相手を崩し、鋭いストロークやボレーで翻弄(ほんろう)する。最後まで攻めの姿勢を崩さずに貫き通し、エースが早大を優勝に導いた。

4年生の意地を見せた柏原

 3連覇という偉業を成し遂げたが、試合後、選手たちは少しも浮かれていなかった。柏原は「内容としてはまだまだ」と断言。あくまで全日本大学対抗選手権(インカレ)での優勝を目標とする早大にとって、今回の試合内容は満足のいくものではなかった。それでも試合に出る選手だけではなく、応援する選手と一体になって勝ち取った優勝は選手の自信となるはずだ。インカレでも笑顔とチーム力で連覇を狙う。

(記事 加藤千暁、写真 細川香衣)

結果

▽準決勝
早大○2-0九州産業大
柏原・石井○5-4甲斐・宗政
小林   ○4-1富岡

▽決勝
早大○2-0中京大
柏原・石井○5-1大椙・佐々木
小林   ○4-1河合

コメント

石井友梨主将(人4=広島・鈴峰女)

――優勝を決めた率直な気持ちを教えてください

ホッとしています。決勝も自分たちが勝って2番に回せて、後輩が優勝決めてくれて本当にうれしいです。

――3連覇に対するプレッシャーは

プレッシャーは感じないようにと思っていましたが、3連覇のプレッシャーというより主将として自分が勝たなきゃという重圧はありました。

――準決勝、決勝と苦しい試合が続きましたが競り勝てた要因は何でしょう

ペアとみんなのことを信じて試合をできたことだと思います。試合入るまで不安で仕方なかったけど、みんなが支えてくれました。あと、一本への執着心が相手よりあったと思います。

――今大会はどのような大会でしたか

今年の大会で一番追い詰められた試合だったなと思います。ピンチな場面が多くありましたけど、チーム力で勝てた大会でした。

――インカレに向けて

インカレはもっともっと厳しい戦いになると予想されます。どんな状況でも対応できる、向かっていけるフィジカル、メンタル、更なるレベルアップをしていき、インカレ2連覇します!

柏原真由美(スポ4=広島・鈴峰女)

――優勝した今の気持ちは

ほんとに嬉しい!それだけです。

――3連覇が懸かった今大会、どのようなモチベーションで臨みましたか

あまり3連覇というのを意識せず、ただ目の前の一戦一戦、一点一点にがむしゃらになって戦っていこうと思っていました。

――今日の2試合はどちらも粘り勝ちましたが、振り返ってみていかがでしたか

決して楽な試合ではありませんでした。すごく苦しい場面もあったし、正直つらかったんですけど、みんなの応援や笑顔に支えられ、乗り越えることができました。

――今大会全体を振り返ってみていかがでしたか

結果は優勝ですが、内容としてはまだまだだし、課題がたくさん見つかりました。また、仲間とのつながりが強くなった大会だったと感じています。

――インカレに向け、手応えは感じましたか

手応えは全くありません。でも、日本一に懸ける想いの強さはどこにも負けないという自信はつきました。これからもう一度しっかり自分と向き合って心技体知、すべてレベルアップしていきたいと思います。

小林奈央(スポ2=香川・尽誠学園)

――優勝した今の気持ちは

すごくうれしいです。

――優勝に貢献されましたが、満足のいくプレーはできましたか

やっぱり入りが悪くて最初1ゲーム取られてしまったので、あんまり満足はしていないですけれど、しっかりやることはできたのでよかったと思います。

――きょうはどのような気持ちで試合に向かいましたか

受けずに、楽しんでやろうと思いました。

――この先インカレに向けて

課題がまだまだあると思うので、そこをもっと強化して次につなげていけるように頑張っていこうと思いました。

――具体的な課題とは

自分が攻めてチャンスボールが来るときにも、前に詰めずに中途半端なポジションに立っていて攻めきることができていないです。しっかり自分がいいボールを打った後は前に詰めて、ノーバウンドで打ったりとかそういうことをしていきたいと思います。

<< 一覧へ戻る