メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.04.28

法大に完敗。2節連続で勝ち点を落とす結果に/法大2回戦

法大2回戦
慶大
法大 ×
(慶)●加嶋、明、渡邉義、加藤―小笠原、藤井

 前日手痛い敗戦を喫し、必勝を誓って法大2回戦に臨んだ慶大。先発の加嶋宏毅(2年)は3回に先制点を奪われると4回、6回にも小刻みに追加点を許しリードを広げられる。不調の打撃陣はきょうも好機をつくるのがやっと。結局0-4で慶大は連敗し、またしても勝ち点を落とす結果となった。

3失点と流れをつくれなかった加嶋

 文字通り「完敗」だった。先発の加嶋は1、2回と順調に法大打線を片付ける。しかし3回先頭打者に二塁打を浴び、1死三塁とされると蔵桝孝宏の適時中前打で先制点を献上。4回にも、2死一塁から左中間を真っ二つに割る適時二塁打、続いて適時左前打と連打を浴び、さらに2点を与えてしまう。6回から救援に向かった明大貴(3年)も法大打線を止めることができない。7回、2死から併殺崩れで出塁した走者を抱えて連打を許すと、これで走者が帰りダメ押しの1点となってしまった。2回以外毎回走者を出す苦しい投球で、守備からリズムをつくることができなかった。

 打撃陣は法大先発・石田健大の投球をバットに当てるので精いっぱいだった。石田の緩急のついた、コーナーをつく投球の前に三振の山を築いてしまう。3回、2死から連打を放ち、一、三塁とするも、リーグ戦初出場の杉山由泰(3年)が内角の直球を捉えられず空振り三振。好機を生かせない。なかなか石田を捉えられず迎えた最終回。1死一塁とし、打席には3番の谷田成吾(2年)。2球目を振りぬくも、快音を響かせた打球は遊撃手の正面へ。きょうの慶大は運にも見放されていた。終わってみれば、散発4安打で15三振という慶大打線にとっては屈辱的な内容に終わった。

最終打席で三振し浮かない表情の横尾

 前日あと一本が出なかった打撃陣。きょうもその打線から復調の兆しを見出すことはできなかった。援護を得られないがゆえに、投手も余裕をもって投げられないという悪循環が続いている。きょうの敗戦で優勝戦線からは大きく後退となってしまった慶大。しかしこれでは終われないはずだ。ここから流れを取り戻し、残る対戦校の大きな「カベ」として立ちはだかる。

(記事 井上義之、写真 川口真由、高橋舞)

<< 一覧へ戻る