メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.04.28

接戦の末引き分け 勝負の行方は3回戦へ/明大2回戦

2回戦
明大
早大
(早)高梨、内田、横山―土屋
◇(二塁打)土屋、重信

 きのうの1回戦を大差でものにし、勝ち点奪取に向け弾みをつけた早大。この日は前節の東大戦で完全試合を達成した高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)にマウンドを託し、明大との2回戦に臨んだ。高梨は制球難に苦しみながらも7回途中までを2失点と粘投。しかしここまで好調の打線がつながらず、10安打でわずかに2得点。試合は引き分けに終わり、勝負の行方は3回戦に持ち越しとなった。

先発の役目を果たした高梨

 先発のマウンドには高梨。この日は序盤から制球が定まらず、6回までに与えた四死球は5つ。初回から毎回走者を背負う苦しい展開となった。しかしそれでも、偉業を達成した左腕は意地を見せる。得点圏に走者を背負っても冷静さを保ち、徹底した打たせて取る投球で凡打の山を築いた。3回、6回に1点ずつ失っても、即座に切りかえ後続を断ち切る。本調子とはいえないながらも強打の明大打線を2失点に抑え、先発の役目を果たした。またその後中継ぎで登板した内田聖人(教2=東京・早実)、横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)は残りの3イニングを1人の走者も出さず完ぺきに抑え、投手陣は盤石の体制をアピールした。

 一方の打線は序盤からコンスタントに安打を重ね、好機を演出。3回、1死一、三塁から高梨が左翼への犠飛を放ち1点を先制。さらに同点とされた後の5回には1死一、二塁の場面で新主砲・中村奨吾(スポ3=奈良・天理)がフルカウントから左前適時打を放ち、明大を再び突き放した。しかし、奪った点はこの2点のみ。大量点を挙げた前日の試合とはうって変わって、打線がつながりを欠いた。4回、7回に訪れた1死満塁の場面でも後続が凡退。幾度となく得点圏に走者を進めたものの、ことごとく好機を逃した。勝ち越しては追いつかれる嫌な試合展開の中、高梨を十分に援護することができなかった打撃陣。「もう一押しが足りなくて勝ちきれなかった」(岡村猛監督、昭53二文卒=佐賀西)。指揮官は10安打を放ちながらわずか2得点に終わった打線に悔しさをにじませた。

2安打と好調を維持する中村

 きょうは引き分けとなったが、いまだ負けなしの早大。優勝争いに食い入るためにも、3回戦は是が非でも勝ちにいきたいところだ。2得点に終わったとはいえ、打線は2ケタ安打を放ち好調を維持している。「またあした、必勝期して頑張ります」(岡村監督)との言葉通りまずはあす勝って、勝ち点奪取を狙う。

(記事 鈴木皓、写真 野宮瑞希、盛岡信太郎)

★好機生かせず15残塁…

 10安打を放ち、何度も好機を演出した早大。しかし、度重なる凡打や相手の好守にも阻まれ、終わってみれば残塁は計15。前日は10得点を挙げたにもかかわらず、きょうは好機を生かしきれなかった打撃陣。勝ち点を奪うためにも、効率のよい攻撃が求められる。

好機で三振しぼう然とする東條主将

直近の試合結果

打線が爆発!明大相手に完勝/春季リーグ戦 明大1回戦(04/27)

高梨の完全試合で勝ち点獲得!/春季リーグ戦 東大2回戦(04/21)

投打の柱が活躍!開幕白星スタート/春季リーグ戦 東大1回戦(04/20)

>

>

早大打者成績
打順 守備 名前
(中) 大野大樹 .000 遊ゴ    一邪    死球 空振    投犠   
(遊) 東條航 .231 一直    投ゴ    投犠 空振    二飛   
(三) 河原右京 .083 見振    空振    四球    右安 空振   
(二) 中村奨吾 .533    左安    死球 左安    野選    左飛
(右) 小野田俊介 .500    投犠    投ゴ 二飛    三犠    四球
走右 白澤俊輔                           
(一) 茂木栄五郎 .400    右安    四球 空振    四球    左安
(投) 高梨雄平 .400    左犠    左安    空振         
  内田聖人                           
武藤風行 .000                   三ゴ      
  横山貴明                           
渡辺琢也 .000                         空振
(捕) 土屋遼太 .273    左安    空振    中2 一飛      
道端俊輔 .000                         三直
(左) 重信慎之介 .538    二ゴ    見振    三安    右2   
早大投手成績
名前
高梨雄平 6 1/3 1.17
内田聖人 2/3 0.00
横山貴明 0.00
コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――引き分けという結果について

大分押してたんだけれど、もう一押しが足りなくて勝ちきれなかった。非常に残念ですし、悔しいですね。

――常日頃から目標にしている先制点は奪えました

リードはできて良かったんですけど、明大の粘りがやっぱり非常に良かったと思います。

――ベンチから見て、先発の高梨投手(雄平、スポ3=埼玉・川越東)はどうでしたか

前回に比べれば少し不安定な感じでしたけど、彼は彼なりにいいピッチングをしてくれたと思います。

――1回戦よりも明大の選手が打席に立ったときの怖さは感じられたのでは

そうですね。非常に積極的にバットを降ってきていたので、それに負けないように振っていこうと言っていたのですけど、なかなか向こうのピッチャーも粘り強く投げていたので、もう一押しができなかったですね。

――あすの3回戦に向けて

あしたはまた、必勝期して頑張ります。

<< 一覧へ戻る