メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.04.15

救援陣が打ち込まれ、勝ち点獲得ならず/立大3回戦

立大3回戦
立大
慶大
(慶)白村、加嶋、●山形、明―手錢、小笠原
◇(本塁打)北村1号ソロ(二塁打)谷田、藤本知、横尾

 伏兵の活躍で1勝1敗のタイに持ち込んで行われた慶立3回戦。慶大は1回に谷田成吾(2年)の二塁打で幸先よく先制点を挙げる。一度は立大に逆転されるものの、5回に横尾俊建(2年)の2点適時二塁打で同点。さらに7回には北村祐樹(2年)の左翼本塁打で勝ち越しに成功し、ゲームを有利に進める。しかし、最終回に救援陣が再逆転を許し、立大に痛い敗戦。2013年春季リーグ戦(リーグ戦)は厳しい船出となった。

1回戦に続き、再び被弾した白村

 2試合連続で先制点を許していた慶大。先発の白村明弘(4年)は初回から出塁を許しながらも、続く打者を併殺打に仕留めリズムをつくる。その直後の攻撃で先頭の佐藤旭(3年)が安打を放ち、しっかりと犠打で送り1死二塁の好機に3番の谷田。力強く振りぬいた打球は右翼線二塁打となり、理想的な形で先制点をもぎ取る。白村も2回からは変化球を有効に使う見事な投球を見せる。しかし5回、1死二塁のピンチで1年生の佐藤拓也にバットを折りながらも変化球を中前適時打を打たれ同点。続く大塚拓には甘く入った球を左翼スタンドにまで運ばれ、この回一挙に3点を失ってしまう。その後、四球を出したところで白村は交代。白村にとっては1回戦に続き、痛い一発を浴び降板という同じような展開となってしまった。

 慶大も負けてはいられない。安打と四球で1死一、二塁の好機を演出すると、打順は4番の横尾へ。横尾は代わったばかりの相手投手の直球を捉え、左中間への2点適時二塁打で同点とする。さらに7回、途中出場した北村が左翼へ鋭い打球を飛ばすと、これが直接スタンドに入り、慶大は勝ち越しに成功。あとはこのリードを守るだけだったが、8回途中からマウンドに上がった山形晃平(4年)が誤算だった。先頭打者に出塁を許すと、2者連続四球で一死満塁にしてしまう。ここで江藤省三監督はきのう好救援を見せた明大貴(3年)をマウンドへ。立大もここで代打を起用。場内は立大の大盛り上がりで異様な雰囲気を漂わせていた。追い込んでからファールで粘られた後の4球目、弾き返された打球は中前に落ち、その間に2人の走者が生還。立大が再逆転に成功した。慶大は1死から走者を出すも、最後は本塁打を放った北村が併殺に終わりゲームセット。慶大にとっては点差以上に精神的なダメージが大きい一戦となった。

勝ち越しの本塁打を放った北村

 4季ぶりの優勝を目指す慶大は勝ち点を落とす結果となった。大事な局面で守りきれなかった投手陣には大きな課題が突き付けられた形だ。特に最高学年の二投手、白村、山形の復調は今後の大きなカギとなるだろう。失った勝ち点がどのようなドラマを生むのか、最終的に笑っているのはどの大学か、リーグ戦の今後の展開が楽しみである。

(記事 井上義之、写真 植田涼介、高橋千秋)

<< 一覧へ戻る