メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2013.04.13

六大学開幕、投打ともに精彩欠いて完敗/立大1回戦

立大1回戦
立大
慶大
(慶)●白村、渡邉義、明、山形―手錢、小笠原

 ついに開幕した春季リーグ戦(リーグ戦)。開幕週に登場した慶大は初戦を立大と戦った。慶大はエースの白村明弘(4年)が先発したが、5回1/3を投げて7失点と大乱調。打線も立大の継投の前に無得点に抑えられ、8-0で敗れた。

被弾し立ち尽くす白村

 完ぺきな当たりだった――― 慶大先発の白村は3回表に1、2番の連打から1点を失い、打席には3番の岡部通織を迎える。その初球だった。高めに浮いた球をはじき返されると、打球はそのまま右翼席に飛び込む2点本塁打。打たれた白村はしばらくぼうぜんと打球方向を眺めていた。これで気落ちしたのか、さらに6番・小尾拓大にも適時二塁打を浴びてこの回4失点。序盤から主導権を握られる展開となる。白村は6回にも1死一、三塁から適時打で1点を失い、走者を残したまま降板。このピンチを救援した2番手の渡邉義(1年)も岡部通に2点適時三塁打を打たれて、ダメ押しの7点目を失った。さらに9回は右肘痛から復帰してきた山形晃平(4年)が登板したが1失点ときょうの慶大投手陣は良い所が無かった。

 反撃が期待された打線も不調だった。1回から6回まで毎回走者を出しながら、1盗塁刺、2併殺と進塁させることができない。4回は先頭の堀野真主将(4年)が中前安打で出塁し、続く谷田成吾(2年)も四球で無死一、二塁の好機をつくる。しかし、4番・横尾俊建(2年)が遊ゴロ併殺打、5番・藤本知輝(3年)が三ゴロに倒れて得点ならず。6回からは共に1年生でリーグ戦初登板となる沢田圭佑、田村伊知郎から4イニングで10奪三振を喫する。結局散発の5安打に抑えられて、打線も課題を残す結果になった。

最終回に安打を放った谷田

 江藤省三監督就任以来、春のリーグ戦を2度制覇するなど春に強い慶大だが、今季は初戦から大敗となった。しかし、優勝のためにはここで悪い流れを断ち切らなくてはいけない。投打ともに立て直して、まずは1勝、そして勝ち点を狙いたい。

(記事 三尾和寛、写真 手塚悠、盛岡信太郎)

<< 一覧へ戻る