メニュー

野球部

« 特集に戻る

2022.04.07

【連載】春季リーグ戦開幕前特集『再興』【第5回】生沼弥真人

 第5回には今季4番に入る蛭間拓哉(スポ4=埼玉・浦和学院)の後を打つ生沼弥真人(教3=東京・早実)が登場。東京六大学野球で現役最多の10本の本塁打を放っている男の後ろを打つことの役割、そしてこの春に向けての思いを聞いた。

※この取材は3月25日にオンラインで行われたものです。

「わくわくしている」

オープン戦では勝負強さをアピールした生沼

――初めて主力として春を迎えますが、どういう気持ちですか

 試合にやっと出れるな、というのが率直な気持ちで、わくわくしています。

――もうすぐリーグ戦だという実感は自分の中でありますか

 そうですね。全体練習のピリつき具合がだいぶ変わってきているので、そういったところでリーグ戦がもうそろそろだな、という風に感じます。

――昨年秋から打撃フォームの改造に着手されましたが、それから新しいフォームはどうですか

 去年の秋に変えてからは、実戦に向けて少しずつコンパクトにしていきました。なるべく無駄な動作を省く、という意識でやってきました。

――新しいフォームは、自分の中でどういう意識でやっているのですか

 タイミングをとったときには既にトップにバットが置いてあるような形にして、そこから一直線でバットを出す、というシンプルな意識でやっています。

――そのフォームを固めるための特別な練習みたいなのはしていますか

 フォームを固めるというよりは、実戦を意識して冬はずっと取り組んできました。具体的には、自主練で、速い球と変化球を混ぜてバッティング練習をするなどしてきました。

――打撃フォームなどは自分で試行錯誤する感じですか。それとも、コーチ陣と相談しながらという感じですか

 チーム全体で意見交換し合いながら、自分のフォームを決めていく感じです。チームメイトの変化に周りが気づいてあげられるような環境づくりというのをチーム全体で意識しながら、取り組んでいます。

――自主練習を印出選手(太一、スポ2=愛知・中京大中京)と一緒にされていると伺ったのですが

 このオフは、基本的に印出と二人でずっと練習していて、お互いがバッティングピッチャーをやりながら、試合形式に近い練習をしてきました。そこでは、バッティングピッチャーが、自分で配球などを考えて相手を抑えようと、体感約150㌔の球と変化球を混ぜながら投げる形をとっていました。

――生沼選手は、高校のときはネクストバッターズサークルで、ビジョントレーニングをされていましたが、大学ではもうやめてしまったのですか

 今は、ネクストバッターズサークルでは相手投手とのタイミングを合わせることだけに集中しているので、もうやっていないです。その代わり、蛭間さんに教わったビジョントレーニングのメニューを、アップや練習の前に自分でやるようにしています。

――この冬で一番成長したことは何ですか

 やっぱり身体じゃないですかね。筋トレと食事をもう一度見直して、しっかり取り組んだ結果、ちゃんと筋力が上がっていることを自分で実感できるぐらい身体が変わりました。その効果として、自分が思ったとおりに身体が動くことが増えたので、それがこの冬の最大の収穫だったと思います。去年の秋から寮に入って、食事の環境がガラッと変わったこともその一因だったと思います。

――現在オープン戦真っ只中ですが、今の調子はどんな感じですか

良くもなく悪くもなく、普通という感じですね。

――新しい打撃フォームを、オープン戦という実戦で試してみて、感じたことはありますか

 調子が悪いときに体が開いてしまう、という課題が明確にあることを感じました。なので、その点は練習から常に気をつけながらやっています。

――オープン戦で様々なピッチャーと対戦していますが、特に凄かったピッチャーはいましたか

やっぱりプロ野球選手の球は、別格でしたね。そういった球を肌で感じて、まだまだ打席での対応力が足りないことを実感させられました。

――オープン戦では、普段守っているファーストだけでなくサードもやられていますが、ファーストの違いなど何か感じていますか

 サードは、この冬ずっと特守をやってきたので、自分の中であまり不安はないです。でも、試合の中で何個かミスをしちゃったので、そこだけはリーグ戦までに改善できるようにやっていきたいです。

「結果を求めるシーズンにしたい」

右方向にも強い打球を飛ばせることも強みの一つだ

――今年のチームの雰囲気は、オープン戦を戦ってみてどう感じますか。昨年のチームとの違いなどあれば

 まず、キャプテンの存在が大きいと感じます。言葉でも背中でもチームを引っ張ってくれているので、すごく頼もしいです。その反面、キャプテンに頼りすぎてしまっている部分があるとも感じていて、試合が劣勢のときにいまいちチーム全体の雰囲気を全員で変えることができないという面もある気がします。これは、去年と違って下級生が多くスタメンとして出ていることも一因なのかな、と思います。なので、自分も含めて、下級生が自覚を持ってどんどんチームを鼓舞するような声を出していく必要があるな、と感じます。

――オープン戦を見ていると、チーム全体で、打った後に一塁まで全力疾走する点が昨年と違う点の一つだと思うのですが、これもキャプテンが意識付けをしているのですか

 そうですね、これもキャプテンが最初に言い出しました。野球の力量に関係なく誰にでもできることは、当たり前にできるようにしよう、ということですね。アップでのダッシュについても、チームで徹底的に意識してやっています。

――今年のチームでの、自分の役割をどう捉えていますか

 蛭間さんの後ろを打つので、自分の打撃がチームの勝敗に直結すると思っています。先日の筑波大とのオープン戦でも、初回のチャンスで自分が凡退してしまったことが負けにつながりました。リーグ戦でもそういった場面がたくさんあると思うので、自分にかかる責任がだいぶ増してくると思います。

――今の話にもありましたが、蛭間選手の後ろを打つのはどう感じていますか

 チャンスの場面で蛭間さんに回ってきた場合には、何らかの形で必ず自分に回ってくると思いながら、ネクストバッターズサークルにいます。そのときは、プレッシャーを感じるというよりも、もうやるしかないな、という気持ちでいます。高校2年のときも、現在ソフトバンクの野村大樹さんの後ろを打っていたので、そのときの状況と近い部分もあります。そのときから感じることとしては、後ろを打つ自分の存在がより大事になってくるという点です。というのも、自分が恐れられるようなバッターになれば、蛭間さん(高校のときであれば野村さん)で勝負してもらえるようになり、より手強い打線になると思うからです。

――来年は最上級生となる生沼選手ですが、中川卓也選手(スポ4=大阪桐蔭)や蛭間選手の幹部としての振る舞いをどう感じますか

どちらも、チームメイトが付いていくのに必死なぐらいの高いレベルを求めて、チームを引っ張ってくれています。なので、二人のことを見習う部分がとても多く、今のうちにいいところを盗んで、自分らの代に生かせるようにしていきたいと思っています。

――3年生の間で、来年のことについて何か話したりすることはありますか

 いや、特に今はないです。今やることに精一杯なので、先のことはあまり考えてないです。

――リーグ戦まで残りわずかとなりましたが、始まるまでに自分の中でやっておきたいことはありますか

 リーグ戦では何よりも結果が求められるので、失敗したときに自分の感情をコントロールできなくなることもあると思います。なので、今のうちに、自分の感情をコントロールすることを意識していきたいです。例えば、オープン戦で、チャンスでのいい当たりを捕られたときにいらつかないことだったり、逆に、調子がいいときに浮かれないことだったり、といったメンタル面での浮き沈みをなくしていきたいです。あとは、絶対に怪我をしないことです。特に、準備不足だったがためにする怪我は絶対にしないようにします。

――昨年はリーグ戦での出場機会がたくさんありましたが、そのことから得た経験で、今年に繋げたい部分はありますか

 今振り返ると、去年は、打席の中で少し力が入りすぎてしまっていたときもありました。なので、打席の中での力感は、去年の経験を踏まえて、なるべく力を入れすぎないようにしたいです。

――リーグ戦でのチームとしての目標はもちろん優勝だと思いますが、個人としての目標は何かありますか

 ベストナインということにしておきます。しっかり打って守れば、とれる賞だと思うので。

――リーグ戦では、自分のどこに注目して見てほしいですか

 右方向の長打じゃないですかね。右方向に大きいのを打てるというのが自分の長所なので、リーグ戦でもそれを発揮したいと思います。

――最後に、リーグ戦への意気込みをお願いします

 結果を求めるシーズンにしたいです。バットが折れてでも、どんな当たりでも、ヒットを打ちたいですし、どんなにかっこ悪い形でも、ボールをとってアウトにしたいです。これまでは過程や内容にこだわりすぎていた部分があったのですが、一発勝負の本番では、一発で結果を残せるようにしていきたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 スタンリー翔唯)

◆生沼弥真人(おいぬま・やまと)
2001(平13)年11月23日生まれ。182センチ、88キロ。東京・早実高出身。教育学部3年。内野手。右投右打。佐々木朗希投手(現千葉ロッテマリーンズ)ら同年代で活躍するプロ野球選手に刺激をもらっていると語った生沼選手。大学卒業後も野球を続けたいと考えている生沼選手のリーグ戦での活躍に期待です!

« 特集に戻る