メニュー

水泳部

2021.09.29

【特集】鈴木孝幸選手パラ事後対談

 この夏、1年の延期を経て開催された東京パラリンピック。この東京大会でパラ競泳主将として大会に臨んだ鈴木孝幸(平21教卒=現ゴールドウイン)は出場した全種目でのメダル獲得を果たした。その輝かしい結果の裏に隠されたものとは。鈴木のこれまでの歩みとパラスポーツ発展に向けた思いに迫った。

 

【前編】東京パラリンピックを振り返って 

「ここまでうまくいった大会は今までなかった」

 

【中編】これまでの歩みと行く末 

「今後は国際的な組織に関わっていきたい」

 

【後編】パラスポーツの発展に向けて

「噛めば噛むほど味が出てくるのがパラスポーツ」

関連紙面はこちらをご覧ください

東京2020オリンピックパラリンピック号(9/24)

(編集 小山亜美)