メニュー

準硬式野球部

« 特集に戻る

2021.04.09

【連載】準硬式野球部新歓企画 第3回 蒲原実希也×德廣快

 第3回は外部入学者2年生の二人組の蒲原実希也(スポ2=兵庫・神戸)、德廣快(文構2=東京・国立)にお話を伺いました!準硬式野球部員の中には外部受験、指定校推薦の入学者も多く在籍しています。外部入学のお二人はどのように準硬を知ったのでしょうか、そして入部して知ったその魅力とは。

――準硬式野球部に入部した理由を教えてください

蒲原 4年間、しっかりとした環境で野球を続けたいというのはありましたが、選手を続けられる環境で野球をしようと考えると準硬式野球がいいと思い、入部しました

徳廣 僕は浪人して大学に入ったので硬式野球部に入るという選択肢はなくて。それでも何らかの形で野球はやりたいなと思っていたので、サークルで野球をするか準硬式野球部に入って野球をするかどちらを選ぶかを考えたときに、グランドもしっかりとある上にレベルの高い準硬式野球部で野球をしたいと思い、入部しました。また、他大学で準硬式野球をやっている友人に勧められたというのも理由の一つですね

――浪人していても入部できる環境は整っていましたか

徳廣 そういった環境は整っていました。自分たちの代(2年生)には浪人経験者は他にいないのですが他の代にはいますし、特に推薦やセレクションで選手をとっているわけではないので、全員にチャンスは与えられていると思います

――お二人とも外部からの進学ですが、準硬式野球はどのようにして知りましたか

蒲原 自分は、父親が大学で準硬式野球をやっていたというのもあって、小さいころから準硬式野球というカテゴリーがあることは知っていました。早稲田の準硬式野球部は大学に進学するときに自分で調べるなどして見つけました

徳廣 自分の場合は、先ほども言ったように友人が他大学で準硬式野球をやっていたので、そこで知りました

――硬式野球ではなく準硬式野球を選ぶ決め手となったのは何ですか

蒲原 勉強など、野球以外のことにもしっかり時間を割けて、なおかつサークルとは違って厳しい環境で技量を高められる環境といったら準硬式野球部でしたね

徳廣 大学4年間で野球以外のことも経験してみたいと思ったことに加えて、自分の実力を考えると硬式野球部に入る勇気はなかったことですね

――準硬式野球部に入部して良かった点は何ですか

蒲原 やはり、同期も先輩もレベルが高い人が多いですし、野球をしっかりとやりながら授業やバイトといったいろいろな経験ができているので、それはすごくよかったと思います

徳廣 去年一度もキャンパスに通って授業を受ける機会がなかったので、準硬式野球部に入って友達が多くできたというのが準硬式野球部に入ってよかった点ですね

――逆に、準硬式野球部に入って大変だった点は何かありますか

徳廣 僕は浪人を1年挟んでいたので、入った当初の夏の練習が暑くて大変でした

蒲原 大変なことは特にないです(笑)

――勉強との両立はどのようにしていますか

蒲原 授業が長い日は無理をして練習に行かなくてもいいので、そういった日にその週の課題をまとめてやったりするなどしています。この時間は野球、この時間は勉強という風にスケジュールは組み立てやすいかなと思います

徳廣 基本的には授業時間に集中して授業を受けてその場で完結させて、それでも補えない予習や復習などはすき間時間といいますか、自分の体が楽な時間にやっています

――1年間活動してきて感じた準硬式野球ならではの魅力を教えてください

蒲原 体育会ではありますがものすごく厳しい上下関係があるわけではないですし、良い先輩方ばかりで初めからフランクに接してくださるので、人間関係などの野球以外の面での心配はなく活動できています

徳廣 体育会でありながら高校時代と比べて練習時間が短く、自由時間が多く与えられていると思うので、自分の好きなように時間の組み立てができるというのがありがたいかなと思います

――この1年間で成長した点を教えてください

蒲原 練習時間が短い分全体練習が終わった後にみんな自主練習に時間を割くのですが、高校とは違い平日から指導者がいる環境ではないので、自分で考えたり先輩や同期に教えてもらったりしながら頭を使って野球をするようにはなりました

徳廣 早稲田実業などの野球が強い高校出身の選手と一緒にプレーすることも多いので、そうした選手から刺激を受けられたことは大きかったと思います。また、今まではずっと練習の補助をしていることはなかったので練習の補助に回る経験を下級生のうちにしっかりとできたというのは大きいかなと思います。

――現在頑張っていることや目標としていることがあれば教えてください

蒲原 個人としては春のリーグ戦中にどこかのタイミングでベンチに入るということと5月の新人戦でしっかりと活躍することを目標にしています

徳廣 個人の目標は蒲原と同じですね。自分はまだリーグ戦でベンチに入ったことがないので、アピールをして春季リーグでベンチに入れたらいいなと思います

――最後に、新入生に向けてメッセージをお願いします

蒲原 下級生でもしっかりプレーできる環境はあると思うので、ぜひ入部していただいて一緒にリーグ優勝、全日本大学選手権制覇を目指しましょう

徳廣 1年生もすぐに練習に入れて、活躍するチャンスは平等に与えられていると思うので、これから一緒に頑張っていきましょう

(取材・編集 渡邊悠太、写真 小山亜美)

« 特集に戻る