メニュー

準硬式野球部

« 特集に戻る

2021.04.07

【連載】準硬式野球部新歓企画 第2回 斉藤大志×春名真平

 第2回は早大附属高出身である2年生の二人組春名真平選手(教2=東京・早大学院)、斉藤大志選手(法2=埼玉・早大本庄)にお話を伺いました!準硬式野球部員の中には内部進学者も多く在籍しています。内部進学のお二人はどのように準硬を知ったのでしょうか、そして入部して知ったその魅力とは。

――準硬式野球部に入部した理由やきっかけは何ですか

春名 自分は、高校3年生の時に早稲田大学の準硬式野球部が全日本大学選手権で優勝したのを新井さん(健太、商3=早大学院)もいたので知っていて、強いチームの中で自分も高いレベルの中で野球をしたいなと思ったので準硬式野球部を選びました

――春名さんは早大学院出身と内部進学ですが、どのように準硬式野球部を知りましたか

春名 自分は高校生の時に準硬式と練習試合などもしたので、準硬式の存在自体は高校生の頃から知っていて、新井さんがいたので準硬式に入ったという感じですね

――硬式野球部ではなく準硬式野球部を選んだ理由は何かありますか

春名 自分は将来教員になりたいと思っているので、文武両道ではないのですが教員免許を取るにあたって硬式野球部ではなく準硬式野球部の方が集中できるかと思い、準硬式野球部を選びました

――準硬式野球部に入部してよかった点は何かありますか

春名 先ほど言ったことにもつながるのですが、自分がやりたい教員という仕事に対しても全力を注ぐことができ、なおかつ高いレベルで自分の野球のレベルも上げることができるのが準硬式野球部のいい点かなと思います

――逆に準硬式野球部に入って大変だったことはありますか

春名 自分は硬式野球から準硬式野球に入ったので、準硬式のボールに慣れることが大変でした。打つ方は硬式と準硬式であまり変わらないと思いますが投げるほうは少し変わるかなと思います

――先ほども文武両道という話がありましたが、勉強との両立はどのようにしていますか

春名 部の考え方が「勉強も大事にする」という考え方で平日も授業優先という形になっているので、強制的に練習に出なければいけないというわけではなく、授業がない時間帯などを上手く活用しながら文武両道を実現できているのではないかと思います

――ここまで1年間活動してきて感じた準硬式野球ならではの魅力は何ですか

春名 自分は、他の部活と比べて準硬式野球部は先輩後輩の仲がすごく良いと思っていて、チーム全体で一つの目標に向かっていくというのは準硬の良いところなのではないかと思います

――この1年間で成長した点を教えてください

春名 自分は、野球の技術面では全体的に成長したのかなということと、今は学年リーダーというのをやらせてもらっていて、学年のことも考えながらやらないといけないので視野は広がったかなと思います。そこが1年間で成長できた点ですね

――現在の目標や頑張っていることを教えてください

春名 1年生が入ってくるので、そうした1年生の手本となれるような選手になって、チームの目標である全日本の優勝に向かっていけたらなと思います

――最後に、新入生に向けてメッセージをお願いします

春名 準硬式野球部は誰でも気軽に入ることができる部活なので、少しでも興味があったり高いレベルで野球をしたいと思ったりしたらぜひ一度来てほしいなと思います

※内容を予定と一部変更して掲載しております。ご了承ください

(取材・編集 渡邊悠太、写真 小山亜美)

« 特集に戻る