メニュー

ハンドボール部

« 特集に戻る

2019.11.07

【連載】インカレ直前特集『戮力協心』 最終回 全日本学生選手権展望

 早大男子ハンドボール部連載、インカレ直前特集『戮力協心』。最終回である今回は全日本学生選手権(インカレ)の展望をしていく。関東学生春季リーグ(春季リーグ)、同秋季リーグともに9位に沈み、入れ替え戦に回ってしまうなど悔しさを味わってきた。僅差での敗北が続き、苦しい展開に悩まされてきたワセダセブン。収穫や課題を存分に生かし、『戮力協心』で相手に立ち向かう。今回は彼らの戦力を振り返っていく。

  まずはオフェンス陣から見ていこう。早大オフェンス陣は春から課題にあがっていた「速攻のつなぎ」を重点的に強化してきたため、速攻での得点が早大勝利の一端を担う。しかし、秋季リーグではセットオフェンスで攻めあぐねてしまう場面もあったため、そこをいかに改良していくかもカギとなるだろう。春から秋にかけて調子を上げている清原秀介(商4=東京・早実)のキレのあるサイドシュートや、速攻への持ち込みはチームの得点の起点になるはずだ。また、同じ4年生で重要な得点源となる宮國義志(社4=沖縄・浦添)はセンタープレーヤーとして早大に欠かせない存在。冷静なゲームコントロールもさることながら、自身でも積極的に得点を狙っていく。対談で宮國がキーマンとして挙げた前田理玖(スポ3=福井・高志)と山本慶(スポ3=長野・屋代)も早大オフェンス力を支えているプレーヤーだ。高い身体能力を生かした前田のアグレッシブなプレーは一気に早大の流れを引き寄せていく。「セットオフェンスを打開する(中村祐 スポ3=北海道・札幌西)」と評される山本の1対1や、他プレーヤーへの攻撃のチャンスを与え、得点源を広げていくプレースタイルからも目が離せない。また、同学年の阿南遼星(スポ3=大阪・大体大浪商)も投入された際、試合の流れを変える1点を作ることが期待される選手だ。2年生の青沼健太(社2=千葉・昭和学院)も下級生ながらも力強いミドルシュートで奮闘してくれることだろう。

清原主将ら4年生の勇姿に注目だ

 もちろんディフェンス陣の活躍も必要不可欠だ。ディフェンス専門のプレーヤーである岡本隼(商3=滋賀・彦根東)や原遼太(スポ3=岡山・総社)、福田友貴(スポ2=神奈川・法政二)は持ち前の運動量を生かし相手の攻撃の芽を潰していき、『堅守速攻』の『堅守』を体現する。遠藤瞭(スポ3=神奈川・法政二)も早大守備力に貢献しつつ、得点にも絡んでいくことが期待される。また、ポスト陣である中村祐貴(スポ3=北海道・札幌西)や髙橋幸太(法4=東京・早大学院)もペナルティを狙っていく一方、果敢に得点を狙っていく。そして、守備の最後の砦を守るのは守護神・羽諸大雅(スポ4=千葉・市川)だ。「彼の活躍が必要不可欠」(宮國)という意見が多くの選手から見受けられるほど、絶大な信頼を寄せられる羽諸。粘りのあるディフェンスを抜けた先で待ち構え、早大のゴールを守る。また、同じGKである中村匠(スポ2=千葉・市川)も羽諸同様にしっかりと早大のゴール前で相手シュートを弾き切る。

ディフェンス陣は幾度もピンチを救っている

 やはりインカレの舞台で重要になるのは4年生の活躍だ。ほかのプレーヤーからも「4年生には笑顔で終わってほしい」「悔いのないようなプレーをしてほしい」という声が多く上がっていた。山下翔平(人4=石川・金沢桜丘)はポストから強靭な体格を生かしたプレーで相手オフェンスをしっかりと止めに行き、小林春慶(スポ4=長野・屋代)も自身の脚力を生かし果敢にサイドシュートで攻め込んでいく。清原や宮國、高橋、羽諸も攻撃、守備両面でチームをけん引し、4年間のハンド部への思いと4年生ゆえのプライドを背中で見せていくことだろう。

一戦一勝でワセダ魂をみせつけろ

 「後悔を残さず終われるように全力でやり切りたい」。清原主将のこのコメントには部員全員の思いが詰まっていた。新体制となり、思うような結果を残せないことが多かった。風当たりも、強かった。しかし、彼らの目線は下には落ちていない。4年生率いる早大ハンド部はただ前を、『勝利』を目指している。そして、今までの糧が生きる時を迎えているのだ。4年生の、このチームの集大成であるインカレ。負けた瞬間、彼らの戦いに幕は閉じてしまう。しかし、彼らは確固たる信念を胸に、大舞台に一歩を踏み出すのだ。

(記事 栗林真子、写真 稲葉侑也、栗林真子)

 

« 特集に戻る