メニュー

ハンドボール部

« 特集に戻る

2019.11.06

【連載】インカレ直前特集『戮力協心』 第5回 岡本隼×遠藤瞭×原遼太×福田友貴

 第5回は遠藤瞭(スポ3=神奈川・法政二)、岡本隼(商3=滋賀・彦根東)、原遼太(スポ3=岡山・総社)、福田友貴(スポ2=神奈川・法政二)にお話を伺った。早大には必要不可欠であるディフェンス陣として活躍し、チームを支える4人にインカレに向けた心境を語っていただいた。

※この取材は11月4日に行われたものです。

「速攻で攻めれた部分が大きかった」(岡本)

秋季リーグでの収穫を話す岡本

――関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)を振り返ってみていかがですか

岡本 結果を見ると春と変わらないんですけど、試合の内容とか含めると速攻で攻めれた部分が大きかったので、そこは良かったなと思います。ただ、春と比べてディフェンスメンバーはセットディフェンスで守れていなかったのかなというのが反省点です。

遠藤 速攻というのは春リーグから東日本インカレを挟んで実践的な感覚で取り組めた結果、秋リーグでその成果が出たのかなというふうに思ったんですけど、速攻は行けてもセットオフェンスで攻めれなくて逆速攻を食らっちゃう場面も多かったので、そこは反省しなければいけないし、インカレに向けて改善しなきゃいけないところだと思いました。ディフェンスも中でコミュニケーションをとるようになったんですけど、まだまだ意識の共有ができていない場面もあるので、あと2日しかないんですけど、残りの練習の中でその点を意識できればうまくなるのかなと思ってます。

 真面目なお二人が言ってくれたので特にないんですけど、盛り上がれているときは良い試合ができているので、盛り上がれてない時にどれだけその時間を短くできるかというのが課題かなと思います。

福田 接戦で負けちゃってるので、ここ1本の集中力かなと思います。

――ご自身のプレーについてはいかがですか

福田 僕は最近点を取りたいなって思い始めてて。リーグで一本もシュートを打ててないんですけど、ディフェンスの人ってシュートを打つ機会がないので、速攻とかでシュートを取りに行けるようにしたいなって思ったリーグでした。

 僕ももうちょっと点に絡めたら良かったのかなと思いますね。

遠藤 試合に出れない時期があったりして、その時期を打開するのは大変だったし、その時期の自分の行動も含めて秋リーグで反省しなきゃいけないと思いました。あとは、この二人が言ったように僕も点を取りたいなと思います。リーグ中取ったんですけど、幻の2点になっちゃったので公式に点が取れるように。

一同  (笑)。

岡本 筑波大の平尾(克己)ってキーパーから点を取りたいってずっと思ってたんですけど、筑波大戦で1点取れたのでそこは満足です。

「ターニングポイントみたいなものになった」(遠藤)

遠藤の印象に残っている試合は立大戦だった

――秋季リーグで印象に残っている試合はありますか

岡本 やっぱり中大戦が唯一結果的には勝った試合で、勝つってうれしいなって純粋に感じたので印象に残ってます。

遠藤 立大戦が久々の出場でしたし、得点も公式ではないですけど取れていたので、そこが一個のちょっとしたターニングポイントみたいなものになったというところでは、一番印象に残ってます。

 最後の日大戦は、僕は諸事情でベンチから外されたので。それでチームも負けてしまったので印象っちゃ印象に残ってますね。

福田 僕は…。

 お前あれは?レッドカード出たやつとか。

福田 ああ(笑)。筑波大戦で初めてレッドカードというものをいただいてびっくりしました(笑)。

一同  (笑)。

福田 (レッドカードが出ると)ベンチから出なきゃいけないんですけど、忘れてたので急いで外に出て、その時に日体大の人に「あれレッドじゃないよな」って話しかけられたのが一番印象的でした。

――春と比べてチームが成長したと思える点はありますか

福田 速攻の意識が一番変わったのかなと思います。はい。

岡本 おい(笑)。

 義志(宮國 社4=沖縄・浦添)さんはめっちゃ点を取ってましたね。以上です。

一同  (笑)。

遠藤  僕らって結構分析をしてディフェンスで話し合いをするんですけど、それの意識は春とかはなかったと思うんですけど、秋はちょっとだけ「ここで勝負させたいからこうしよう」とかっていう動きが出てきた気はします。でも、まだまだなのでもう少し頑張れるかなと思います。

岡本 春リーグ前とか4年生が就活で抜けたりしてて、人数があまりそろってない場面もあったんですけど、秋リーグは就活も終わって4年生の意識が高くなってチームとして良い雰囲気になったかなと思います。

――ハンドボールを始めたきっかけは何ですか

岡本 中学校に入った時に創部2年目のハンドボール部があったというのと、競技人口が少ないって言われたこともあってハンドボールを始めました。

遠藤 僕は母親が中学校のハンドボール部の顧問をやってまして。

 え!そうだったの?初めて知った。

遠藤 (笑)。保健室の先生でもあったんですけど、それにプラスしてハンドボール部の顧問、みたいな。小さいころよく部活に嫌でもついて行かされたりしてたんですけど、小学校の時に市内にあったハンドボール教室に嫌だったけど行かされてました。習い事が多すぎたんですよね。まあそこから続いてるって感じです。

 僕は小学校6年間水泳をやってたんですけど、引っ越しして転校するってなった時に、水泳も飽きたし別のスポーツをやろうと考えてて。本当はサッカー部に入りたかったんですけど、うちの中学にサッカー部がなくて、その代わりにハンドボール部があったので入りました。

福田 僕は小学校4年生ぐらいの時に、知人に誘われて「たけのこ会」っていうお遊びみたいなところに入りました。たけのこ会結構有名なんですよ。

 ハンドボールのクラブ?

福田 そうですね。ほかにもバレーボールとか一応ありましたね確か。

――お互いの第一印象についてはいかがですか

岡本 じゃあ一旦福田の第一印象から言うことにする?

福田 メンタルが…。

一同  (笑)。

遠藤 僕は福田とは高校一緒なんですけど、高校の時も僕の隣を守ってくれていたので、そうですね、こんなイケメンが来るとは思ってなかったですね。あと本当はもっとおとなしかったんですよ。本当にいい子だったんですよ。

岡本 え?いつ弾けた?

福田 中学時代で、こう、押さえつけられてたんで…。徐々に…。

一同  (笑)。

遠藤 大学入ってから誰だこいつってなったけど、頼りになる後輩だと思ってます。

 俺はあんまり覚えてないな…。

岡本 鬼陽キャのパリピじゃね?

一同 (笑)。

 入部当初からそんな感じだっけ(笑)。

福田 いや、僕は真面目で通そうと思ってたので。

遠藤・岡本 嘘つけお前!

福田 (笑)。いや、なんか着てた法政二高のTシャツが蛍光色だったんですよ。それを着ちゃうことで、真面目なのに「あいつやばいな」って思われるっていう。当時の女子部の4年生に嫌われてたっぽいです。

一同 (笑)。

――原選手への第一印象はどうですか

岡本 静かな奴だな~って。ごめん(笑)。

 影薄いんで、僕。練習中とか。

岡本 最初はトレーナーとして入ってきてたもんな。

福田 僕が入ってきたときには遼太さん腰をけがしてて、プレーはしてなかったですね。

――それは山下(翔平 人2=石川・金沢桜丘)選手の…

 あ、言ってました?留学帰りの翔平さんが参加した初日の練習で僕が生贄になるっていう。

一同 (笑)。

遠藤 アメリカ仕込みのハードタックルね。

 7か月ほどのけがを(笑)。

遠藤 (原の)印象ってこのまんまなんですよね。

岡本 小畠(夕輝 平31年スポ卒=岡山)さんが「あいつはディフェンスがめっちゃうまい」って言いまくってたので、「へぇ~」って思ってました。

遠藤 どんなマッチョなやつが来るかと思ったら…。

 僕は最初の方みんなと絡んでなかったので、印象に残ってないんですよ。いいですよ、僕のことは。

一同 (笑)。

お互いの第一印象の話題で笑顔を見せる4人

――遠藤選手についてはいかがですか

岡本 僕は早めに部に入るって決めてたんですけど、その時にわかってたのが遠藤君だけだったので、LINEをしてたんですけど「良いやつだな」って印象はありましたね。

遠藤 (笑)。でもそうだよね。僕も最初ハンド部入るってなった時に、「あなた一人しかいないよ」って言われて…。「このままだと一人だからあそこの寮に入って頑張ってね」って言われてた時に(岡本が)現れたので、「ああ、良かった」って(笑)。

 一人は絶対ないでしょ(笑)。

遠藤 いや、でも本当に決まってなかったぽいよ。だからこんなに(部員が)集まるとは思ってなかったので…。最初寮で(岡本と)同じ部屋だったんですよ。

岡本 まあ色々あったんですけど仲良くなりました。

一同 (笑)。

 なんか、ぱっと見怖いじゃないですか。絶対。でも意外にいいやつなんで、ギャップはありましたね。中身は普通に優しい男の子なんですよ。

遠藤 なにそれ(笑)。

福田 中学のころ高校生の試合を見に行った時に瞭さんが出てて、肩幅とかめちゃデカくて、本当に。上から見てたので、「すごいでかいな、身長180センチ越えてるのかな」って思ってたんですけど、意外と小さいっていう(笑)。

一同 (笑)。

福田 (笑)。でも高校時代から優しい先輩でしたね。

岡本 高校時代のすごいあだ名は?

福田 …ブルドッグ。

一同 (笑)。

遠藤 番犬でした。

――岡本選手についてはいかがですか

遠藤 はじめて会った時にめちゃめちゃ黒い奴いるなって、先輩だろうなって思ったらこいつでした。本当に努力家なんですよ、ずっと見てましたけど。あと考えてることを言わないっていう。本当は良いこと思ってるのに言わないです。そこは言ってほしいなって思います。

 ハーフなのか純日本人なのかどっちなんだろうなって疑問はずっと抱いてました。どっちとも言えない顔をしてるので。…そのぐらいかな。

一同 (笑)。

福田 紺碧寮ってお風呂はみんなで入るんですけど、隼さんの身体を見たときにすごいバキバキで。大学で部活やってたらこうなるのかなって思ったのが第一印象です。全然僕はそうならなくて…。ちょっとやばいです(笑)。

――各学年の印象についてはいかがですか

岡本 1年生は…仕事頑張って。

福田 印象なのそれ(笑)。

遠藤 まあミスとか見つけたくないもんね。

 伸びしろですね。これからなので。

岡本 期待してるよね。

 あと真面目な人が多いんじゃない?

岡本 めっちゃウエイトしてるイメージ。あと同期でディズニー行ってますよ。

福田 でも、あれって彼女持ちのお二人が行ってないんですよ。

一同 (笑)。

――2年生についてはいかがですか

遠藤 2年生うるさいですよ~。問題児が多い。

岡本 なめてるよな基本的に。

 キャラが濃いね。2年生はね。自分から見た2年生はどうなの?

福田 一番まとまりあるなって。まとまりでしかない。

遠藤 まじで言ってる?(笑)

岡本 本当に?(笑)

 でも差が激しくない?よく発言する人としない人みたいな。おとなしい人と激しい人との差がありますね。

岡本 確かに集まりでしゃべらん人はいるな。

遠藤 こいつ(福田)らの前ではしゃべるんじゃない?

福田 先輩の前ではしゃべらないけど、同期の前ではめちゃ面白いっていうのはありますね。

――これからかもしれないですね

福田 そうですね、これから爆発するかもしれないです(笑)。

――3年生についてはいかがですか

福田 3年生は僕からすれば一番個性的なのかなって思いますね。一番ハンドボールの意識が高い代なのかなって。見た感じ。

岡本 見た感じ(笑)。

 でも仲はいいよね。

遠藤 こいつに対しては言えないみたいなのはないもんね。

 そういう面では2年生と逆じゃない?ほぼ横一線みたいな。

遠藤 珍しいらしいんですよ。結構人数が多い代なので、まとまりづらいみたいな話を言われてたんですけど、なんだかんだ一つの方向には向いてる気がするんで。

 誕生日もみんなでお祝いするもんね。

遠藤 僕が誕生日係なのでプレゼントはぜんぶ買ってますね。でもさすがにちょっと厳しくなってきたんで、ことしからはちょっと変えていきたいです。

――4年生についてはいかがですか

遠藤 4年生は本当にまじめな方々が多いですね。

岡本 会議とか好きじゃない?よくやってる印象があります。

 固いですね、4年生は。99%ぐらい。

遠藤 やっぱり大変だと思うんですよ。これだけの人数がいて、個性が強すぎる面々もいる中で、少ない人数でまとめてくれてるっていうのはありがたいです。普段は言わないんですけどね、4年生にこういうことは。僕ら来年チームが変わって4年生になったらそういうことをやると思うんですけど、やっぱりちょっと見習わなきゃいけないと思いますね。感謝してますし、最後インカレで笑って終わってくれたらいいですね。

岡本 感謝してます。

遠藤 でも4年生も仲いいですよ。僕らはどこかに行くってなったら近場を探しますけど、4年生は車借りて行っちゃうんで。アクティブですね。

――オフの日は何をしてますか

岡本 そうですね、基本的には

遠藤・岡本  寝てますね。

一同 (笑)。

岡本 遠藤君は同部屋だからわかるんですけど、本当に寝てるので…。

遠藤 起こさなかったらずっと寝てますからね。

岡本 まあでも紺碧寮なので、いっぱい入ってる人がいるので、そのメンバーでどこか出かけたりというのはありますね。あとは長いオフになると、夏とかはBBQ行ったり海に行ったり。ほどほどに楽しいことをしてます(笑)。

遠藤 僕は最近ゲームを買ったので、原ちゃんも含めてハンド部のゲーム仲間で遊んでます。あと僕もやっぱりどこかに行くのが好きなので家にはいないようにしてます。

 これと遊びに行ったりはしないの?(小指を立てる)

岡本 これというのは(笑)。

福田 うわさのですか(笑)。

遠藤 行くよ?行くけど(笑)。とにかく家にいないように…。

 え、どれぐらい遊びに…。

遠藤 黙ってまじで!(笑)

 僕も基本的には家にいますね。面倒くさがりなので、僕は。気分屋なので自分が外に出たいと思った時にしか外に出ないんですよ。だから誘われても、今日はちょっとな~ってなっちゃうので(笑)。

福田 僕は最近はダイエットをしようかなって…。体重がちょっとやばいので、今。80キロ越えちゃってるんですよ。

――それは筋肉ではないんですか

福田 いや、多分脂肪が…。

一同 (笑)。

福田 身長が176ぐらいなのでだいぶやばいんですよね…。

 重くなったなとかあるの?身体。

福田 あまり感じないんですけど、ランの時がちょっと最後が苦しいなって。20メートルぐらいのところで苦しくなってくるので、痩せたいなと思ってます。

 お前はどれぐらい遊んでるの?これと。(小指を立てる)

福田 僕はぼちぼち…(笑)。週1ぐらいです。

――趣味や好きなものを教えてください

福田 友達とご飯に行くことですかね。

 アニメとか映画は結構好きですね。最近はPSYCHO-PASSの3期を見てます。アニメとか映画はアマゾンプライムで見てますね。

遠藤 最近は自分でスニーカーとかに色をつけるのが好きなので、それの動画を見てます。

 え、もうやった?

遠藤 やった。色とか付けてもはがれちゃうんで、もう一回はがして色を付けなおして。今日空(菅野 教3=神奈川・川和)にあげるやつとかそうです。

岡本 増量を最近したいなって思ってます。食事が苦手なんですけど、だからこそ好きなものを食べようと思って。秋なのでサツマイモとか甘いものがいっぱい売ってるので、食べさせてもらってます(笑)。

 趣味「食事」って(笑)。

一同 (笑)。

遠藤 いいな、美食家みたいで(笑)。

――逆に苦手なものやことはありますか

岡本 食事が…(笑)。

一同 (笑)。

 僕も食べることに関しては全然ストイックじゃないので、昨日とかも一食しか食べてないです。アスリートとしてそれはちょっと苦手かなと思います。

福田 僕は反対に、「ここでやめろ」って心で思っててもおなかもすいてないのになぜかもう一杯よそって食べちゃうっていう。なんか本当に最近止まんなくなっちゃって(笑)。本当にそろそろやばいかなって思います。

遠藤 高校めちゃめちゃ食べてたので、食べれる方だと思ってるので、限度がないというか。逆に分けてあげたくなるぐらい食欲があるので、二人に。僕も食べすぎちゃうことはあります。

 みんな食事のことじゃん(笑)。

遠藤 あ、あと本を読むことが苦手です。ずっと読んでられないので、一冊の本を読み切ったことがなくて。そこは将来に向けて克服しなきゃなって。読めるでしょ?一冊ぐらい。

 読めるよ。

福田 俺は読めないです。

一同 (笑)。

福田 「あ、これ面白そう!」って買うじゃないですか。で、10ページぐらい読んで「もういいや」みたいな(笑)。

――インカレの組み合わせをご覧になっていかがでしたか

 悪すぎることはないんじゃないかなと思いました。良いところってそんなにないですし。

遠藤 中京大もフィジカルありますし、過去にインカレで負けたりしてる相手なんですけど、勝てば勢いがつくのかなと思ってるので。でもいいとも言えないし悪いとも言えないですね。

福田 日本一を目指しているならどことも当たる可能性はあるので、それが早いか遅いかの差なのかなと。

岡本・遠藤 かっこいい(笑)。

福田 やばいな今の(笑)。

岡本 俺は日体大が怖いけどな。日体大のポストがとても厳つくて…。ほかの人には優しい人なのかもしれないですけど、試合中はずっと厳ついので(笑)。バチバチしちゃうので、頑張ろうって思ってますね。

「意外に波に乗れると思う」(原)

インカレでのキーマンを語る原

――インカレでキーマンになりそうな選手はいますか

遠藤 4年生ですね。キーパーの羽諸(大雅 スポ4=千葉・市川)さんをはじめ、キャプテンもすごい調子あがってきてますし、義志さんもやっぱり秋リーグのまま点を取ってくれればありがたいと思います。幸太(髙橋 法4=東京・早大学院)さんと翔平さんもポストで支えてくれてますし。

岡本・原 あと一人、あと一人…!(小声)

遠藤 そうやって言ったらさ!言おうとしてたのにさ!(笑)

福田 忘れてたタイプの…。

遠藤 違うわ、言おうとしてたじゃん(笑)。春慶(小林 スポ4=長野・屋代)さんもすごい闘志あふれる人なので、その熱をもらって動ける人もいると思うので。4年生が一番キーマンになってくれるのかなと思ってます。

岡本 そうですね。

 僕は青沼(健太 社2=千葉・昭和学院)と匠(中村 スポ2=千葉・市川)です。2年生で割と試合にも出てるメンバーなので、これからのことも考えたらいい経験を今年してもらいたいなと思います。彼らが活躍すればチームも意外に波に乗れると思うので。

福田 青沼ですね。同期として活躍してほしいですね。

岡本 やっぱり前田理玖(スポ3=福井・高志)君が爆発してくれるとその勢いでチームを引っ張ってくれると思うので。あと前田君のプレー好きなんで、活躍してほしいですね。

――チームとして今回のインカレに向けてどのようなプレーをしたいですか

 堅守速攻じゃない?

岡本 そうだな。俺らは守るだけだからな。守って速攻で流れを引き寄せたいと思います。

 後はセットオフェンスでできるだけミスを減らして、失点を無くせれば、どのチームともいい試合ができるんじゃないかなと思います。

「集中して、貪欲にやっていければ」(福田)

インカレへの意気込みを語る福田

――最後にインカレへの意気込みをお願いします

岡本 まだ3年生なんですけど最後の試合という気持ちで、チーム一丸となれるように頑張ります。

遠藤 4年生のためにも頑張ろうと思いますし、謙虚に自分のできることを忠実にできたらいいなと思います。

 僕らはまだ来年があるんですけど、4年生は最後なので、4年生が気持ちよく終われるように。あとは来年への糧になればなと思います。

福田 今までお世話になってきた4年生のためにも、もし試合に出る時があればしっかり集中して、貪欲にやっていければいいなと思います。

――ありがとうございました!

(取材・編集 栗林真子、小松純也)

目標やインカレへの意気込みを書いていただきました!

◆遠藤瞭(えんどう・りょう)(※写真左端)

1998(平10)年6月9日生まれ。175センチ。神奈川・法政二高出身。スポーツ科学部3年。強靭なフィジカルを生かし、敵の攻撃の芽をつぶす遠藤選手。守備のみならず積極的にシュートも狙います。対談中は優しく思いやりにあふれ、かつ器用な一面を見せてくれました。インカレでもチームの守備を支えます!

◆岡本隼(おかもと・じゅん)(※写真中央左)

1998(平10)年5月4日生まれ。181センチ。滋賀・彦根東高出身。商学部3年。早大ディフェンスには必要不可欠な存在となっている岡本選手。そのディフェンス能力には絶大な信頼が寄せられます。持ち前の運動量で、インカレの舞台で相手オフェンスにぶつかっていきます!

◆原遼太(はら・りょうた)(※写真中央右)

1997(平9)年6月2日生まれ。170センチ。岡山・総社高出身。スポーツ科学部3年。早大の守備力を支えるディフェンダーの原選手。対談中は穏やかに落ち着いた様子で語る姿が印象的でした。インドア派な原選手ですが、試合では熱いプレーを見せます。相手オフェンスを圧倒し、チームの得点源を生みます!

◆福田友貴(ふくだ・ゆうき)(※写真右端)

1999(平11)年12月11日生まれ。176センチ。神奈川・法政二高出身。スポーツ科学部2年。2年生ながらそのディフェンス能力に信頼が寄せられている福田選手。入れ替え戦でのゴールパフォーマンスはとても印象的でした。持ち前のフットワーク力を生かし、相手オフェンスを潰しに行きます!

« 特集に戻る