メニュー

野球部

« 特集に戻る

2019.10.31

秋季早慶戦直前特集『闘将』 第7回 檜村篤史副将

 2年時からコンスタントに試合に出場し続けている、誰もが認める実力者、檜村篤史副将(スポ4=千葉・木更津総合)。だが今季は一本が遠く、安打が出ない日々が続く。 早大の背番号『1』を背負う者としてこのままでは終われない。最後の大一番を控えた今の心境、そして早大野球部で過ごした日々に迫る。

※この取材は10月23日に行われたものです。

「最後何とか意地を見せたい」

取材に応じる檜村

――開幕戦は黒星スタートとなりましたが、振り返っていかがですか

 リーグ戦が始まる前から法政、明治との二カードは絶対に落とせないって話して臨んだ試合だったんですが、2連敗してしまって、スタートとして良くなかったなと思います。

――開幕3連敗の後チームで話し合ったとアンケートにありましたが、どのようなことを話し合われたのですか

 打ててないので何とか打てるようにしようというのと、雰囲気があまり良くなかったので、打てなくても全力ダッシュでベンチに帰って来るとか、守備位置にしっかり走って行こうとか、そういうことを話していました。

――檜村選手自身が何か提案されたり、話したりされたのでしょうか

 提案はなかったですね。反省として、やはり凡打の時にしっかり走れていなかったりしたので、そういうところはちゃんとやろうというのは言いました。

――明大から勝ち点を取れたのは大きかったと思うのですが、振り返っていかがですか

 明大の初戦負けた後に、グラウンドに戻ってバッティングをやったのがまずいつもとは違う形で、あとは試合の入りからいい雰囲気で、試合中もベンチがすごい盛り上がっていたので、そういうところが勝てた要因かなと思います。

――立大戦は勝ち点を落としてしまいましたが、今のチームの雰囲気はいかがですか

 負けてしまったので結構落ちてしまっていた部分はあるのですが、4年生は早慶戦でラストなので、最後何とか意地を見せたいという雰囲気にまとまってきていると思います。

――リーグ戦全体を通して、投手陣が粘っていてもそれをなかなか助けられない試合が多かったように思いますが、檜村選手はどう感じていますか

 本当にその通りで、ピッチャーが粘ってくれていても打者陣がなかなか1点取れなくて、本当に申し訳ないなという気持ちです。

――開幕前の対談で、「打席で迷いがあってあまり調子が良くない」とおっしゃっていましたが、その時期と今を比べて、ご自身の中で変化したことはありますか

 そうですね、調子自体は変わってはいないのですが、ただオープン戦と比べると落ちているのかなと思います。なかなかヒットが出ていないので、打席の中で迷いがさらに増えているのかなとは思いますね。

――うまくいかない原因はどのように分析していますか

 まずはバットが振れていないというのが一番で、いい時の自分のスイングじゃないなというのが大きいです。

――メンタル面は関係ありますか。小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)からは「もしかしたらドラフトを気にしているのかな」という声もありましたが

 意識はしていたのですが、それ以前にスイングが全然振れていないので、そこが大きいですね。ヒットが全然出ないので、そこでメンタル的にきつい部分はありました。

――その中で、監督や徳武定祐コーチ(昭36商卒=東京・早実)からどのような声を掛けられますか

 徳武さんはバッティングを見てくれていたので、こうした方がいいというアドバイスをくれたり、練習中もつきっきりで見てくれたりしました。小宮山監督は試合終わりに監督室に呼んでくれて、「今まで調子こんな落としたことあるのか」と気にかけてもらったり、「もっと思いっきり振ってけ」と言われたりします。あと、立大2回戦で打てなかった試合後に、室内練習場でバッティングピッチャーを監督がやってくれましたね。

――チームメートと打撃のことで相談も含めてお話しされることはありましたか

 福岡(高輝、スポ4=埼玉・川越東)は練習中も打撃を見てくれて、「ここはこうなっている」とか教えてくれました。

――チームメートに普段からあまり相談とかはしないタイプですか

 する時はするんですけど、今回はしてないですね。スイング自体がうまくいっていないのが一番問題で、他のところをいじっても変わらないんじゃないかなと思ったので、あまり周りには聞いていないですね。

――打率など数字の面での成績は気にされる方ですか

 そうですね、気にしてたんですけど、今もう落ちるところまで落ちたので、今はそんなに気にしていないですね。

――とにかく塁に出ようという気持ちが強いですか

 そうですね、はい。

「やっぱりプロは行きたい」

開幕戦・法大1回戦で安打を放つ檜村

――早大野球部に入りたいと思ったきっかけは

 高校の監督が早稲田出身で、高校に入った時から話を聞いていましたし、あとは早稲田大学という名前がすごいというのは昔から思っていたので、そういうところから行きたいなと思うようになっていました。

――振り返ってみて、どんな四年間でしたか

 入りたての頃は、4年生がすごくうまくてレベルが違っていて、ここでやっていけるのかなという不安な気持ちでした。1年生の時はベンチも入れず苦しかったのですが、2年生の時から試合に出させてもらえるようになってここまでこられたので、しっかりやっていればできるようになるんだなと思います。

――四年間で一番苦しい時期はいつでしたか

 今もきついですけど、1年生の頃の方が辛かったですね。仕事とかあったり、できていないと上級生に言われたりして、やめたくなった時期もありました(笑)。

――そういう時に支えられた人はいましたか

 皆いっぱいいっぱいだったので同期にはいないですけど、高校の友達とかにいろいろ話していて、まあアドバイスとかはないですけど(笑)、吐き出すみたいな感じでよく話していました。

――2年生の時から試合に出場される中で、期待に応えなくてはというプレッシャーとかは当時あったりしましたか

 2年生の頃は、プレッシャーっていうより緊張の方がありましたね。何とかしなくてはいけないとか、ミスできないなとか。

――影響を受けた先輩はいますか

 石井さん(一成、平29スポ卒=現北海道日本ハムファイターズ)はかっこよかったですね。自分たちが朝グラウンドの整備とかしている時に、練習始まる30分前くらいに来て、サングラスをかけて外野ランニングしているのを見ていて、4年生ってこんなにかっこいいんだって思っていました。

――石井選手にアドバイスされてよく覚えていることはありますか

 一度守備で後ろを守っていて、送球の時に、左足の着地がちゃんとできていなくてそこのアドバイスをもらったのはすごく覚えています。

――刺激を受けた同期の方はいらっしゃいますか

 加藤(雅樹主将、社4=東京・早実)は練習をよくやっていて、自分もやらなきゃいけないなと思いましたね。

――ライバル意識は

 ライバル意識はなかったですけど(笑)。

――下級生の時にこういう選手になりたいと思い描いていた理想像を教えてください

 勝負強いバッターになって、チームメンバーを引っ張っていける存在になりたいなと思っていました。

――4年生になって、理想に近づけている感覚はありますか

 結果的に見ると全然駄目なんですけど、うーん、そうですね、微妙ですね。まだまだですね。

――早大での四年間で、野球に対する考え方で変化したことはありますか

 レベルが違うので、高校の時に通用していたことが通用しなくなって、ピッチャーのレベルもどんどん上がってきていて、そういうところではもっと頑張らなくてはいけないし、難しくなっているなと思います。

――四年間通して印象に残っている試合はありますか

 やっぱり去年の秋の早慶戦ですね。その時の4年生が、最後の最後であれだけのプレーをしてチームを引っ張っていて、すごくかっこよかったなという印象があります。

――今後社会人でどのような選手になりたいですか

 やっぱりまだプロは行きたいという考えはあるので、指名されるような選手になりたいです。

――先日のプロ野球ドラフト会議が終わった後どのような心境でしたか

 秋全然打てていなくて結果が悪かったので、無理そうだなとは思っていました。でもだんだん呼ばれていく中で、自分の友達とかがドラフト選ばれているのを見ると、やっぱり悔しいなという気持ちがありました。

――そこからまた挑戦しようと

 そうですね、はい。

勝利への執念

――今季の慶大への印象を教えてください

 勝負強いなというのが一番です、チャンスをつくったらしっかり点を取ってきて、ここぞの場面で一打を出して、ピッチャーも粘りの投球をしていて、チームがまとまっているなという印象があります。

――アンケートで髙橋佑樹投手(4年)を警戒していると書いていました。今まで何度も対戦してきた中で、やっぱりここがすごいと感じるポイントを教えてください

 コントロールがいいのと、気迫がすごい伝わってきて、そういうところがすごいなと思います。

――対策していることはありますか

 低めに球を集めてくるので、ボールの見極めが大事になってくると思います。そこをしっかりやっていきたいです。

――打者で注目している選手はいますか

 今は下山選手(悠介、1年)ですね。すごい打っているので、しっかりマークしないといけないなと思います。

――最後の早慶戦、どのようなプレーをしたいですか

 4年生は最後なので、最後の意地を見せるプレーを下級生に見せたいなと思います。

――今まで応援してくれた方に、メッセージをお願いします

 大学最後の早慶戦なので、勝ちにこだわって全力でプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました!

(取材・編集 村上萌々子)

自身最後の早慶戦、不動のショートストップは攻守にわたり存在感を放ってくれるでしょう!

◆檜村篤史(ひむら・あつし)
 1997(平9)年11月6日生まれ。182センチ、85キロ。千葉・木更津総合高出身。スポーツ科学部。内野手。右投右打。「4年生にとって最後の早慶戦」という言葉を何度も口にしていた檜村選手。高校時代から憧れていたという『早稲田』を背負って戦う試合も残り少なくなりました。早大での四年間の締めくくりとなる今回の早慶戦で、最後の『意地』を見せてくれることに期待です!

« 特集に戻る