メニュー

庭球部

« 特集に戻る

2019.10.12

【連載】王座直前特集『AWESOME』 第4回 田中優之介×千頭昇平

 第4回に登場していただいたのは、下級生の頃から選手として活躍している田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)と千頭昇平(スポ3=愛知・誉)の3年生コンビ。今年度の関東大学リーグ(リーグ)でもそれぞれ単複で勝利に貢献し、チームに欠かせない存在であることを改めて証明した。学年をリードする存在として、そして来年以降は部をけん引する立場として。3度目を迎えた今年度の王座に賭ける思いとは。


※この取材は10月4日に行われたものです。

3年目の夏

質問に答える田中(右)とそれを横目に見る千頭

――ではまず、今年度の全日本学生選手権(インカレ)の振り返りからお願いします

千頭 いや、振り返れません(笑)。僕の方が早く終わったので、僕から振り返ります。単複ベスト16という結果です。

田中 振り返るの意味わかる?大丈夫?(笑)

千頭 振り返りようのない結果で、とても悔しい結果なので。もうちょっと行けるはずだったんですけど、大事な試合で自分の悪いところが出てしまいました。

――悪いところというのは具体的には

千頭 弥起さん(石井ヘッドコーチ)にもいつも言われるんですけど、競って落とした後のセットで楽に行かれてしまうというのが続いているので、地力がまだ全然足りないかなと思います。地力が全然まだ足りていないなと感じました。

田中 テニスとかどうこうじゃなくて、メンタルの部分とかも含めた部分ですよね。

千頭 どういう状況においても自分がいつも通り戦えるということが身についていないですね。

――山尾玲貴選手(関大)との試合でそれを痛感したと

千頭 自分の力をしっかりと出し切れば勝てない相手ではないと思うんですけど、普通に負けてしまって。今の自分はまだこの位置なんだなと思って、また頑張ろうと思いましたね。

――白石選手と組んだダブルスの方はいかがでしたか

千頭 ダブルスは、特にないです。ダブルスも同じですね。シングルスとダブルスをまとめて、地力が足りないというところですね。

――田中選手はシングルスがベスト8、ダブルスは2連覇という結果でした

田中 そうですね、ダブルスはインドア、インカレ、インドア、インカレの4連覇ですね(笑)。最初の2つは坂井さんと組んで、後の二つは木元と組んで。

千頭 じゃあインドアでペア変えないとじゃん(笑)。

田中 ダブルスは出来過ぎでしたね。ベスト8で緊張した中で、スーパータイブレークの末に勝てたっていうのが大きかったかなと思います。そこで出た課題を踏まえた上で続く試合に臨んだら思った以上に良くなっていて。なのでインカレはすごく良いイメージでベスト4、決勝を戦えたと思います。

――シングルスは早大勢では最高のベスト8という結果でした

田中 シングルスは例年と比べて早大勢から一人っていう、「マジかよ!」っていう結果でしたね。遠いところでやっていた千頭くんはまあ勝つんだろうと思っていたんですけど、「あれ、きょう声聞こえねーな」って。

千頭 ・・・(笑)。あれ、去年ベスト8いたっけ?

田中 風哉(木元、社3=埼玉・早大本庄)と、聖真さん(斎藤、平31スポ卒=神奈川・湘南工大付)と、伊蕗さん(古田、平31スポ卒=神奈川・浜松市立)だったかな? それで僕だけになってしまったので、少し緊張したんですけど、プレー面は悪くなかったかなと思います。川橋(勇太、筑波大)さん負けたんですけど、強かったですね。

――春関ではストレートで敗れた相手に接戦となりましたが、改善が見られた点はありましたか

田中 そうですね、春の時はムキになって打ちに行ってしまう場面も目立ったんですけど、春関だけでなくて、何回かボコボコにされていて、苦手意識もあったんですけど。相手の強いところを狙いすぎず、相手どうこうというよりは自分のテニスをしようという意識で戦っていましたね。それで負けてしまったら仕方がないと思いながらプレーをしていました。

――最後取りきれなかった要因というのは

田中 相手の方が「地力」が高かったですね(笑)。

千頭 やっぱり「地力」ですね。

――夏関では白石選手と

田中 夏関は出ていないです。そこカットでお願いします。

――仮に出ていたと仮定して、白石選手とのペアリングを振り返っていかがですか

田中 空想上の話なんですけど、練習ではまあまあ良かったですし、インカレの披露があったわけでもなく。率直に僕が引っ張らなければならなかったんですけど、風だったり、コートだったりに翻弄(ほんろう)されて。白石さんの足を引っ張ってしまったなという思いです。

――お二人とも白石選手とペアを組んでいますが、白石選手の印象はいかがですか

千頭 球おっせえ。球ちょーおっせえって書いといてください(笑)。

田中 ナイスガイですよ彼は。

千頭 彼をいいふうにいうと、どんな時でもプラス思考。国体で6連敗してもプラス思考(笑)。それが彼のいいところです。「ただの体育祭だ」って言っていました。

田中 しょうがない、「体育大会」だもん(笑)。

――リーグの振り返りにいきたいと思います。千頭選手は島袋選手と組んでダブルス1に出場する機会が多かったですが

千頭 何回か組んではいるんですけど、ダブルスですかね、あれは(笑)。

田中 いやー、強いです。

千頭 久々だからと言って特に問題はありませんでした。ただ中大戦で負けたことで、そのあとの2試合は良かったのかなと思います。6−1、4ー1ぐらいからまくられたんですけど、僕も負けるとは思っていなかったので、そこで気持ちが引き締まったのかなと思います。

――田中選手は木元選手と組んだダブルスは3勝2敗という結果でしたが

田中 リーグを通じて、ダブルスはいいプレーができなかったので。インカレで良すぎた分、理想が高すぎたのかなと思います。王座では頑張ります(笑)。

――今年の木元・田中組は少し調子の波が激しい印象があります

田中 そうですね、緊張した場面で二人が落ちてしまうことがリーグでは多かったかなと思います。前まではどちらかが悪くても、どちらかは良くて、立て直せていたんですけど、二人とも悪い時間が長すぎるかなと思います。メンタルの面も絶対あると思います。

――シングルスの方はお二人とも4戦に出場し、全勝でしたが振り返っていかがですか

田中 僕はリーグで勝っている場面で回ってきたり、競っている場面で回ってきたり、今年は色々な場面を経験したんですけど。正直1試合も競らずに勝てたことがチームにとっても大きかったかなと思います。やっぱり3−3とか、4−2とかで回ってきたときに競ってしまうと、チームとしては「やばいんじゃないか」っていう雰囲気が出てきてしまいますし、相手にとっては「ワンチャンいけるんじゃね?」っていう雰囲気になってしまうので。そこを初っ端から離してプレーできたことがチームとしては良かったんじゃないかなと思います。

千頭 全試合を通して、黙々とイライラせずに、冷静にプレーできたと思います。リーグは一切イライラしなかったので、自分のプレーは落ち着いていましたね(笑)。

――法大戦は3−0から3−3のタイに持ち込まれて迎えた試合でしたが

田中 あのときイライラしてたでしょ(笑)。

千頭 いや、あれは「3−0からなんで3−3になってるんだよ!」って思って(笑)。

田中 初めてじゃない?

千頭 それで「おいおいおい」ってなって(笑)、びっくりはしましたけど、気持ちのブレはなかったですね。

田中 二人でアップしていて、「俺らやること変わらないか、勝てばいいか」って感じでしたね。

千頭 なので、別に、「おお、負けたのか」って感じでしたね。

一同 (笑)。

千頭 書いたらその3人拗ねちゃうんで(笑)。チームとしてはあの試合が一番競った試合だったので、少し悪い雰囲気にはなっていましたけど、どんな状況でも変わらずにやっていたと思います。

田中 少し雰囲気が落ち込み気味にはなってはいたんですけど、僕と昇平が勝ったことでまた持ち直せたと思います。そこで王座を決めることはできたので、いい意味で島袋選手の試合は気楽に応援することができたと思います。

「(ダブルスは)大胆にいけた」(千頭)

千頭(右)はリーグではダブルス1としてチームに貴重な勝ちを持ち帰った

――リーグを通じて印象に残った試合はありますか

千頭 ダブルスの、法大戦と早慶戦ですかね。今までこんなにダブルスに出場することもなかったですし、1で出ているので勝たないといけないという中で、いいプレーができたので。大胆にいけたので、やっていて楽しかったですね。早慶戦でも2人で良かったですね。その2試合は印象に残っています。

田中 早慶戦の勝ち決まってからの島袋さんと白石の試合は面白いなって思いました。自分の試合だったら法大戦かなと思います。シングルスで3−3で回ってきたんですけど、1ゲームしか与えずに勝てたので良かったかなと思います。

――早慶戦の島袋選手と白石選手の試合はやはり印象に残りましたか

田中 なんか、ずるいなって思いました(笑)。注目浴びていて。

千頭 勝ちが決まっていたので、一観戦者として見ていましたね(笑)。

田中 白石の試合を応援していたんですけど、強い時はすごく良いポイントを取るんですけど、彼は集中力が切れるとすぐブレークされるので。何やってんだと(笑)。

――千頭選手は田中選手の初戦の試合でベンチコーチに入っていましたね

千頭 あれは弥起さんに入れって言われました。

田中 あ、そうなん?(笑)

千頭 たまたま弥起さんの横を通ったら行ってきてって言われて。普段は選手同士のベンチコーチってあまりないんですけどね。

――千頭選手のベンチコーチはいかがでしたか

田中 最高でしたよ。的確なアドバイスをくれるので。

千頭 ただ弥起さんに言われたことを言っただけです。

一同 (笑)。

――ベンチコーチの存在はやはり大事ですか

田中 大事だと思います。

千頭 遼平さん(早野、社4=東京・早実)はウェイって感じなんですけど、そんなガチな感じじゃなくて、ゆるい感じなのでやりやすいですね。

田中 田中・木元組には長倉くん(謙伸、スポ3=静岡)が入ってくれているんですけど彼はまだまだ遼平さんにはなり切れていないですね(笑)。私生活だとすごくテンション高くてうるさいんですけど(笑)。シングルスの時はふじしゅん(藤井竣介、商3=愛知・昭和)を入れているんですけど、主務のベンチコーチは面白いですよ。たまになんですけど、紙に書いていて「ファーストサーブめっちゃ入ってた。80パーセントぐらいだね」って自分で計算したりしています(笑)。「ボレー何分のいくつ取ってるよ」とか。僕を気持ちよくさせてくれます。

千頭 僕のシングルスは廣太郎(樋口、スポ3=福岡・柳川)ですね。LINEでいきなり「ベンチコーチ、ミー?」って聞かれて(笑)。「じゃあお願い」って。

――逆に応援やベンチコーチに入る際に意識していることなどはありますか

田中 基本応援するのは試合の後なんですけど、僕は思ったことを言います。正直大学の一部リーグに出ている人なんてみんな強いので。「一本集中しよう!」とか言っても、わかっていると思うので、僕は思ったことを言っています。例えば白石くんだったら、早慶戦の時すごく落ちてしまった時間帯があって、そこでは「大丈夫大丈夫!俺らがいるから大丈夫!」って励ましていましたね。

――リーグ後のオフは何をして過ごしていましたか

田中 リーグ終わって4日ぐらいあったんですけど、野球やったり、卓球やったり、フットサルもやりました。結構アクティブなオフでした。

千頭 僕は練習していました。試合があったので。

田中 野球勝ちましたよ。

千頭 ストライク入るの?みんな。

田中 ちょっと広めに取って。23人ぐらい庭球部だけで集まって、すごい盛り上がりましたよ。すぐそこの、自転車で5分ぐらいのところで。グローブとかバットはレンタルできるんですよ。

千頭 僕はクラッシュオブクランやっていました。

田中 ゲームです。

千頭 建物のレベルを上げて、壁とかも色を変えていって、レベルを上げると村のランクが上がるという。

田中 時間がどうしても必要なゲームなので、「やろうっていってもみんなやってくれないんですよね(笑)。僕はたまたま昇平がやっていて、「やろう」って言われて。インストールしたら昔やったデータが残っていたので、やるかっていって、今すごくハマっています。面白いよな。

千頭 面白いですね。

――以前部員同士で『荒野行動』をプレイしているのを見かけました

田中 多分それは颯大(藤井、スポ3=京都・同志社国際)とか。僕もやっているんですけど。小林雅哉(スポ4=千葉・東京学館浦安)、木元風哉。やっていますね。

千頭 荒野行動難しいので、僕はやらないです。

田中 難しいっすね。イライラしますもん。よっしゃ倒してやろうって思っても逆に倒されるので。オフ楽しかったな。富士急も行きました。充実していましたね。ずっとこれがいいです。

千頭 たまに遊ぶからいいんだよ。

田中 まあ確かに。ずっと遊んでたら飽きちゃうだろうな〜。

――ここの二人の関係性はいつからのものですか

千頭 中一ぐらい?

田中 中一、中二ぐらいからですね。

千頭 ジュニアの全国大会とかだったと思います。

田中 ここにいる男子は中学ぐらいからの付き合いがほとんどだと思います。

――お互いの印象はいかがですか

千頭 僕今よりもっとうるさかったですよ。バカうるさかったです。

田中 バカだるかったです。今の7倍だるかったです、マジで。

千頭 ちょっとおとなしくなりましたよ、僕。

田中 表だけ。二十歳も超えておとなしくなってきましたね。なんかちょくちょくちょっかいを掛けてきて、昇平にいらいらを溜められて、他の人に爆発しちゃうみたいなことが何回かありました(笑)。

千頭 いい奴です、優之介が話したバカうるさいっていうのは間違いないんですけど、優之介もバカうるさかったです(笑)。

田中 今じゃ信じられなくないですか?みんな根はガキなので。ちょっと大人っぽいなっていう人でも根はガキですね。大人なのはふじしゅんぐらいですね(笑)。

『この一球』を胸に

明大戦で田中のベンチコーチに入る千頭。二人は単複ともに早大に欠かせない戦力として活躍した

――王座に向けてのお話に移させていただきます。王座という大会はお二人にとってどういう大会なのでしょうか

千頭 チームで笑顔で終われる大会ですね。

田中 学生大会の中では一番位大きな大会だと思います。全ての学生大会がそこを目指した上での大会だと思います。リーグで負けてしまえば王座には出られませんし、リーグで勝っても王座で負けてしまえば意味がないし。

――王座に向けてはどのような取り組みをしていますか

田中 シングルスはインカレあたりから状態は悪くなくて、国体でもすごくいいプレーができたので、課題という課題はないですね。ダブルスに関してはちょっとリターンの制度やボレーの精度を上げていくことを意識して、もう完璧ですね。王座は全勝します。

千頭 リーグが終わって特に何か変えているわけではないですけど、夏休みなので、試合に出るべきだと思って中国に遠征に行きました。自分が出られる時は試合に出て、トライしています。勝つ負けるは別として。で、中国はボロ負けでした(笑)。本戦に上がったのが1回と、予選決勝で敗退が1回でした。まだまだでした。「地力」が足りないですね。

――今年のチームとしてのリーグの戦いぶりを振り返っていかがですか

千頭 毎年と変わらず、良かったんじゃないかなと思います。

田中 ダブルス2が弱かったかなと思います。今年の早稲田はダブルス2が穴だったかなと思います。そこだけですね。王座では全勝します。

千頭 今年のチームの雰囲気が出ていたと思います。いつでも笑顔で。

――現在のチームの雰囲気はいかがですか

田中 今は全然悪くないと思います。明日からサポートをつけての練習なんですけど、いい練習ができると思います。

千頭 悪いこととかあるのかな?いつも元気にできていると思います。

――4年生とプレーするのは最後となりますが、特別な思いはありますか

千頭 僕は毎年王座は4年生を笑顔で終わらせてあげたいと思ってプレーしています。今年も笑顔で終われるように、出るのであればそこに向けて頑張りたいと思っています。

田中 4年生がいなくなるのは寂しいですけど、これも定めなので。僕も千頭くんと同様、笑って終わらせられればいいかなと。勝って嬉し泣きをさせてあげたいなと思います。

――愛媛のコートは二度目となりますが、対策などはありますか

田中 コートは去年もやっていますし、癖のあるコートではないので、大丈夫だと思います。対策としては状態を落とさないことだと思います。

千頭 僕も全然気にはならなかったので、いつも通りやるだけですね。

――他大の印象としては

田中 慶大は強いですし、関大、近大も強いので、油断はしないようにしたいですね。インカレの結果を見ても関西勢が今年は強いので。前よりも早大が断トツ感はないですね。

千頭 楽な試合はないんですけど、やることは変わらないと思います。相手は強いんですけど、自分たちで引き締めてしっかりやるだけです。

――残り1週間で取り組むべきこととして挙げられることはありますか

田中 早稲田のために自分のプレーをするだけなので、一球一球泥臭くプレーしたいと思います。

千頭 垂れ幕の通り、『この一球』を胸に、練習していきたいと思います。あとはよく寝て、よく食べて。体調管理が一番大事だと思うのでしっかりやっていきたいと思います。

――改めて、王座に向けての意気込みをお願いします

千頭 王座に向けては、自分がもし出るのであれば勝ちを持って帰りたいと思うので、出たら全勝しようと思います。

田中 王座は例年通り、単複全勝ですね。それに尽きます。

――ありがとうございました!

(取材・編集 林大貴)

仲の良さがうかがえる微笑ましいツーショットをいただきました!

◆田中優之介(たなか・ゆうのすけ)(※写真右)

1999(平11)年3月3日生まれ。身長178センチ、体重70キロ。埼玉・秀明英光高出身。スポーツ科学部3年。

◆千頭昇平(ちかみ・しょうへい)(※写真左)

1998(平10)年10月22日生まれ。身長175センチ、体重68キロ。愛知・誉高出身。スポーツ科学部3年。

« 特集に戻る