メニュー

ソフトボール部

« 特集に戻る

2019.07.15

全国進出記念特集 第3回 松下直矢

▷選手紹介

東京都大学連盟春季リーグ戦から、たびたび好投を披露してきたもう一人の3年生右腕。山内壮起(スポ3=千葉・成田国際)が苦しんだ全日本総合選手権東京都予選では主にリリーフとして活躍、エースをもり立ててきた。エースである山内を全面的に信頼しているが、ダブルヘッダーが増えてくるトーナメント戦では、松下直矢(スポ3=京都・南陽)の活躍も重要だ。調子に波はあるが、好調時には強敵相手にも十分通用する力は備わっている。チームのさらなる躍進には、この男の『意外性』の光る活躍が必要不可欠であるだろう。

▷全総成績

▽東京都予選

相手 登板機会 球数
国士舘大 中継ぎ 37 11
東京AC 先発 77 20
中大 中継ぎ 37 10
関連記事

予選突破に向け、最初の関門を乗り越える!/全日本総合選手権東京都予選(5/18)

最上級生がけん引!初めて優勝旗を掲げる!/全日本総合選手権東京都予選(5/19)

破竹の快進撃! 14年ぶりの全国進出を決める/全日本総合選手権関東予選(6/22)

コメント

――全日本総合選手権都予選(東京都予選)の東京AC戦は先発、国士舘戦と中大戦はリリーフと優勝に貢献されましたが、全国に進出した今の気持ちは

都予選は山内が8~9割投げて勝ったようなものだと(自分では)思っているので、自分は山内に何とかつなげることしかなかったです。中大戦もほとんどストライクは入ってなかったのですが、何とか0点でつなげたので、その部分は良かったと思います。関東予選(全日本総合選手権関東予選)は山内がやってくれたので、もう安心してベンチでゆったりしていました。そんな感じです(笑)。

――全国に進出された部分は

そうですね、確かに質問に答えてなかったですね(笑)。まあそういうことですよ、安心して(全国には)出れるだろうなと。やった!というよりかは、全国に出れるんじゃないという感じです。試合前からも全国に出れるんじゃないかなという感じです。

――東京都予選の方が厳しさは感じられましたか

確かに関東予選の方より厳しい戦いはありましたね。東京AC戦も自分が打たれてしまったので。

――東京都予選の投球を振り返ってもらいたいのですが、まず初めに国士舘大戦の投球。1点差に迫られる中、流れを止める投球となりましたが

そこまで(流れを)止めれてはないですかね。澤(優輝、人2=東京・国学院久我山)が一気に(7回に満塁弾を)打って、点差を離してくれたので。そこまで劣勢という感じではなかったですかね。

――ご自身が登板される回の雰囲気は、負ける感じはなかったと言うことですか

そうだと思います。試合前は山内が投げ切ると思っていたので、まさか自分が投げるとは思っていなかったです。

――東京AC戦は大量失点となりましたが、反省する部分とかはありましたか

いや~、相手がうわてだったんじゃないですか(笑)。それだけのことだと思います。

――どの部分でうわてだなと感じましたか

社会人はボールを捉えるのがうまくて、そういうイメージがあって。長打力もあるとは思うのですが、パワーというよりも技術がすごくて。一発でしっかりと捉えて、真芯に当ててヒットにする。二塁打と三塁打もその中にはあって、しっかりと(相手は)打ってきました。

――中大戦はビハインドの登板となりましたが、どのような投球でしたか

スコア的には0点だったので、その部分は良かったかなと思いますね。

――内容面では

内容は駄目なんじゃないですか(笑)。確か四球もありましたし、伝家の宝刀である『バックネットにボールを突き刺す』投球もあったので(笑)。恐らく世界で見ても自分しかあの球は投げれないと思うので、あの球は。左打者の頭の後ろを通して、そのままバックネットに突き刺すっていう。伝家の宝刀なのですけど。あれも出たので、内容は良くなかったと思います(笑)。

――関東予選ではリリーフの準備はされていましたか

ほとんどしていなかったです。山内が投げ切ると思っていたので。

――関東予選までの期間はどのように調整してましたか

そんなに気負わずに、いつも通りにやっていました。普通に練習していましたね。

――これからトーナメント制でダブルヘッダーが増えていく中で、松下選手(直矢、スポ3=京都・南陽)の働きが重要だと、澤選手などは感じてるようですが

そうですね、大事かもしれないですね。

――どのような投球をしたいですか

皆を和ませられたらいいのではないかと思います(笑)。

――全総(全日本総合選手権)のイメージはどうですか

まだイメージは全然つかめないのですが。そうですね、つかめないですね。このチームの誰一人として経験したことがないので、その辺りは本当に難しいです。

――全総は4年生と戦う最後の舞台になると思うのですが

どういう心境なるのでしょうかね(笑)。去年のインカレ(全日本大学選手権)の時の気持ちがよみがえってくるような気がします。これで終わってしまうのかと。(昨年のインカレ)決勝の日体大戦では呆気なく終わってしまったので、何というか「あー、これで終わってしまうのか」というのが去年はあったので、全総もそのような感じになるのではないでしょうか。

――逆に今年はインカレ終わった後とかはどのような感じになるのでしょうか

分からないですよね(笑)。それが難しいですよ(笑)。本気で応援をするとは思うのですが、最後ではないので。変わらず山内投手やスタメンの選手には、本気で応援するとは思います。

――ご自身が全総の舞台で出していきたい強みはありますか

うーん、意外性ですかね。自分がマウンドに立った時に、「何だこいつ」と相手に思わせたらいいと思うので。

――最後に全総への意気込みを

ブルペンで準備をしていて、「今日もあいつ準備をしているな」と感じで、皆に安心してもらえればいいですね。

――ありがとうございました!

※この取材は7月3日に行われたものです。

(取材・編集 大島悠希)

◆松下直矢(まつした・なおや)

1998(平10)年5月13日生まれのA型。176センチ、68キロ。京都・南陽高出身。スポーツ科学部3年。投手。右投右打。強みは、『意外性』のある活躍ができるところだ!

« 特集に戻る