メニュー

ア式蹴球部

« 特集に戻る

2018.12.22

【連載】全日本大学女子選手権直前特集 第4回 木付優衣×三浦紗津紀×小林菜々子×源関清花

 今回お話を伺ったのは、GK木付優衣(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)、DF三浦紗津紀(スポ4=浦和レッズレディースユース)、DF小林菜々子(スポ3=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)、DF源関清花(スポ3=ちふれASエルフェン埼玉)。早大の守備の柱である4人に、シーズンの振り返りと全日本大学女子選手権(インカレ)への意気込みを語っていただいた。

※この取材は12月9日に行われたものです。

「試合に出るのと出ないのとでは感じるものが全然違う」(源関)

出場機会が増えてきた源関

――今シーズンは関東女子リーグ戦(関東リーグ)で10連覇を達成、関東大学女子リーグ戦(関カレ)では2位となりましたが、振り返っていかがですか

三浦 関東リーグは、もう少し早く(優勝を)決めたかったですね。

小林 私は今年から(ア式蹴球部女子に)入ったんですけど、こんなに勝ち続けるチームは初めてだったので、「なんで勝っちゃうんだろう?」と思いながらやっていました(笑)。10連覇というのは、今年しか関わっていませんが、実感できないのでこの組織はすごいんだなと思いました。

源関 去年一回も関われてないので、今年ありがたくも出場機会を貰えて、試合に出るのと出ないのとでは感じるものが全然違うなと感じさせてもらいました。来年もそういう思いを引き継いでいかなきゃと思いましたし、連覇を止めないために毎日を頑張っていきたいと思いました。

木付 関東リーグでは自分も教育実習とかで抜けたことがあって、チームに迷惑をかけたなという思いもありました。けど、一戦一戦やっていく中で、やはりずっと勝ち続けていることで10連覇をするというのは自分たちの中で(目標として)ありましたけど、それを当たり前のようにゲームを一戦一戦どこかでこなしてしまっている自分たちがいたのではないかと正直思っていて、それが関カレの結果に繋がってしまったところはあるんじゃないかなと考えています。

――それは気の緩みがあったからということですか

木付 結果的には気の緩みという言葉というよりは、勝っていることが当たり前じゃないけど、去年からの貯金に頼っていた部分もどこかにはあって、普通にやっていれば勝てるという意識がどこかにあったんじゃないかなとは思います。

――今年は監督が交代しましたが、それに伴った大きな変化などはありましたか

木付 今年の監督(川上嘉郎監督、昭51商卒=神奈川・横浜緑ケ丘)は特に選手というか、学生主体でやらせてくれる監督なんですけど、自分たちが自由にできる分、自分たちの責任が大きくなってくるし、自分たちがやらなければいけないことが大きくなりつつありました。その部分に関しては自分たちにそういう機会を与えてくださったことに感謝していますし、逆にしんどかったところもありますね。

小林 私は高校の時も学生主体みたいなやり方だったんですけど、去年と一昨年は監督がやるサッカーをやっていた感覚があったので、そういう部分で全く違う環境で、自分が考えることが増えたなとは思いますし、もっとサッカーを知らなければいけないなと考えさせられましたね。そういう監督は初めてだったので、もっとコミュニケーションを取っていかなければと思いましたね。

三浦 前監督(福島廣樹前監督、昭45教卒=東京・独協)は『元祖ワセダ』みたいなサッカーを好まれていて、求められましたけど、さっき木付も言ったように今年の監督は選手主体で長所を生かしながらというサッカーなのかなと思います。やりやすい分、うまくいかなくなった時が大変だなという印象です。

「一人一人の特徴が出せている時は後ろから見ていて面白いサッカーをしている」(小林)

今年からア女に加入した小林

――最後尾から見て今の攻撃陣はどう映りますか

三浦 点取ってくれなければ私たちがいくら守っても勝てないので、ここまで勝ってこられたのは得点してくれる前の選手たちのおかげなのかなと思います。

小林 一人一人の特徴が出せている時は後ろから見ていて面白いサッカーをしているなと思うんですけど、特徴をうまく発揮できなかったり、噛み合わない時は後ろから見て顕著に分かります。勝てそうだなという時はたくさん得点してくれますけど、あまり入らないなという時は本当に苦しい試合になっているなという印象です。

――それはパターンがあったりするのですか、それとも感覚的なものですか

小林 感覚的なものもありますけど、(チームに)決まりごとがあまりないのかなと思っていて、だから一人一人の前線の選手の意図が合っている時はうまくいくんですけど、合わない時はハマらないなというイメージです。

――小林選手はジェフユナイテッド市原・千葉レディースに所属していた昨年はFWでプレーをしていましたが、今季の自身の順応具合はどのように感じていますか

小林 センターバックは一昨年までやっていたので、その時を思い出すというよりは、昨年のFWの時の「自分ならこう動く」ということがイメージできて、やりやすかったです。でも、守備はうまくいくんですけど、攻撃の時に今まで(ボールを)受ける側だったので、パスを出すという部分では課題が多いかなと思います。

――他の方々は小林選手についてどのような印象を持っていますか

源関 自分は高校の時からずっと隣でプレーしていたので、今年入ってきてくれたのは嬉しいというか、掻き立てられるところはあります。普段でも結構ふざけたりしているんですけど、なんか分かるというか(笑)。

小林 すぐ分かります、何考えているか(笑)。

源関 読まれています(笑)。

――一方的にですか

小林 読んでる?(笑)。

源関 読んでるけど、読んでるのか分からない(笑)。

木付 意味分からんわ(笑)。

源関 こっちは合ってる気でいるけど、本当に合ってるか分からない(笑)。まあ、やりやすいというか、一緒にやっていて…。

小林 息が合うんだよね!

源関 そう!(笑)

――木付さんはいかがですか、小林さんと前所属は同じチームですが

木付 (在籍時期が被っていたのは)1カ月ちょっとくらい?家が一番近くて、まあすぐ引っ越したんですけど(笑)。その時は(小林が)センターバックだったんですけど、新しい環境に慣れようとしている時に私がいなくなったので何とも言えない感はあるんですけど、すごく今は垢抜けて髪型とかも良い感じになってきていますね(笑)。昔はヘアアイロンですごい前髪を…。

一同 (笑)

小林 本当にやめて(笑)。

木付 顔もシュッとして。プレー自体も、競るのが高い選手はあまりいないので、特に重宝されているかなってのはあります。(ボールを)弾いてくれてありがたいですし。これ以上は暴露しないようにします。

三浦 今はこういう風に適当な感じですけど、試合になると強さだったり、行ってくれるところは行ってくれるので、頼りにしています。

「自分が離脱している間にみんなが頑張ってくれたおかげで今がある」(三浦)

4年間で初めて長期離脱を経験した三浦

――三浦選手は今年ケガで長期離脱を強いられました、今までその経験はあまりなかったと思いますが

三浦 ケガするまではほぼフル稼働だったので、ケガした時は正直「やっと休める」と、思ったんですけど。

一同 えー!(笑)

三浦 思ったんですけど(笑)、ケガして2週間くらいかな、みんなの練習見ていて「やっぱりサッカーしたいな」とか、試合見て「チームの力になりたいな」という気持ちが自分の中に芽生えてきて、自分が離脱している間にみんなが頑張ってくれたおかげで今があるし、チームに迷惑をかけてしまったという気持ちが強いです。

――3年生のお二人と4年生のお二人、それぞれお互いの印象などを教えてください

小林 この二人は特にプレーで引っ張ってくれるのが大きくて。きっつん(木付)はめっちゃ声出すんですよ(笑)。失点したら落ち込むじゃないですか、その時も声かけてくれるし、指示の声がすごい。

源関 うん、分かりやすい。

小林 例えば自分たちがやっている時に、自分のプレーで精一杯で声が出せない時にきっつんが声出してくれて、自分がやらなければいけない指示をしてくれる時もあって、その時はもう「ありがとう」って心から思っています。

木付 まだまだ足りないと自分では思っているんですけど、出すべき指示が出てないから出すというよりは、被ってもいいから言わなきゃいけないことを言おうと自分では思っています。

源関 自分も結構試合中に後ろから、自分が気づいていないこととか「あっ!」って思うことを後ろから言ってくれるので、試合中の気づきもありますし、意識の幅を広げてくれて試合も活気づけてくれるというところが、プレーしていて心強いです。

小林 あと練習中もすごい挑発してくるんですよ(笑)。シュートゲームの時に、きっつんがめっちゃ止めて「っしゃあ!」みたいな(笑)。するとFW陣とかは「決めたい」って思うし、それで雰囲気が良くなっているのは感じます。めっちゃ大事な存在だなと思います。

木付 それ褒めてんの?(笑)。

小林 褒めてるよ(笑)。

――闘争心を煽ってくるんですね

小林 そう、闘争心を出してくるからこっちも「行かなきゃ!」みたいな。そういうGKじゃないと単調な練習になってしまうので。力が入りますね、きっつんがGKだと。

木付 ありがとうございます(笑)。

――三浦さんに対してはいかがですか

小林 さつさん(三浦)は…。可愛い。

一同 (笑)

源関 さつさんは安心してプレーできるというか、自分は結構前に出ちゃうんですけど、それでもちゃんとカバーしてくれるし、安心できます。あとヘディングがマジですごいなと思います。セットプレーでも守備でも「高っ!」って思います。見習いたいですね。

――と、言われていますが

三浦 ありがとうございます(笑)。

小林 細いのにめっちゃ強いんですよ、フィジカルコンタクトが。自分らみたいに見るからに身体が強そうなわけではなく、見た目めっちゃ華奢なのにすごい強いというか、嫌なところに足出してくるし、そういう面は見習いたいですね。

――それでは逆に4年生のお二人からもお願いします

木付 二人の私が思う特徴をあげるなら、菜々子(小林)は強さと空中戦を得意にしていて、逆にゲン(源関)はビルドアップの部分を得意にしているので、二人がフュージョンしたらすごい人になりそうだなって思います。できないけど(笑)。それでなんかテレパシーもあるらしいので、すごいなぁって思います(笑)。二人とも途中から入ってきたので、自分としても親近感が湧くところもあって、来てくれて助けられてる部分もめっちゃあるし、私も今ここにいてワセダを選んで良かったと思えているように、二人にもここに来ることを選んで良かったと思えるようにやっていきたいなと思っています。

三浦 菜々子はさっき言ったように強さとか身長があるから、自分がやらなくて済むことが増えたという実感はあって、菜々子がいてくれるだけで自分が弾かなきゃいけないスペースが小さくなるし、前にガツンと強く行ってくれることで自分が裏のカバーに回れるとか、はっきりできるようになったかなと思います。ゲンちゃんはビルドアップのセンスとかキックの質が、私にもない程のものを持っていると思うので、そういうところをすごく評価しているし、今年に入って試合に出られるようになって自信を持ってプレーしているなという印象です。これから期待しています。

「インカレが私のサッカー人生最後の大会」(木付)

木付は、インカレがサッカー人生最後の大会になる。懸ける思いは誰よりも強い

――先日インカレの組み合わせが発表されましたが、率直にどう思われましたか

三浦 やっぱり日体大が逆の山にいるのは嬉しいと思いましたね。

木付 私は日体大も帝京平成大も逆山で、どっちかしかと当たれないんだなと思いましたね。両方に勝ちたかったので。どっちが上がってきても勝ちます。

源関 もし初戦が大東文化大なら、関カレでも皇后杯でも当たっているので、分かり合ってるという意味でやりにくさはあるのかなと思います。

小林 私は個人的に特定の大学に因縁とかはないんですけど、単純に1月20日(この日に決勝戦が行われる)までやりたいなと思いました。

――4年生のお二人は以前からインカレ4連覇が目標と公言しており、いよいよ王手がかかった状況になりました

木付 自分は2年生からなので自分だけで考えたら3連覇なんですけど、学年として4連覇しようと話してやってきたので、それはみんなで成し遂げたいと思っています。けど、4連覇って重みがあるというか、3連覇していることを背負ってやっていかなければいけないけど、目の前の一戦一戦を積み上げていくことに尽力したいし『この大会』と考えて、その結果として4連覇があると思うので。3連覇しているからというより、一戦一戦しっかりやるというイメージが大きいです。

三浦 私は4連覇にこだわりたいという気持ちが強くて。それなりの覚悟をもって今年も臨んでいきますし、4連覇して卒業して後輩に5連覇の置き土産をしてあげたいと思います。

木付 めっちゃプレッシャーかかるやん(笑)。

小林 もう来た!(笑)

――小林さんと源関さんはこれが初のインカレとなります

小林 去年は準決勝と決勝をスタンドで観ていたんですけど、その時にインカレという大会の大きさを感じました。一つ一つのプレーにみんなが勝ちたい思いがこもっていたので、今年は自分がピッチで目の前の一瞬に全力を出して結果的に4連覇できたらいいなというか、このチームで4連覇したいと思っています。

源関 自分は出場できたらデビューになるんですけど、去年は関東の全大学とか観ているのでスタンドが一杯で、その中でみんながプレーしているのを見て、懸ける思いというのが伝わってきたので、それに負けない思いを忘れてはいけないと思っています。初戦から一つ一つ戦って勝利を積み上げていって、結果的に4連覇を達成できたらいいなと思います。

――4連覇へのキーマンとなりそうな選手はいますか

 (隣で取材に応じていたMF柳澤紗希副将、スポ4=浦和レッズレディースユースがこちらをジッと見つめる…。)

源関 攻撃では…朱里さん(FW河野、スポ4=静岡・藤枝順心)ですかね…。ヤバい(笑)。

三浦 超言いにくくない?この状況(笑)。

小林 私はヤナさん(柳澤)。

柳澤 あーね!

一同 (爆笑)

木付 絶対狙ってんだろ!(笑)。

小林 まあ1人が頑張れば勝てるというチームじゃないと思うので。でも誰か一人挙げるとするならば…。本当にヤナさんですね。私は中盤の選手が一人一人自分の能力を出してくれたら勝てると思っていて、その中でもワンボランチをやっているヤナさんの展開から攻撃が始まることが多いし、CKでもヤナさんが蹴れば自分たちは当てるだけっていうボールが来ることも結構あるのですぐ得点になります。そういう意味でもヤナさんの安定したプレーでチーム全体が雰囲気良く、良い流れでサッカーができるかなと思います。

木付 私は、試合に絡み始めたのが最近ですけど、中條(MF中條結衣、スポ3=JFAアカデミー福島)かなと思います。彼女自身、勝負にこだわる思いがすごく伝わってくる選手だなと思っていますし、ずっと悔しい思いしていた分、ピッチに立つようになってきてその思いを表現してくれたりとか、「何か違うな」と思ったところを正直に言ってくれたり、気づける選手だと思っています。彼女のロングフィードは武器だと思うし、そういったところは今年のチームにずっとなかったものなので、その部分ではすごく期待しています。

三浦 んー、自分です。

木付 お願いします(笑)。

三浦 この四年間インカレを経験してきて、自分のパフォーマンスが戻らないとやばいなと思っているので。なので、それを戻すのに残りの何日かで全力を注ぐのと、チームとしてやるべきことをしっかり見つめ直した方がいいのかなと思います。

――最後にインカレへの意気込みを一人ずつお願いします

木付 このチームで戦う最後の大会というのもあるし、私自身サッカーを続けないので、インカレが私のサッカー人生最後の大会になります。なのでチームとしてはもちろんですが個人としても1日でも長くサッカーをしたいし、最後勝って終わりたいので絶対にそこは、プレーでも気持ちでも今までサッカーをやってきた15年間の集大成を見せたいと思います。勝利にこだわる姿を自分はピッチの上で表現して、結果にもコミットするようにします。

源関 去年よりは近くで関われると思うので、出られたとしたら目の前のことに全力を尽くすのみです。

小林 もちろんこのメンバーで4連覇するのが目標ですけど、それに加えて出てる選手も自分も、スタンドで応援してくれる(試合に)出られないメンバーの次に繋がるようなプレーをしたいと思います。

三浦 とにかく4連覇を、したいじゃなくて、しようと思います。みんなと一緒にサッカーできる日々も残り少ないですし、そこで自分がどんなことを残せるのかやっていかないといけないと思うので、頑張ります。4連覇します。

――ありがとうございました!

(取材・編集 森迫雄介、写真 吉田寛人)

インカレへの意気込みを書いていただきました!

◆木付優衣(きつき・ゆい)(※写真中央右)

身長164センチ。ジェフユナイテッド市原・千葉レディース出身。スポーツ科学部4年。GK。試合中は大きな声で指示だしをして、チームを鼓舞している木付選手。サッカー人生最後の大会となるインカレでは、誰よりも勝利にこだわってプレーする姿を見せてくれるでしょう。色紙には「誰よりもアツく」と書いてくださいました。

◆三浦紗津紀(みうら・さつき)(※写真中央左)

身長162センチ。浦和レッズレディースユース出身。スポーツ科学部4年。DF。来季INAC神戸への入団が内定した三浦選手。献身的な守備と空中戦でインカレでもチームを勝利に導きます。色紙には「4連覇」と書いてくださいました。

◆小林菜々子(こばやし・ななこ)(※写真左)

身長172センチ。ジェフユナイテッド市原・千葉レディース出身。スポーツ科学部3年。DF。今年からア女に加入した小林選手。守備だけではなく、身長を生かしてセットプレーでも活躍しています。自身にとって初めてのインカレでも力強いヘディングが見たいです!色紙には「影響」と書いてくださいました。

◆源関清花(げんせき・きよか)(※写真右)

身長165センチ。ちふれASエルフェン埼玉出身。スポーツ科学部3年。DF。出場機会が増え、守備に欠かせない存在である源関選手。常盤木学園高時代から一緒にプレーしている小林選手とはテレパシーが使えるそうです。インカレでもお二人の息の合ったプレーに注目です。色紙には「顯」と書いてくださいました。

« 特集に戻る