ハンドボール部

« 特集に戻る

2018.11.06

【連載】インカレ直前特集『証』 第5回 三輪颯馬×宗海皓己×清原秀介

 対談を終盤の第5回目。今回はサイドを担う3人・三輪颯馬副将(スポ4=愛知)宗海皓己(スポ4=高知・土佐)、清原秀介(商3=東京・早実)だ。3人が全日本学生選手権(インカレ)かける意気込みに迫った。

※この取材は10月16日に行われたものです。

自分の良さを見つめ直してプレーした(三輪)

ルーティーンについて考える3人。宗海はカメラ目線で撮影に応じてくれた

――秋季リーグ(関東学生秋季リーグ)を振り返っていかがですか

宗海 清原からでお願いします。

清原 なんでですか(笑)。結局、最初の4戦で3敗1分したところが一番印象に残っています。でもインカレのことを考えたら、秋リーグでああいった試合ができて良かったかなと思っていて。秋リーグだったからリーグ戦(の他の試合)で対応できるし、インカレは一度負けたら終わりなので自分たちの雰囲気が上がらないような試合が経験できたのは、良く捉えることもできると思います。

三輪 春リーグで優勝したがために、その慢心じゃないですけど、どこか甘えていて油断していた部分があります。リーグが始まる前の練習の雰囲気も、リーグに臨む雰囲気じゃなかったとは今でも感じています。やっぱりそれが最初の4戦の結果に出てしまいました。清原も言ったんですけど、そこに気づけたのは大きいですし、そこから一人一人が見つめ直して4連勝につながったのは良かったかなと思います。

宗海 非常に苦しかったリーグだなという印象があります。春リーグ優勝してから夏に納得のいく練習ができなくて、不安要素がありながらもそれを消す努力をみんながしなかったので、夏のつけがしっかり結果に出たリーグだったと思います。あとはチームとして最初の4戦がひどい結果だったので、こんなに苦しいリーグは初めてだなという印象でした。

――個人的としてはどのように振り返っていますか

宗海 じゃあ清原。

清原 全部そうじゃないですか(笑)。正直春はサイドとしてのプレーしかできなかったというか、相手の高いディフェンスに対して自分が1対1とかのプレーができなくて課題だなと思っていたので夏はそういうところを意識して練習していました。で、秋リーグの最初の方、3-3ディフェンスを敷いてくるチームに対してその反省が生きて、個人的に春より攻撃に絡めたのは大きなと思っています。あとは中大戦で僕のミスが連続したところが悔いで。(励ますように背中をたたく三輪に対して)いや、そういうんじゃないです(笑)。一回キャッチミスした後に何回も繰り返してしまったのはメンタル面で直していかなければと思いました。

三輪 チームが春に優勝したからこそ、4年生、まあ自分もなんですけど、負けてはいけないというプレッシャーの方が強くて。(リーグ)前半の試合中は負けたらどうしようとばかり考えて、高いディフェンスにサイドが絡まなければいけないのに自分が逃げていてなかなかボールに絡みにいかなかったというのがあります。今思うと、最後のリーグ戦だったのにそういうプレーをしてしまいすごく後悔しています。けどそこから自分としても開き直って、まずはハンドボールを楽しむというところと、がむしゃらな速い速攻だったり体を大きく使ってサイドシュートを打ったりという、自分の良さを見つめ直してプレーした結果、(リーグ)後半は思ったようなプレーができたとので、それをもっと早くから気づけばよかったなと思います。

宗海 僕は何もしていないので、個人的には史上最悪のリーグだったと思っています。教育実習や就活で練習に参加できない日が続いたときに、春は清原と半分で出ていたのですけど、秋は完全に清原にポジションを奪われたというかたちです。清原が調子悪かったときに自分がチームを救えるようなプレーをしようと思っていて、ことしは最後だというのも自覚していたのに、自分の気持ちが足りない部分があって結果にもつながらなかったです。かまちょみたいになるんですけど、本当にいる意味あるのかなと思うくらいひどいリーグだったかなと思います。

――秋のリーグの中で一番印象に残っている試合は何ですか

宗海 じゃあ僕から。

三輪 急に(笑)。

宗海 僕は日体大戦ですね。試合にあまり出ていなかったので印象的というのはあまりないんですけど、日体大戦は羽諸がすごかったというのがあったので。それだけです(笑)。

三輪 僕は日大戦か筑波大戦かなと思っています。日大戦はずっと悪い流れできて、一人一人が頑張ろうとはなっていたんですけど手遅れで、本当に全部悪いところが出て大敗したのが印象に残っています。筑波大戦は雰囲気的には良かったと思うんですけど、その中でもあれだけ実力差がはっきり出た試合は今までなかったというくらい完敗だったので、いくらチーム(の雰囲気)が良くなってもそれだけじゃ勝てないということを味わったと思います。

清原 僕は明大戦です。2連敗した後一週間空いて、チームを立て直していかないとダメだという気持ちで臨んだはずなのに、結局同点というかたちになってしまって。2連敗した後のみんなの気持ちや立て直しではまだ全然足りなかったのかなというのを感じました。で、次に二週間が空いたときに、日大戦が終わった後のチーム状況を考えてミーティングして立て直せたので、明大戦は一番悪い例として挙げられます。

――現在の練習の雰囲気はいかがですか

宗海 僕はまだまだだと思います。まだ昔のインカレ前の雰囲気とはだいぶ違うなと。ピリピリしていないというか。楽しくやることと軽くやることは似て非なるもので、今は軽くこなしているなというのを外から見ていて思います。上級生はインカレの大事さを知っているのでしっかりやっているんですけど、下級生はそれをわかっていないと思いますね。

三輪 僕もまだまだだなとは思っています。リーグでも試合前日になったら雰囲気も良く声出しもするんですけど、(インカレまで)まだ時間がある中でなかなか危機感が持てていないなというのはあります。秋リーグ優勝できなかったからこそインカレもこのままだと勝てないというのは常日頃思っているんですけど、それを全員が思って練習しているかというとまだ全く危機感がないかなと思います。

清原 僕も二人と一緒ですね。試合に出る人とそうじゃない人との意識的なギャップが大きいと思っています。秋リーグ終わった後のミーティングで、颯馬さんと宗海さんが、「インカレで絶対後悔したくない、日本一の練習じゃなかったと思いたくない」と言ってくれていて。チームで戦わないとダメなのは秋リーグでわかったことだと思うので、みんなそういう気持ちを持ってやらないとダメだなと思います。

――試合前に必ず行うルーティーンはありますか

宗海 お前(三輪)いっぱいあるだろ(笑)。

三輪 (笑)。

清原 颯馬(三輪)さんからいきましょう(笑)。

三輪 僕は前までは焼きプリンを食べていたんですけど、「焼きプリン勝てねえ」ってなって(笑)。その次にヨーグルトにしたら勝てるようになったので、今はそれを食べています。あと僕が小学校のときに競技ドッジボールをやっていて、そのチームで代々チームのエースに受け継がれている富士山の石みたいなものがあるんですけど、僕のときにチームがなくなったので僕がずっと持っていて(笑)。その石とこれまでのマネージャーがつくってくれたお守りやミサンガを握りしめて、この試合頼むぞというお願いはいつもしていますね。

宗海 大きくいったら二つあって。一つは試合前に全員で集合した後は本当に全員とハイタッチするようにしています。入場のときは選手だけでハイタッチするので、試合前は試合出られない人も含めて全員で。僕は一年生のときに先輩にハイタッチしてもらうだけでもうれしかったので、それを逆にできたらいいなと思って忘れないようにしています。もう一つは試合前に体のパフォーマンスを上げるためにSAVASのような粉末を飲むんですけどあれを飲まないっていう。

一同 (笑)。

宗海 飲んでしまうと僕すごく頻尿なので、ベンチにいると本当にトイレ行きたくなるんですよ。本当に尿意がすごいときは集中がゼロなわけで。

清原 本当にそれのせいなんですか(笑)。

宗海 僕はポカリも飲まないです。

清原 パンチあるなあ。何も言いたくない(笑)。僕は必ず白のアップ着を着るようにしています。その方が気分も上がるというか、見ていて明るくなるので。黒だと気分として沈んでしまう感じがして白を着るようにしています。

三輪 僕は白より黄色の方が明るいと思うので黄色を。

清原 それは目立とうとしているだけです(笑)。

一同 (笑)。

お互いのプレースタイル

清原のガッツポーズを真似する三輪。もう少し大きくやってほしいようだ

――では、お互いのプレーの印象を教えてください。

三輪 うーん。

清原 なんでそんな困った顔するんですか(笑)。

三輪 (笑)。

清原 颯馬さんはポジション逆ですけど、結構参考にしている部分があります。さっき言った高いディフェンスに対する下の絡みのことなど、颯馬さんを見てタイミングを練習してきたので、颯馬さんはすごいなというか真似したいプレーヤーかなと思っています。宗海さんは、僕が宗海さんと比べたら1枚目からの速攻が遅くて、そこは見習うべきだと思うし、宗海さんみたいに速攻の出だしをもっと早くしたいなと思います。

三輪 清原は1対1していて相手の懐に潜っていくんですけど、僕の方が背が低いのそれができないなと思って。どこに潜ろうとしているのかというくらい。たまに相手のみぞおちに潜ろうとしてチャージになることもあって、お前何してんだよ、と思うこともあるんですけど(笑)。でも秋は潜り込んで結構シュートにいけていたので、大きい相手に対してああいうプレーもあるんだなと思って、それはもう僕のものにしたいですね(笑)。宗海はそうですね…あまりないです。

一同 (笑)。

三輪 宗海は秋はあまり試合に出られていなかったんですけど、控えでも出たらチームを盛り上げてくれるような選手だと思います。

宗海 清原はスカしています。

一同 (笑)。

宗海 プレーじゃなくても。僕がベンチを外れたとき、清原が逆サイド1枚目なので応援席から一番近くで見ていたんですけど、スカしているなと。ガッツポーズとかも気持ちが入っていないような。

清原 違いますよ(笑)。

宗海 インカレではもうちょっと、俺がやってやったんだぞ、という気持ちを見せてほしいですね。何でもそつなくこなす人間なので、もうちょっと人間味を出してほしいです。

三輪 ロボットだよ今のままじゃ。

清原 そんなですか(笑)。

宗海 あと速攻は僕に比べたらめちゃめちゃ遅いです。

三輪 自分で言った(笑)。

宗海 颯馬くんは去年も言ったんですけど、僕が認める世界アジリティランキングトップ5に入っています。ただただ速いっていう。それと夏の実業団との練習試合でも、彼は速さとシュートの決定率が異常に速いので、こいつのシュートバリエーションもやはり世界ランクトップ5に入ると思っています。僕は本当に日本一上手い左サイドだなと思っていて、ディフェンスも真似したいんですけど、なんせアジリティが違いすぎて僕が同じ動きをしても普通にミスになるんです。だからもう、嫌いです。

三輪 (笑)。

清原 結論(笑)。

――宗海さんからの印象を聞いていかがですか

清原 スカしているんですかねえ(笑)。

宗海 俺はモチベーションビデオとかでいっぱい過去のプレーを見るからわかるんです。ガッツポーズの気持ちがちょっとなあと。僕が試合中に「頑張れー」とか言っても、目を見てくれないんです。

清原 違うんです。集中しているんです(笑)。

三輪 僕は春に「お前ガッツポーズもっと大きくやれ」って言ったんですよ。それがプレーを小さくしているんだぞと。「決めたら両手広げるくらいにやれ」と言ったらちょっと改善されたんですけど、まだまだ指導が足りないですね(笑)。

――普段とプレーでの印象は違いますか

宗海 清原はスカしています。

三輪 (笑)。日常もスカしてる(笑)。

清原 スカしてないですよ(笑)。

宗海 そつなく生きているので。楽しいのかなって。喜怒哀楽の幅が小さいんですよ。

清原 めっちゃ言うじゃん(笑)。

一同 (笑)。

清原 颯馬さんはギャップがすごいです。試合に集中しているときと日常のギャップもすごいし、日常の中でもすごいです。尊敬できる部分がたくさんあって、例えばトイレに行ったら絶対スリッパを並べているし、あとゴミとかが落ちていたら絶対拾います。

宗海 僕もしています。2年生のときくらいから。颯馬の真似ですけど。

一同 (笑)。

清原 すごいなと思うんですけど、結構かわいい面もあります。一人でいきなり歌い出したり(笑)。かまってほしいのかわからないんですけど、無視してもずっと歌い続けるんですよ。あとは携帯を見て一人でニヤニヤしていたりとか(笑)。

宗海 キモいだろそれは(笑)。

清原 宗海さんは日常は結構静かじゃないですか?

宗海 そうだね。お前の前では静かにしてる。

一同 (笑)。

清原 結構、イヤホンをつけて静かにしているイメージがあるんですよ。

三輪 僕の前ではうるさいので、やっぱり信頼関係が違うんだと思います(笑)。

――清原選手から見て4年生全体はどういった学年ですか

清原 僕からしたら親しみやすい学年ですね。

宗海 それだけ?

清原 いや(笑)。お互い仲良いなという印象はあります。お互いいじりあったりとか。結構孝(齊藤孝佳、人4=城北埼玉)さんとかいじられるんですけど、結局お互い楽しんでいます(笑)。この学年にいたらおもしろそうだなと思います。

――小畠(夕輝、スポ4=岡山・総社)選手とよくゲームをされるとうかがいました

清原 そうですね(笑)。します。二人ともゲームが好きなので、同じゲームをやっています。

三輪 練習に支障が出るくらいしています。

一同 (笑)。

――逆に4年生から見て3年生はどういった代ですか

宗海 うーん、印象ないな。

三輪 ないです。

一同 (笑)。

宗海 なんか、来年が心配ですね(笑)。大丈夫かなっていう。ガチの悪口みたいになっちゃうな…。仲良さそうですね、はい。

一同 (笑)。

三輪 僕が1年生のときの3年生の先輩は、試合に出ていなくても後輩に厳しかったんですけど、今の3年生にはそれがないのかなと。もっと試合出たい気持ちをアピールしてもいいのかなと。感情を表に出してほしいなと思います。真面目に言っちゃった(笑)。

宗海 説教(笑)。

一同 (笑)。

――宗海選手はモチベーションビデオを作成していますが、どれくらいの制作時間なのでしょうか

宗海 ああもう、すんごいかかります。

一同 (笑)。

宗海 僕がギリギリまでやらない人なので直前でやってしまうんですけど、時間でいったら10時間は絶対超えていますね。

――選手のみなさんはよくビデオを見られますか

三輪 見ますね。年々クオリティというか映像の質がすごく上がっていて、本当にコマーシャルくらいのレベルです。

宗海 正直今回微妙だよね。シュートシーンが少ないって伊舎堂(博武、社4=沖縄・興南)に怒られた。

三輪 (笑)。今回は今回で考えがあったらしいんですけど。

宗海 ちょっと感情が入りすぎて、ストーリー性を大事にしすぎたので、モチベーションビデオとしてあまりモチベーションが上がるビデオじゃなくなってしまったなと。

三輪 引退みたいな(笑)。

一同 (笑)。

宗海 インカレでは改善したいなと思います。

清原 僕は結構家で暇なときとかに今までのモチベーションビデオを見ます。

宗海 本当かよ。

清原 本当ですって(笑)。これはマジです。宗海さんの作るモチベーションビデオが単純に好きですね。もっとこれからも作ってほしいです。

宗海 今までのでどれが一番好き?

清原 悠太郎(川島、平29スポ卒=福井商)さんが回転するやつ。

三輪 僕らが2年生の秋のですね。

清原 音楽が良かったですね。WANIMAの『ともに』はあれで売れたようなもんです(笑)。

宗海 あの曲がヒットする前に僕が使おうと思っていたので、あの曲のヒットは僕のおかげですね。WANIMAには感謝してほしいです。お金もらってもいいぐらいです。

一同 (笑)。

――オフの日は何をされていますか

清原 僕は二人(三輪、宗海)と違って彼女がいないので…(笑)。特に遊ぶ人もいないですし、一人でhuluとかDVDで映画を見るとかです。一人で悲しいことしていますね。

三輪 つまらん人生だ。

清原 いや、おもしろいです。

三輪 僕は清原と違って彼女がいるので、彼女と遊んだり。今は簿記の資格を取るために勉強をしている感じですね。

宗海 僕も清原と違って彼女がいるので。

一同 (笑)。

宗海 彼女と幸せな日々を送っています。

――秋のリーグオフも似たような過ごし方でしょうか

清原 僕は携帯がちょっと事故で壊れてしまって。

三輪・宗海 (笑)。

清原 打ち上げのときに。ちょっとあまり覚えてないんですけど(笑)。修理できないくらいになってしまったので一日中ずっと携帯を探していましたね。結局最新型のiPhoneⅩSを買ってしまいました(笑)。

三輪 僕はディズニーに行っていました。

清原 一人ですか?

宗海 いや俺と。

一同 (笑)。

三輪 月曜日は打ち上げ後だったので寝ていたんですけど、水曜日はディズニーで楽しく遊んでいました。

宗海 僕は授業でした。そこはあまり聞かないでください。

一同 (笑)。

「サイドプレーヤー全員のSが入っています」(宗海)

3人はカメラに向かって得点後のSポーズを披露してくれた

――最後にインカレの話に移りたいと思います。組み合わせをご覧になられていかがですか

宗海 一番入りたくなかったところです。

清原 中大とかと比べたらマシですけどね。

宗海 あーほんと?

――やはり筑波大の山だからでしょうか

宗海 僕はそうですね。

清原 秋リーグで最後に悪いイメージつけられたので嫌といったら嫌ですけど。まあ結局優勝を目指しているなら仕方ないかなと思いますね。逆に筑波大に照準を絞れるのはありますし、あらかじめ対策した上で戦えるのはプラスでもあるのかなと思います。

三輪 筑波大の山というのは、正直「おお」とはなりましたけど、当たるのはベスト8なので、そんなに大して変わらないかなと思います。僕はそれ以前に大同大だったり初戦のIPUだったりをしっかり見据えた方がいいのかなと。筑波大を意識しすぎていたら、2年前僕らが徳島インカレで明大を意識しすぎていたように、2回戦あたりで負けてしまうので、インカレは先を見据えず目の前の一戦が大事なのかなと思います。

――ことしのチームの強みや特徴はなんでしょうか

三輪 4年生が主体で出ているということで、一番過ごしている時間も長いですし、その中でいろいろな経験もしているので、お互い息が合えば止められないと思います。けどそこが合わないと、すぐ崩れてしまうチームなのかなと思います。

宗海 僕が春のリーグ戦で思ったのは、タイムアウトやハーフタイムのときに4年生全員が、しっかり意見を持って発言できているし、一人一人が試合の流れなどを考えて行動できているのは強みだと思います。

清原 4年生全員に頼れるかなと思っていて。みんな4年生の誰に対してもプレーのことを聞けるくらいリスペクトしていますし、4年生のチームとしてしっかりできているなと思います。

――インカレのキーマンは誰でしょうか

三輪 …僕です。

清原 そんなボソッと(笑)。

三輪 リアルにいうと、小畠と博武かなと思っています。チームの軸は純平(山﨑、社4=岩手・不来方)かもしれないですけど、大きな影響を与えるのはあの二人だと思っているので。彼らがいかにのびのびとチームのために全力を尽くすかどうかによって周りにも大きな影響を与えると思っていますし、そうなれば勝てると思うので、二人には期待したいというかキーマンだと思います。

清原 颯馬さんが言ったみたいに博武さんやバタさん(小畠)などは影響力あると思うんですけど、ことしは4年生全員のチームなので、4年生全員かなと思います。誰が試合に出て盛り上げたとしても、絶対みんながそれに付いていきますし、それくらい4年生の存在は大きいと思います。4年生の誰かが「こうしよう」と言ったら、ベンチ外の人も「おお」ってなるというか…なんかよくわからないな。

三輪 (笑)。本当の会話みたいにしゃべらないで(笑)。

清原 そうですね(笑)。いや、本当に普通に。

宗海 本当に普通に(笑)。

一同 (笑)。

清原 ちょっと待ってくださいね(笑)。

三輪 緊張すんなって。

清原 …。

宗海 何?終わり?

三輪 (笑)。

清原 誰が引っ張っていっても付いていきたいと思える4年生のチームです。

宗海 キーマンは?(笑)。

清原 4年生みんなキーマンです。

宗海 僕は…翔平(山下、人3=石川・金沢桜丘)と春慶(小林、スポ3=長野・屋代)ですね。

三輪 (笑)。

清原 それは来年じゃないですか(笑)。

宗海 僕も昔から全員がキーマンだという考え方なんですけど。もちろん小畠、伊舎堂は僕も(三輪と)同じ考えで、あとはフローターに波があるのでそれに関わるサイドの颯馬と清原、まあ出られたら僕もハイパフォーマンスを維持しなければならないと思います。そして翔平と春慶、あと由希也(齊藤、商3=東京・早大学院)ですね。

一同 (笑)。

宗海 ベンチ外って試合に出る確率0%なので、自分のことしか考えていないやつだったら応援もあまり力が入らないと思うんです。けど秋リーグの国士舘大戦とか僕がベンチアウトになったときに、翔平とか春慶はもう応援を楽しもうというか、盛り上げることでチームを勝たせようという意識をすごく持っていたのでいいなと思って。インカレでもそういう応援でフルパフォーマンスをしてほしいです。

――インカレで自分が出場したときにここを見てほしいというアピールポイントを教えてください

宗海 僕は本当に不器用なプレーヤーで、泥臭く1点多く取りにいくことに賭けているので、そこを見てほしいのと、あとは得点を決めた後のSポーズです。

一同 (笑)。

宗海 これ俺が考えたんだから。

清原 (カメラへポーズをする宗海を見て)宗海さんのはちょっとダサいです(笑)。

宗海 宗海のS、颯馬のSと島田(将平、社2=神奈川・鎌倉学園)のSと秀介のS、あと空(菅野、教2=神奈川・川和)のS。サイドプレーヤー全員のSが入っています。

清原 それ知った上でやったんですか?

宗海 そうだよ。

三輪・清原 (笑)。

宗海 本当にそうなんだから。俺が島田と、みんなで盛り上がるポーズが欲しいねって言って。Sだなって。

清原 僕は散々スカしていると言われたので、殻を破ってデカいガッツポーズします。

一同 (笑)。

三輪 僕はやっぱり速攻が持ち味だと思うので、とにかく最後の最後まで相手を置き去りにするくらいまで走って、点を決めて戻ってくるというのを一番注目してほしいですね。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします。

清原 挑戦者の気持ちを持って、たとえチームの状況が悪かったとしてもチーム全体で常に積極的にプレーしたいなと思います。

三輪 自分としても最後のインカレですし、これだけハンドボールに熱中する大会も最後だと思うので、とにかく後悔がなかったと思えるような試合をしたいですし、4年生として後輩に意地のあるプレーを見せて優勝したいと思います。

宗海 僕は…頑張ります。

三輪 (笑)。大丈夫それで?(笑)。

宗海 いや(笑)。いろいろ思い起こしすぎて。僕は去年も出場させていただいたんですけど、インカレで点を取ったことがなくて。インカレを無得点で学生生活を終えるのは最悪の事態なので、まず何が何でも点を取ることですね。あとインカレの結果って卒業された先輩方もすごく気にしてくれると思うので、そのときに4年間よく頑張ったなと思ってくださるような結果、つまり優勝というかたちをお見せできたらなと思います。

――ありがとうございました!

(取材・編集 小松純也 宅森咲子 岡本雷太)

サッカーユニフォームでそろえての撮影です!

◆三輪颯馬(みわ・さつま)(写真中央)

1996(平8)年5月18日生まれ。愛知高出身。スポーツ科学部4年。対談ではユニークなルーティーンを明かしてくれた三輪選手。試合でもハンドボールを楽しむ姿勢が伝わってきます。インカレでも抜群の機動力で相手を手玉に取り、サイドからチームを盛り立てます!

◆宗海皓己(そうかい・こうき)(写真左)

1996(平8)年8月19日生まれ。高知・土佐高出身。スポーツ科学部4年。インカレでの得点に猛烈な意欲を見せる宗海選手。色紙の言葉には、斬新で目立つようにという意図が込められているようです。大阪の地でゴールネットを揺らし、勝利へ一役買ってみせます!

◆清原秀介(きよはら・しゅうすけ)(写真右)

1998(平10)年2月8日生まれ。東京・早実高出身。商学部3年。春に比べ得点力が飛躍的に向上した清原選手。逆サイドだけでなく間を割るプレーからもゴールを量産しました。インカレでは先輩たちに指摘されたガッツポーズに注目です!

« 特集に戻る