メニュー

ハンドボール部

« 特集に戻る

2018.11.03

【連載】インカレ直前特集『証』 第2回 山本慶×前田理玖×遠藤瞭

 第2回にうかがったのは山本慶(スポ2=長野・屋代)、前田理玖(スポ2=福井・高志)、遠藤瞭(スポ2=神奈川・法政二)の2年生トリオ。3人の掛け合いからは、仲の良さがひしひしと伝わってきた。

※この取材は10月16日に行われたものです。

「ワセダの課題を見つけられた」(前田)

秋季リーグを振り返る前田。インカレへさらなる成長を目指す

――秋季リーグ(関東学生秋季リーグ)を振り返っていかがですか

山本 最初の4戦が1分3敗ということですごく流れが悪くて、それが終わった後に長めのミーティングをみんなで行いました。みんなの意識というか、チームとして一つの方向に向かっていかないとダメという話になって。そこから4連勝できて6位という結果には終わったんですけど、インカレ(全日本学生選手権)は一発勝負なので、チームとしては負けから得たものは大きかったのかなと感じました。

遠藤 全部言うじゃん。

一同 (笑)。

前田  最初の4連戦と後半勝てた試合の違いは気持ちの面が大きかったと思います。気持ち以外の面では、最初の4連戦は相手のディフェンスシステムなどが(リーグ)後半のチームと違っていて、インカレに向けて高めのディフェンスが苦手というワセダの課題を見つけられたのは良かったのかなと思います。

遠藤 二人とも言った通り、最初の4戦で出遅れたのはあったんですけど、早いうちから負けておいた方があとから改善できるというか。インカレは一発勝負なので、今のうちに負けておいて良かったなと思います。そこから改善できることがいっぱいあるので、それに向けてやればいいのかなと思います。

――個人としてはいかがですか

山本 僕は春に比べたらだいぶベンチ入りはさせていただいたんですけど、ほぼ出ていなくて基本的にベンチウォーマーだったので、あまりチームに貢献できなかった面で個人的には悔しいというのはあります。

前田 僕は去年からベンチ入りさせてもらっていたんですけど、去年はあまり出場回数がありませんでした。ことしは春から少しずつ試合に出させてもらったんですけど、自分がやらなければいけない仕事を果たせなかったのでチームに対して申し訳ないなという気持ちです。まだインカレがあるので前向きに考えて、仮を返すではないけど、自分のできることとやらなければいけないことをしっかりやりたいなと思っています。

遠藤 僕もベンチに入れるかギリギリのところにいるので、今回入れたことは評価できると思います。けどいざ試合に出たときに何もできなくて悔しいなとは思っているので、インカレで挽回できればいいなと思います。

――法大戦では1年生の一発ギャグを選手のみなさんが真似ていましたが誰がおもしろかったでしょうか

前田・山本 村井(達也、スポ1=富山・高岡向陵)です。

遠藤 達也が安定していますね。

山本 ことしはみんなでじゃんけんして決めているらしいんですけど、たっちゃんが出てきたときはもう出てきただけで笑っちゃうっていう(笑)。彼はムードをつくり出すのが上手いですね。

――練習メニューの中で好きなメニューや嫌いなメニューはありますか

遠藤 ラントレは嫌いです。走ることだけは好きじゃないので。

前田 僕はラントレ好きですね。全部の練習がためになっていると思うんですけど、強くなっている感があります。

山本 僕もラントレが好きです。

遠藤 はあ?嘘だろ。

一同 (笑)。

山本 中学高校でいたチームが結構走るメニューが多くて、ワセダでも走れている方なんです。ラントレだと4年生の先輩たちを結構追い抜かして1位になれることもあるのでうれしいというか。そういう意味でラントレは好きです。

紺碧寮での生活

お互いの印象を話す3人

――お互いの第一印象を教えてください

前田 大学入学前に入寮したんですけど、僕より前に入っていた祐貴(中村、スポ2=北海道・札幌西)と隼(岡本、商2=滋賀・彦根東)と瞭(遠藤)の3人が、最初僕が来た時にちょうど新宿に行く約束をしていたらしくて。僕も誘われて祐貴と僕と隼は3人で新宿向かって、瞭は家から行って新宿で待ち合わせたんですけど、その時に(遠藤が)迷彩の軍隊みたいな服を着ていたんですよ(笑)。最初僕も緊張していて自己紹介した方がいいかなと思って名前を言ったら、半無視みたいな感じで(笑)。

遠藤 いやそれはこいつの受け取り方で(笑)。僕は「よろしくね」って言ったんですよ。

前田 僕は田舎出身なので、これが都会人かと(笑)。でも最初は怖かったんですけど、今はいじられキャラみたいな感じです。

――印象は変わりましたか

前田 普通に怖いんですけどね、基本(笑)。

遠藤 うざ(笑)。

前田 慶は高校の時に北信越大会で1回試合していたので面識はありました。筑波大の受験の時に、僕と慶と達也(村井)と遼星(阿南、スポ2=大阪・大体大浪商)と 鮎川(優毅、人2=東京・東学大附)と原ちゃん(遼太、スポ2=岡山・総社)と6人くらいいたんですけど、みんなで落ちて。その時にみんなで「筑波大を倒そうぜ」っていう決意をしました。

山本 僕も遠藤の印象はあまり理玖(前田)と変わらないです。初めて練習に参加した時がウエイトの日で、1年生だけ別メニューだったんです。それで2人ペアになろうってなった時に、遠藤が僕に「やろうぜ」って言ってくれて。でもやっぱり遠藤って怖いんですよ(笑)。見た目めっちゃ怖くてやべえって思ったんですけど、めちゃくちゃ優しかったです。ぱっと見怖いんですけど、根は優しいんだなって。ギャップがみんなにモテるのかなって(笑)。

遠藤 何お前ら(笑)。僕は慶がツイッターで「ハンド部に入るよ」みたいに言っていたので、最初からちょっと連絡は取っていました。かっこいいやつが来るなと思いながら。理玖は寮に入る入らないで揉めていて、お母さんっ子だなと思っていましたね。ずっとお母さんに相談したりしていたので、お母さん大好きなんだなって(笑)。

――では、今の印象、他己紹介をお願いします。まず遠藤さんについて教えていただけますか

前田 遠藤瞭ですー。チャームポイントは。

前田・山本 肩幅(笑)。

山本 あと、めちゃくちゃ優しい。多分一番優しいと思いますよ。

前田 うん、レディーファーストです。

遠藤 褒めてもなんもないぞ(笑)。

山本 口は悪いんですけど、優しいです。

前田 あと、彼は服が好きです。僕が実家帰ってお母さんと話している時にお母さんが「瞭って服好きなの?」って言うくらい。お母さんたちの間でも認められているくらい服が好きっていう。でも、肩幅がありすぎてたまにサイズが合わないらしい(笑)。

遠藤 それはめちゃめちゃ悩みです(笑)。

山本 あと、イベントごとが好きで。僕ら同期はお互いの誕生日を絶対祝うんですけど、基本遠藤がプレゼントをみんなの選んでくれたり、買いに行ったりしてくれて。一番中心になってやってくれます。

遠藤 いや、買いに行かないんですよ、こいつらは
(笑)。だから俺が行くって感じです。

山本 こう言って、実はやりたがり。優しい子なんです。

遠藤 ありがとうございます。

――では、前田選手の紹介をお願いします

遠藤 前田理玖です。こいつはハンドシューズが大好きです。部屋にめちゃめちゃあります。

山本 最近やっとファッションに目覚めて、高いものとかも買い始めました。それをお母さんが喜ぶっていう(笑)。

遠藤 あと、ケータイが大好きです。

山本 ずっとLINEをいじってる。

前田 ツムツム、ツムツム。

遠藤 ツムツムは1週間くらい前からでしょ。

山本 人とのコミュニケーションがめっちゃ上手くて。

遠藤 八方美人です。

山本 ちょっとアホっぽいから話しかけやすいじゃないですか。だからいろんな人と仲良くなっていて、気がついたら誰かと話していますね。

――では、山本選手の紹介をお願いします

遠藤 まあ、見た目かっこいいじゃないですか。

前田 自称、真剣佑です。

山本 言ってないわ(笑)。

遠藤 かっこいいんですけど、中身がちょっとサイコパスというか。

前田 ネジは何本かない。

山本 それはよく言われますね(笑)。

前田 あと魚が好きで、寮の部屋に水槽が2つあって、グッピーと古代魚だっけ?育てています。「よくペットショップ行くって言っといて」ってさっき言われました。

山本 言ってない(笑)。実際ペットショップは行きますけど。ペットが好きで、特に魚が好きかな。

前田 僕も金魚飼っているんですけど。

遠藤 僕も蟹と海老を飼っていたんですけど、いなくなりました(笑)。

山本 この2人はにわかなんで(笑)。

遠藤 お前(前田)の金魚はやばいぞあれ(笑)。全滅したじゃん。

前田 最初めっちゃ真剣に育てて大きくなったんですけど、1回祭りに行って金魚捕まえてきてそれを入れたら病気に感染しちゃって全滅するっていう(笑)。かわいそうでした。

――今の2年生はどういう学年ですか

山本 仲がいいです。

遠藤 うん、めちゃめちゃ仲がいい。

――みなさんでどこか遊びに行かれたりするのですか

山本 夏休みとかはバーベキューに行ったり。全員じゃなかったんですけど。

前田 川とかディズニーランドとかに行きました。

遠藤 11人いるので全員で、というのはなかなかないんですけど、でも仲はいいですね。

――そういった遊びの企画などは誰がされるのですか

遠藤 僕かこいつ(前田)ですね。

前田 2人で「あしたどっか行く?」って言って。部屋は一緒じゃないんですけど、僕と隼で最近二段ベッドを買って、その二段ベッドの下が空くんですけど、そこに布団を持ってきて、こいつ(遠藤)が居候しているんですよ。授業も同じで生活スタイルも一緒なんだよね。

遠藤 っていう感じで一緒にいる時間が長いので、「2人でどこ行く?」って言って(笑)。

――では、お互いのプレーの印象はいかがですか

前田 僕は強豪校出身じゃないので、そんなにハンドボールを高いレベルでやってこなかった身なんですけど、最初にこっちに来て遠藤のディフェンスを見た時に「やば!」って思って。(遠藤は)法政二高出身だから高いレベルでやっていて本当に抜けないんですよ。「やっぱ全国だなー、すげえ」って感じです。慶は高校の時よりプレースタイルが変わっていて、すげえなって(笑)。本当にすごいんですよ、馬力っていうか。

遠藤 最初軽い感じでやるなって思っていたんですけど、いざ見たら力強いというか、(ディフェンスを)引きずって点を取る感じで。

前田 大学に入ってからの成長率はめっちゃ高い気がします。

山本 そんなことはないです(笑)。

前田 なんかエンジンを付けているみたいな。重いんですよね。

山本 お前(前田)は見た通り軽いもんね。

遠藤 ぴょんぴょん跳んでやるタイプですね。

山本 でも、こいつ(前田)はチャランポランに見えて、シュートはちゃんと決めてほしいところで決める印象があります。プレーは軽くて、ミスも多いんですけど、しっかり決めるところは決めてくれる。ハンドだったら意外と頼れます。私生活は人に付いていきがちで頼れないですけど(笑)。

――ハンドボールを始めたきっかけを教えてください

山本 僕は小学校の時にバスケをやっていて。親がハンドボールの先生なんですけど、小学校の時は親もやっていたし(ハンドボールを)やるのは恥ずかしいなと思っていました。でも中学に上がる時に、僕の出身の長野はハンドボールをやれる中学校が4校くらいしかなかったんですけど、たまたまその中学校に行って。やっぱり学校が少ないということで上の大会にほぼ確実に出られるので、「ちょっと勉強したくないな」と思ってハンドボールを始めました(笑)。

前田 僕は中学校から始めたんですけど、小学校は陸上をやっていました。中学は違う競技をやろうと思っていた時に、お母さんの妹が実業団でハンドボールをやっていてそれを何回か見に行ったことがあったので、1回(ハンドボール部を)見学してみようと思って行ったらハマりました。明倫中学校っていうところだったんですけど、そこがハンドボールが強くて有名だったので。それがきっかけです。

遠藤 僕もお母さんがハンドボール部の顧問だったので。小学校の頃から近くにジュニアハンドボールクラブがあったので、お母さんが「やりな」って言ってやったのがきっかけで今まで続いています。

――今の1年生の印象はいかがですか

山本 1年生も仲良いよね。僕らよりも人数多いんですけど、みんなでご飯に行ったりしている印象があります。

遠藤 一人一人個性が強くて、同じやつがいないっていう。それぞれ面白いところがあって、関わっていて楽しいなと思います。

前田 紺碧寮に4人1年生がいるんですけど、福田(友貴、スポ1=神奈川・法政二)とか陸生(奥村、スポ1=神奈川・法政二)とか、法俊(佐藤、スポ1=長野・屋代)も中村(匠、スポ1=千葉・市川)もそうなんですけど、みんな話しやすくて。ナメられてるのかもしれないんですけど友達感覚です(笑)。福田とは一緒に部屋でサッカーゲームしたりします。だから接しやすいなという感じです。

――特に仲の良い部員はいらっしゃいますか

遠藤 僕は紺碧寮にいる時間が長いので、紺碧生が仲良いのかなと思います。

山本 僕は屋代高校出身なんですけど、一個上に小林春慶先輩(スポ3=長野・屋代)がいて、一個下に佐藤法俊とトレーナーの村田恭平(スポ1=長野・屋代)がいて。練習前とか練習後に地元トークというか、地元とか屋代高校でこういうことあったらしいよとかいう話は頻繁にするので、紺碧以外だったら同じ出身の人が気を許せるところは結構ありますね。

前田 じゃあ福田で(笑)。一緒にゲームするので。同期だったら紺碧の5人ですかね。広い部屋じゃないんですけど、いつもぎゅうぎゅうでみんなで

山本 一緒にいるんですよ、いつも。

前田 お前もいるやん(笑)。

山本 俺はそんなにいない。コンコン、ガチャ、「みんないるねー」って言って帰る(笑)。

前田 遠藤の部屋や島田(将平、社2=神奈川・鎌倉学園)の部屋に集まって、何をするわけでもなく好きなことしています。

遠藤 おしゃべりするわけでもないっていう(笑)。合宿じゃね?あれは。

前田 ただスマホいじって、しゃべるわけでもなく、ただ同じ空間にいる(笑)。まあ、楽だよね。ご飯とかも一緒に食べるしお風呂も一緒です。

――オフの日は何をされていますか

遠藤 僕は最近ドラマを見ています。ドクターXをシリーズ1から見たりして、暇つぶしています。

――インドア派なのでしょうか

遠藤 いや、そうでもなくて。

山本 遠藤は出る方だと思います。

遠藤 僕はどっちかというと外に遊びに行きたい派なので。雨が降ったりした時は家にいますけど、それ以外は「どっか行こう」って。でも(前田が)「嫌だ」って、「めんどくさい」って言うから(笑)。他の友達誘ってどっか行きます。

前田 僕は最近ネットフリックスに入ったので、映画見ています。

遠藤・山本 え?

前田 それか、ツムツムですね。

遠藤・山本 え?

遠藤 僕と慶が何かやっている時こいつ(前田)を見ると大体LINE。

山本 通知しかこないですこいつ。

前田 ネットフリックスだって(笑)。

山本 僕は基本的に部屋にいるんですけど、理玖とか遠藤に誘われたら外に出る感じですね。あとは1人でペットショップ行くくらい。近くにあるんですよ。

前田 2人で岩盤浴も行きます。この間も行ったよね。

山本 温泉とか結構好きです。遠くに行くのは面倒くさいんですけど、花小金井に銭湯があるので基本そこに行って。この間は5、6時間いました(笑)。

――リーグ後のオフも似たような過ごし方でしたか

前田 1日温泉に行ったのと、何したっけ?お前らカラオケ行ってたじゃん。

山本 あ、カラオケ行きます、最近。

前田 僕はカラオケあんまり好きじゃないんで部屋で1人寂しく。

遠藤 こいつ本当に歌わないんですよ。

前田 聞いてるのが楽しいって言ってるやん。

遠藤 歌わなきゃ意味ないじゃん(笑)。

山本 遠藤は結構歌うまいんですよ。

――何を歌われるんですか

遠藤 コブクロが好きなので、コブクロです。

前田 ちょっと歌ってみて。

遠藤 嫌だよ(笑)。

一同 (笑)。

遠藤 最近本当にカラオケはよく行きます。女子部も仲良いので一緒に行ったりします。

――女子部ではどなたとよく行かれますか

遠藤 美春(垣内、社2=富山・氷見)、瑞萌(吉田、スポ2=佼成学園女)、紗菜(衣川、スポ2=愛知・旭丘)直緒(衣川、社2=愛知・星城)、とか。本当にみんなと行きます。

山本 偏りはないですね。

「一人一人の力がすごい強み」(山本)

山本は4年生への絶大な信頼を語ってくれた

――最後にインカレの話に移りたいと思います。組み合わせをご覧になっていかがですか

遠藤 厳しい山に入れられたなと。

前田・山本 うん。

――やはり筑波大の山ということでしょうか

遠藤 まあ大同大もです。

山本 大同大もディフェンスシステムがね。

遠藤 うん。組織的にやってくるというか。

前田 練習試合を結構やっているんですけど、あまり良い印象はないかなという感じなので。

山本 嫌なところを徹底的に攻めてくるというか。監督さんがしっかりしていてハンドボールが好きな方で、ハンドボールを知っているなと思います。徹底して(スタイルを)チームに浸透させているイメージではあるので、やりづらい相手といえばやりづらいですね。

――ワセダのチームの強みとしては何が挙げられますか

遠藤 フィジカル面は関東でも上の方にいると思うので、当たり負けしないというのが一つの武器なのかなと思います。

山本 個々の力というか。例えば颯馬(三輪、スポ4=愛知)さんだったら速攻だったりサイドシュートだったり。小畠(夕輝、スポ4=岡山・総社)さんだったら強い1対1とかロングシュートで。純平(山﨑、社4=岩手・不来方)さんだったらステップシュートだったり、ディフェンスだったり。博武(伊舎堂、社4=沖縄・興南)さんだったら予測できないプレーやゲームメイクがあります。一人一人の力がすごい強みだと思うので、そこが上手く連係したらもっと強い力が生まれるんじゃないかなと思います。

前田 秋リーグ全体を通して、筑波大には35点取られたと思うんですけど、それ以外は20点前半とかで。点が取れずに負けた試合が多かっただけで、ディフェンスは春から秋にかけて結構安定してきているのかなと思います。羽諸(大雅、スポ3=千葉・市川)さんのキーピングや、純平さんを中心にディフェンス力が上がってきているのは強みなのかなと思います。

山本 練習のとき、僕らはAチーム相手にBチームとして戦うことがあるんですけど。詰めの速さなど、ディフェンスの組織的な力が上がってきているなと実感するんですよ。それをインカレで出せたらいいんじゃないかなと思います。

――インカレを勝ち上がる上でキーマンになる選手は誰でしょうか

山本 僕は颯馬さんかなと思います。得点源でもありますし、精神的支柱でもあるので。試合中、颯馬さんはサイドにいるんですけど、サイドから「パスをもっと速く回せ」とか「もっと1対1強くいけ」とか、みんなにアドバイスされているので、颯馬さんがインカレで活躍できればチームとしても上にいけるんではないかなと思います。

前田 博武さんですね。ワセダは基本攻めの起点が博武さんからだと思うので、博武さんの良い面でも悪い面でもあると思うんですけど、博武さんの調子で左右される試合が多いので、そういった意味ではキーマンなのかなと思います。

遠藤 やっぱり小畠さんがどれだけ点を取れるかで変わってくると思います。秋も最初の4戦は小畠さんがあまり調子が良くなったというか。でも(リーグの)後半は小畠さんがしっかり点を重ねてくれたから勝てた試合もあるので、小畠さんの得点力というのはワセダに必要だと思います。

――やはりみなさんの4年生への信頼は厚いのでしょうか

遠藤 厚いですね。

山本 バケモノばかりなので。

――自分が出場したときに、ここを見てほしいというアピールポイントを教えてください。

山本 僕は二人も言ってくれたんですけど、1対1が強みだと思っているので、1対1を見てほしいです。ゴリッと抜くので。そこをどれだけ出せるかがインカレのモチベーションでもありますね。

前田 慶みたいなすごい1対1とか小畠さんみたいなすごいロングシュートを持っているわけではないんですけど、出られるときは得点を取ってくれると思って出してくれると思うので、その期待には応えたいですね。どんなかたちでもいいので点をとって、流れを変えられる選手になりたいです。

遠藤 僕はポストだと小さい方なので、(ポジションを)張るとか高いところでボールをもらうことはできないんですけど、その分機動力は他の選手に比べたらあると思うので、機動力を生かしたプレーができたらいいなと思います。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします。

山本 インカレは一発勝負で負けられない大会なので、さっき挙げたように自分の強みである1対1を生かして勝利に貢献できればいいなと思っています。

前田 今の代はスポーツ推薦ないじゃないですか。それなのに特に4年生はこんなにすごい選手がそろっていて、こんな年ないっていうくらいメンバーがいるので、本当に優勝できると思うし、めっちゃ優勝したいから、練習のときからチームに貢献できるようにしたいのと、個人としても優勝できるチームに少しでも力になりたいし、欲を言えばレギュラーで活躍するくらいあと1カ月で自分も成長したいなと思います。

遠藤 今からだと時間に限りがあるので自分の長所というかできることをしっかり日々追求して、出たら自分が出されている意味というか、自分ができることをしっかりやれたらと思います。

――ありがとうございました!

(取材・編集 小松純也 宅森咲子 村井稜)

熟考の末、それぞれの意気込みを一文字で表現してもらいました!

◆山本慶(やまもと・けい)(写真右)

1998(平10)年12月1日生まれ。長野・屋代高出身。スポーツ科学部2年。出場機会への貪欲な姿勢がうかがえる山本選手。自身の強みを1対1でのオフェンスと語ってくれました。自慢のパワーを生かしたプレーに期待がかかります!

◆前田理玖(まえだ・りく)(写真左)

1999(平11)年2月22日生まれ。福井・高志高出身。スポーツ科学部2年。小学生までは陸上をやっていたという前田選手。流れを変えられる選手になりたいと抱負を語ってくれました。持ち前の瞬発力と速さを生かしたプレーに注目です!

◆遠藤瞭(えんどう・りょう)(写真中央)

1998(平10)年6月9日生まれ。神奈川・法政二高出身。スポーツ学部2年。仲の良い2年生の中でもアクティブな遠藤選手。強豪・法政二高で培った実力は折り紙付きです。機動力を生かしたポストとして、より一層のレベルアップを誓います!

« 特集に戻る