相撲部

« 特集に戻る

2018.10.30

【連載】インカレ直前特集『奮励努力』 第1回 長谷川聖記×浅田大介×二見颯騎

 インカレ直前特集「奮励努力」。栄えある初回は、長谷川聖記(スポ2=愛知・愛工大名電)、浅田大介(社2=石川・金沢学院)、そして二見颯騎(スポ1=東京・足立新田)のフレッシュな3人組。すでに全員が団体戦の出場経験があり、インカレにかける思いは十分。そんな3人には相撲部での様子を始め、大学での私生活の話まで語ってもらった。

※この取材は10月13日に行われたものです。

「先輩方は本当に良い人ばかり」(二見)

笑顔あふれる二見

――まずは、1年生の二見さんから2年生二人の他己紹介をお願いします

二見 まずは、長谷川聖記先輩です。長谷川先輩はすごくストイックで練習熱心で、とても尊敬しています。普段も意外と優しくて、ご飯とかに連れて行ってくれるいい先輩です。
次は浅田大介先輩です。浅田先輩は、入ったときに変わっているなと思ったんですけど、主務で部の仕事をよく頑張ってくれる先輩です。

――次は逆に2年生の二人から二見さんの他己紹介をお願いします

長谷川 スポーツ科学部1年の二見颯騎くんです。一見真面目そうに見えるんですけど、実はお調子者で、普段よくいじってくるんで、同級生って感じがします(笑)。

浅田 二見颯騎くんです。僕も同じで、最初は真面目なんかなと思ったんですけど、絡んでいくにつれてすごくはっちゃけて(笑)。さっき浅田先輩って呼ばれたのもすごく違和感があって、いつもは「大介」って呼ばれているんですよ(笑)。結構お調子者なんですけど、すごく愛敬があって、そういうところで聖記とも絡んだりしていて、全然悪い風には取られない可愛さはありますね。

――二見さんにお聞きします。ワセダで相撲をやろうと思ったきっかけを教えてください

二見 ワセダを選んだきっかけは、同じ高校の先輩の橋本侑京(スポ3=東京・足立新田)がいて、橋本さんは自分が小学生の時くらいから知っていて、そういった身近な先輩がいるのは入りやすいし、ワセダの自主性を重んじるような雰囲気にも惹かれて選びました。

――そして、入って半年経った今の印象はどうですか

二見 最初寮に入ったときに、相撲部の同級生が一人もいなかったので、すごく怖かったんですけど、でも先輩方が1年生が一人だからということで優しくしてもらって、本当に良い人ばかりだなと思います。

――ことし半年を振り返って、これまでの手ごたえはいかがですか

長谷川 個人としては、去年のインカレで負けてから、(ことしの初戦だった)東日本(東日本学生選手権)に向けて稽古をしてきて、それの結果はよかったんですけど、その後にけがをしてしまって、練習も思うようにできずに気持ち的に落ち込んでしまったんですけど、逆にプラスの意味でとらえられてはきているんですけど、まだ本調子ではなくて、自分の相撲を見失っている気がするので、今までが良すぎた気もするんですけど、今までにないような感じでこの1年は良くないなと思っています。

二見 僕もワセダ入って、東日本の団体戦で1年生ながら使ってもらったんですけど、なかなか勝てなくて、あまり良くはないですね。でも、こないだのリーグ戦(東日本学生リーグ戦)では明大相手に1勝できて、そこに関しては少しは貢献できたのかなと思いますね。

浅田 団体戦は自分は1年生のときは出ていなくて、2年生になってからメンバーに入れてもらえたんですけど、個人戦とは違って、団体戦独特の緊張があって、それに結構のまれてしまった部分がありました。でも、リーグ戦をきっかけに、周りが「緊張しなくてもいいよ」という言葉をかけてくれて、それで自分の中では団体に対する緊張感みたいなものが和らいだなというのがあります。インカレでは僕はレギュラーではないんですけど、もし出る機会があれば、リーグ戦での感覚でやれたらなと思っています。

「オフの日は昼寝と音楽鑑賞」(浅田)

時折照れながら話す浅田

――先輩方からアドバイスをもらったりすることはありますか

一同 うーん…。あまりないですね(笑)。

長谷川 僕は最近だと、「受け身になりすぎたり、まわしを取ることにこだわりすぎだ」と言われましたね。

浅田 言葉で、練習中や大会の時に言われるんですけど、「自分なりの相撲を取れ」とか「気負わなくていいよ」と言ってもらえて楽になることはありますね。

――大学生活だと、普段の授業はいかがですか

二見 勉強は高校のときよりは難しいんですけど、スポーツ科学部なんで、相撲にいかせそうなことを学べて、勉強自体は楽しいです。

浅田 1年生のときと比べたら、勉強の仕方も分かって慣れてきて、レポートとかも書きやすくなってきました。それと2年生からゼミが始まったんですけど、それにも慣れてきて、自分の興味を共有し合ったりしながら自分の好きなことをやれているって感じですかね。

長谷川 自分も同じで、1年生のときは授業についていくので必死だったんですけど、今は余裕も出てきて、自分の興味があることとか相撲にいかせることを学ぶことによって相撲にもつながっていると思うので、楽しみながら授業を受けています。

――普段の食事で気をかけていることはありますか

長谷川 僕はなるべく野菜を摂ったり、自分は体重が減りやすいので、なるべくお腹いっぱいになるまで食べるようには常に心掛けていますね。

二見 僕もたくさん食べる。それだけですね(笑)。

浅田 僕も同じですね。間食はできるだけとらない。しっかり三食で食べることを心がけていますね。

――それぞれの地元の魅力を教えてください

浅田 自分の金沢は、京都に続いて文化が栄えているところだなと思って、金箔や漆器や折りもの、九谷焼もあるんで、文化が栄えている印象です。あと食べ物は魚介類がおいしいというのはよく言われていて、自分はあまり分からないんですけど、先輩が金沢大会で来てくれた時に「魚おいしいね」と言ってくれたので、そこも魅力の一つかなと思いますね。

長谷川 僕の名古屋はやっぱりご飯がおいしいですね。味噌が有名なんで、それを使った味噌カツとかひつまぶしであったりとか、いろいろあるんですけど…。食べ物しかないんですよね(笑)。おでんとかにも味噌をつけるんですけど、初めてこっちの寮に来たときに味噌がなくて、驚いたりもしましたね。本当にご飯しかないですね(笑)。

二見 僕は東京出身なんですけど、住んでいた期間は埼玉の方が長くて、入間市なんですけど、茶畑が多くて自然豊かというか、お茶がおいしいです(笑)。

――これまでの遠征や合宿で印象に残っているエピソードを教えてください

浅田 自分は十和田(全日本大学選抜十和田大会)ですね。ことしは十和田大会のときに誕生日だったんですよ。そしたら二人がコンビニでケーキを買ってきて祝ってくれて、去年はなかったので、すごく印象的でしたね(笑)。ありがとうって(笑)。

長谷川 自分は1年生のときの夏合宿ですね。高校まで合宿があまりなかったので、どういう感じなのかと思っていたら、決まったメニューではなく選手が考えて自主性を重んじたトレーニングで、すごく面白いなという印象を受けました。そして一番きつい練習の後に、最後みんなで打ち上げみたいなことをして、夏のいい思い出になりましたね。

二見 僕も夏合宿ですね。高校までは合宿と言えば、まわしを持って行って相撲を取るだけだったんですけど、大学はまわしを持って行かないトレーニング合宿なのが新鮮でしたね。やっぱりきつい練習をやった後にバーベキューをしたりと、オンオフが分かれていたのも印象的でしたね。

――普段、オフの日は何をやっていますか

長谷川 僕は友達とご飯行ったりもあるんですけど、一番は筋トレをしたり、昼寝をしたりですね。あとはドラマが好きなので、録画したドラマを見たり、たまに映画館に行って見たりもしますね。あと、温泉も好きで一人で行ったりしますね(笑)。

二見 僕も昼寝が多いんですけど、実家が入間で近いんで、日曜の午前練習が終わった後とかは家に帰ったりしますね。やっぱり家族と話したり、ご飯を食べたりする時間は大切ですね。

浅田 自分は基本的に休みの日は寝ています。そうですね、音楽鑑賞と昼寝です。

横にいた先輩方 えっ、全然違うよ(笑)。音楽を聴くとかそういうレベルじゃないよ。

浅田 ふつうに音楽を聴きながら寝ていますね。ロックが好きなので、UVERworldとかONE OK ROCKとかいろんな曲を聴いています。

横にいた先輩方 いやいや(笑)。

――二見さんのお父さんと監督さんが昔同じ土俵で稽古していたそうですが、これもワセダに入ったきっかけの一つですか

二見 そうですね。このことを知ったのは高校生の時で、ワセダを選んだ直接のきっかけではないんですけど、これも何かの縁だと感じています。

――スポーツ学部の友達で、他部活に所属している注目選手などいたら教えてください

長谷川 僕は、ウエイトリフティング部の木村勇喜(スポ2=兵庫・明石南)やレスリング部の梅林太朗(スポ2=東京・帝京)とは寮も一緒で仲良くてさせてもらっています。二人とも世界大会に出たりと、活躍しているのですごいなと思いますし、自分の刺激にもなります。それから練習方法の意見交換だったりもよくしているので、良い関係性だなと思っています。

二見 自分は、パッと思いつく人はいないんですけど、他部活の人と話して、こういう練習方法があるのかとか新しい発見があったりはします。

浅田 すいません…。僕は(社会科学部なので)ないです(笑)。

「ことしはインカレのために練習してきた」(長谷川)

終始穏やかな表情で話す長谷川

――大相撲で好きな力士、あるいは目標にしている力士はいますか

長谷川 僕は白鵬(翔、宮城野部屋)で、YouTubeとかで特集を見たりすると、やっぱり相撲に対する意識も違うなと感じて、自分と相撲スタイルも似ていて吸収できる部分も多いので、相撲も速いですし、強いなとは思いますね。

二見 自分が見ていて面白いなと思うのは阿炎(政虎、錣山部屋)で、勢いのある相撲で自分とは全然スタイルは違うんですけど、やっぱり見ていて面白いですね。

浅田 …。

横にいた先輩方 お前、去年はなんて言ってたっけ?あっ、地元が同じだから遠藤(聖大、追手風部屋)だったか。

浅田 それで言うなら、最近活躍している豊山(亮太、時津風部屋)も(地元が同じ)ですね。

横にいた先輩方 お前、先輩だけはいっちょ前やな(笑)。

浅田 じゃあ、好きな力士は豊山で(笑)。実際、先輩が活躍しているのを見るのはすごいなと思うんで、自分も頑張ろうと思いますね。応援しています(笑)。

――好きな力士が分かったところで、自分の得意なかたちや技を教えてください

長谷川  僕は四つ相撲ですね。そんなに意識はしてないんですけど、取る上でのコツは、あまり力は入れずにまわしを取る位置に気をつけて、相手がここを取られたら嫌だなというところを取って攻めるようにはしていますね。

――それは相手によって対策を変えたりはしているんですか

長谷川 そうですね。相手が小柄だったら、中に入らせたら投げられたりするんで、なるべく中に入れさせないだったり、大きい相手だったら相手の方が重いので、下から押すようには意識していますね。

二見 僕の得意なかたちは右まわしの前ミツを取って頭をつけるかたちが得意ですね。そのために立ち合いで右まわしを一発で取れるように意識はしています。あと、取れなくても手を下からあてがうようにして、相手をできるだけ起こしてまわしを取れるように意識しています。

浅田 得意なかたちというよりはクセなんですけど、よく左をおっつけることがよくあって、それからの押しですかね。なんかそれが僕のかたちなのかなとは思いますね。

――先ほど誕生日の話があったんですけど、皆さんは遠征じゃない時も部員の誕生日を祝ったりしているんですか

長谷川 そうですね。それは絶対するようにはしていますね。

浅田 いろいろプレゼントとかあげたりしていて、聖記だったら、ことしは顔面にシュークリームを投げたり(笑)。

長谷川 クリーンヒットして鼻血が出て(笑)。二十歳だったらお酒をもらったりしましたね。でも自分の誕生日が近づいたら、祝われるだろうなってだいたい分かるので、みんなでご飯に行ってお祝いしたりはしますね。

浅田 僕のときは帰省と被っていて、人数がいなかったんですけど、マックでポテトを買って、みんなでワイワイと(笑)。

横にいた先輩方 お前それで嬉しすぎて号泣しとったもんな(笑)。

一同(爆笑)。

――それでは最後にインカレに向けて、まずは個人戦での目標を聞かせてください

長谷川 今はあまり良い状態ではないんですけど、個人戦での入賞は目標にしてやってきたので、まずは最低でもベスト32には入って、そこから一番でも多く勝てればいいなと思っています。

浅田 自分は低い感じになってしまうんですけど、最低1勝、できたらもう1勝と積み重ねていければいいなと、できるだけ勝ちたいと思っています。

二見 僕は個人戦では思い切って相撲を取るだけで、相手は上級生ばかりなので、どれくらい通用するか試すだけですね。

――では、集大成のインカレ団体戦に向けての意気込みをお願いします

長谷川 去年悔しい思いをして、ことしはインカレのために練習してきたつもりなので、勝つということは考えずに、楽しむことを考えながら、4年生は若林先輩ひとりなので、みんなで声を出しながら勝ちにいく気持ちでいけば、ベスト4という目標もいけなくはないと自分は思っているので、自分の立場としてもしっかり自覚を持って、インカレに向けてやっていきたいなと思っています。

二見 僕は団体戦に出させてもらうからには勝ちたいです。ベスト4を目標にチーム一丸で楽しんで相撲を取りたいです。4年生も若林先輩が最後の大会なので、気持ちよく引退してもらいたいです。

浅田 僕は当日は基本的にサポートなんですけど、他の選手たちがいつもの練習の感じでパフォーマンスを発揮できるようなかたちでサポートして、自分も交代選手なので、いつでも出られるよう待機しときたいです。当日は後ろからのサポートを頑張ります。

――ありがとうございました!

(取材・編集 吉岡拓哉)

仲の良さがうかがえた3人

◆長谷川聖記(はせがわ・まさき)

1998(平10)年5月28日生まれ。180センチ、130キロ。愛知・愛工大名電高出身。スポーツ科学部2年。今季は橋本選手とともにチームを引っ張る勝ち頭に成長。6月の東日本学生選手権では団体戦Aクラスで全勝、個人戦でもベスト16と実力を発揮しました。その後はけがで満足な相撲が取れていないですが、インカレでの完全復活に期待です!

◆浅田大介(あさだ・だいすけ)

1998(平10)年8月15日生まれ。175センチ、115キロ。石川・金沢学院高出身。社会科学部2年。普段は主務としての業務をこなすしっかり者ですが、好きな音楽はロックという意外な一面もあります。今季は初めての団体戦メンバー入りも経験し、殻を破るのも時間の問題。躍進に期待しましょう!

◆二見颯騎(ふたみ・そうき)

1999(平11)12月18日生まれ。174センチ、110キロ。東京・足立新田高出身。スポーツ科学部1年。橋本侑京選手(スポ3=東京・足立新田)直属の後輩。5月の東日本学生新人選手権ではベスト8入りし、敢闘賞を受賞した期待の星です。団体戦メンバー入りが濃厚のインカレでは、必ずチームに勝ち星をもたらします!

« 特集に戻る