庭球部

« 特集に戻る

2018.08.10

【連載】インカレ直前特集『SUMMER WARS』 第3回 小林雅哉×千頭昇平

 第3回に迎えるは小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)と千頭昇平(スポ2=愛知・誉)。前年度チャンピオンである島袋将(スポ3=三重・四日市工)が欠場するため本命不在の男子シングルスで、優勝候補に挙げられる二人だ。インカレを制したルーキーイヤーから一転、2年目の昨季は思うような結果が残せなかった小林雅だが、今季は関東学生トーナメント(春関)でシングルスベスト4に入るなど本調子を取り戻しつつある。千頭もケガから復帰し、フューチャーズ大会で本戦に出場するなど調子は上向きだ。早大が誇るトッププレーヤーたちの、インカレに向けた思いを伺った。

※この取材は7月14日に行われたものです。

「久々に試合で勝てた気がした」(小林雅)

春関ではベスト4と復調の兆しを見せた小林雅

――新体制が始まってからの振り返りをお願いします。まずは全日本学生室内選手権(インカレインドア)を振り返っていかがですか

千頭 新体制になっても、特に何か変わったところに関して僕はなかったかなと思います。

小林雅 まぁ、千頭も言った通り男女ともに優勝がワセダだったので、新体制になっていいスタートが切れたんじゃないかなと思います。

――春関を振り返っていただいて、どのような大会になりましたか

小林雅 去年の春関は自分はケガで出れなくて。今年は出場することができて、納得する結果ではなかったんですけど、なんとか久々に試合で勝てた気がして。なので、悪くはなかったかなと思います。

――千頭選手はケガをされたと聞きましたがいつ頃ケガをされましたか

千頭 ケガというかずっと肩がだるくて。去年もだるかったのですが、気にせずプレーを続けてたんですけど、2月あたりにもう我慢できないほど症状が出てしまって、そこからはリハビリに専念することになりました。ずっとリハビリしてて、春関は無理して出場するのではないと判断して、欠場しました。

――肩の状態はどうですか

千頭 今は普通にプレーできています。インカレの時は最高のパフォーマンスを披露できると思いますよ。

――ケガをしている間もずっとトレーニングをしていた姿が印象的です

千頭 そうですね。ずっとリハビリしていました。

――リハビリしていたおかげで何か変わったことはありますか

千頭 肩をずっとリハビリしていたおかげでサーブがよくなったという感触があります。でもまだ内緒です(笑)。

小林雅 なんなのそれ(笑)。

――自分の得意なプレーを教えていただけますか

小林雅 粘り強いプレー、ですね。

千頭 得意なプレーですか。どう思います、小林さん。

小林雅 知らんわ(笑)。バックハンドでいいよ(笑)。

千頭 全部得意という風にしとかないといけませんね!みんながライバルなので、全部が得意です。

――では逆に苦手なプレーは何ですか

小林雅 ネットプレー苦手なので、克服しようと思っているんですけど、未だにうまくならないのでそこはもう無理なので(笑)、そこは捨てています。

千頭 僕の苦手なプレーですか?ないです。苦手なプレーはなしです。

――早慶戦を振り返っていただいて、小林雅選手はチームにとって重要な勝利を収めましたが、いかがですか

小林雅 やっぱりダブルスが1-2で回ってくるとすごい緊張してしまって。結構ケイオーと対戦するとダブルスが1-2で回ってくるイメージがありますね。去年も僕が1年生の時のリーグでも1―2で回ってきていた気がする・・・やっぱり気持ち的に余裕を持ってできなくなってしまいますね。なんとか勝てた感じです。後はファイナルまでいったのですが、もう少し体力がないといけないと感じました。

――千頭選手はベンチコーチとしてチームをどのように見ていましたか

千頭 一緒に戦っているので、静かにするよりは一緒に声を出した方が仲間も声が出るかなと思ったので、声を出しました。自分が試合に出ていないので、応援することしかできないんで、それを精一杯やりました。

――慶大と対戦してみて、慶大に対する印象はどのようなものになりましたか

小林雅 やっぱり羽澤(慎治、慶大1年)が入って強くなったなっていう印象があります。ダブルスを競り勝っていればもう少しこっちは余裕を持ってプレーできたのかなと思います。なので、ダブルスが大事になってくるんじゃないですかね。

――千頭選手はどのように見ていましたか

千頭 慶大を見てて、テニスの面はすごい団結しているなという印象を受けました。男女問わず団結しているなと思います。男女関係なく一生懸命最後まで応援しているので、チーム力ではワセダも負けてられないですね。

――慶大は春関の結果が振るわず、早慶戦でいつも以上に気合が入っていた印象でしたがいかがでしょうか

小林雅 僕らも慶大は個人戦ではそんなに勝たないイメージがあります。上杉さん(上杉海斗、江崎グリコ)がいた時は結構勝っているなというイメージだったんですけど。僕が1年生の時も春関はいい形でもインカレはあまりよくないイメージだったと思うんで。団体に力を入れていると思うので、リーグとかでは強くなってくる感じですね。

――団体になると怖くなるイメージですか

小林雅 そうですね。春の早慶戦では余裕で勝てているのに秋には負けそうになることも多くて、それが去年、一昨年と続いてるので、そこが怖いですね。

――早慶戦の後にどのようにチームは進んでいますか

小林雅 早慶戦の課題としてダブルスの負け。決め切れない部分とか、前に詰める部分とか、本番の試合になると前に出れなくなってしまう部分などが要因としてありました。ダブルスで出場しそうな選手は今メインで練習を色々しています。だいぶよくなっていると思うので、本番に期待したいと思います(笑)。

――春関では全体的に法大が強いイメージを受けたのですが、いかがでしたか

小林雅 羽澤が負けたから・・・なんだかんだみんな強いイメージです。

千頭 今年は法政が慶應と同じくらい、というか慶應より強いんじゃないかってくらい強いですよね。ね、みんな強いです。

――強くなってきたなと感じる選手はいますか

千頭 みんな上がってきてますね。

小林 岡垣(光祐、法大2年)とかは結果残してから強くなってきたなというイメージです。後は川橋(勇太、筑波大3年)。

千頭 (川橋選手は)ワセダには負ける気がしないという風に言っているので、ノリに乗っているのでそのノリをね。

小林雅 ぶっ潰すね。負けたくないよね。

千頭 潰してあげます。

二人の出会いは・・・

普段から仲が良い?小林雅(右)と千頭

――話題を変えてもうすぐ試験ですが、不安な教科はありますか

千頭 僕はやれば単位はくるものばかりなんで。

小林雅 多分勉強すれば単位くるんですけど、僕らは絶対しないので(笑)。多分人頼みになると思う。テストだったらまだやるよね。レポートとかになると・・・本当面倒くさくなっちゃって(笑)。

千頭 どれだけ助けてくれる人がいるかに懸かっています。どういうアドバイスをくれるかで単位にかかわってきますね。この前は長倉くん(謙伸、スポ2=静岡)にアドバイスをもらいました。

――小林雅選手は勉強の方は問題はないですか

小林雅 全くないかと言われると、問題はあります(笑)。

千頭 全く(勉強)してないと思います。

――単位はちゃんと取れている感じですか

小林雅 まぁまぁ、ですね。落としてますけど、大丈夫な範囲だと思います。必修を取らなければいけないので、それだけしっかり。

――庭球部の中で成績がいい人はいますか

小林雅 僕の同期は古賀(大貴、スポ3=大分舞鶴)。

千頭 やりたがりが佐藤祥次さん(スポ3=大分舞鶴)。

小林雅 まぁでも、古賀とかはしっかりしてますね。大分舞鶴だし。あと早実あがりで早野(遼平、社3=東京・早実)も多分頭いいのですが、結構チャランポランなんで(笑)。

千頭 2年生頭いい人、いないな。

小林雅 風哉(木元、社2=埼玉・早大本庄)、風哉頭いいでしょ。あとは・・・

千頭 頭よさそう。まぁでも謙伸も頭いい。あとはいないですね。ほぼ馬鹿ばかりです。

――突然ですが大学に入ってからはお二人は対戦経験はありますか

小林雅 ないです。

千頭 ないですね。

――一番最近だといつ頃ですか

千頭 高校2年生のインターハイですかね。

――では、その試合を振り返っていただいてよろしいですか

小林雅 ファーストセットはとても簡単に取られてしまってやっぱり強いなって思っていました。そうしたらセカンドセットで明らかにおかしくなって。その日に2試合やってて、その前に1試合やってからきていたのですが、急に動きが遅くなって最初わざとやっているかなと思ったくらいで。セカンド簡単に取れて、ファイナル入っても変わらなくて、顔がすごく疲れている顔になっていたので、疲れているのかなと思いながら僕はプレーしていましたね。

千頭 あの日程は異常ですね。みんなを怪我させにきているとしか思えない過密な日程で、8ゲーム1日4試合やらされました。

小林雅 でも次の日ダブルスなかったでしょ。

千頭 ダブルスなかったですけど、その日と次の日きつすぎてファーストセットよかったのですが、暑すぎてもう試合に集中するどころかではなくなって。

小林雅 いや、俺の方が絶対きつかった。ダブルスやってるもん。

千頭 暑さの方が勝ってもう戻ってこれなかったです。暑さと過密日程すぎるので調整をして欲しいと高体連には思いましたね。

――高校以前から仲はよかったですか

小林雅 仲はどうなのだろう。普通にしゃべるぐらい。

――最初の出会いは何でしたか

千頭 中学生の時に試合して負けました。みんな気がついたら試合したことある人ばっか。

小林雅 そんなお友達になろうみたいな機会があったわけでもなく、テニスをやっていたら名前を覚えていていつの間にか喋るようになってます。

千頭 テニスのいいところですね。いつの間にか仲良くなってる。

小林雅 ITFとかで結構喋るようになってるけど、あの時は日本人が固まって喋ってますね。

――では本格的に仲良くなったのは大学からですか

千頭 寮も一緒なので、いつも一緒にいるのでよくしゃべるようになりましたね。

――『小林、千頭は仲がいい』と聞きますがどうですか

千頭 そうなのか(笑)。

小林雅 古賀伝いじゃない(笑)。

千頭 まぁ、お互い子供ということで。

一同 (笑)。

小林雅 そういうことにしてもらっておいて(笑)。

千頭 実際の年齢19、20とかですけど精神年齢はもっと低いと思います。楽しくやってますね。

――では他に誰と仲がいいですか

小林雅 古賀じゃない。

千頭 みんな仲がいいです。学年問わず、みんな喋りますね。寮でうるさくしているのは古賀ですね。

小林雅 うるさくしてるってお前らがうるさくしてるだけだわ(笑)。

千頭 本当にあの人はうるさいです。

小林雅 大体こいつが古賀の部屋行って叫んでドーーンみたいな感じです。おーいって叫んでます(笑)。廊下走ったりして(笑)。

――誰か注意する人とかはいないのですか

小林雅 いないです(笑)。あぁ、騒いでるなぁって感じでみんな無視してます。

――最近「半端ないって!」という人はいますか、できればエピソードも交えてお願いします

千頭 森川(菜花、社3=山口・野田学園)半端ないっす。あと古賀半端ないです!それぞれ理由は割愛します(笑)。

――今年の1年生の印象はどんな感じですか

小林雅 あんまり関わってない・・・

千頭 元気な子が多いなという印象です。僕のことを先輩と思っているかわかりませんが、とてもいいことだと思います。個性がある人がいっぱいいますね。おすすめは西原くん(優輝、スポ1=神奈川・湘南工大付)ですね。思いやりのあるいい子です。

――千頭選手は誰かの教育係には付きましたか

小林雅 もう終わったよね?

千頭 ついてました。武藤洸希(スポ1=東京・大成)ですね。一番やんちゃですね。

小林雅 あれはやばいね(笑)。

――小林雅選手は誰の教育係についていたのですか

小林雅 僕は田中(田中優之介、スポ2=埼玉・秀明栄光)です。まぁ、大丈夫ではなかったですね。

千頭 僕は古賀さんがついていました。二人ついてました。僕と谷垣(谷垣絢也、スポ2=東京・足立学園)に古賀さんがついていて、最初はもっとワセダは上下関係が厳しいものだと思ってたので、ビクビクしてましたね。ルールを破ると罰当というのがあって、教育係も一緒にやらなければいけないんですけど、谷垣がやらかすせいで八つ当たりで古賀さんが僕にもキレてましたね(笑)。今だったら言い返せるんですけど、その時はビビッてたので、何も言えませんでした(笑)。

――今年は後輩に特に怒ったことはないのですか

千頭 僕は怒れないですね。自分がちゃんとしていないので。

小林雅 その通り(笑)。

一同 (笑)。

――2年生で比較的しっかりしている人は誰でしょうか

小林雅 いないですね。本当にいないです。(2年生には)いる?誰かちゃんとしている人。

千頭 ふじしゅん(藤井竣介、商2=愛知・昭和)はまぁ、ちゃんとしています。

小林雅 あーー、ふじしゅんだ。ふじしゅんはちゃんとしてる。

千頭 頭はとてもいいです。

――インカレは岐阜で行われますが、おすすめスポットはありますか

千頭 織田信長みたいな像が立っています(笑)。

小林雅 なんかでもビアガーデンみたいなのあるよね。

千頭 馬刺しだっけ、なんかあるよね。

小林雅 結構どこ行くのにも歩くよね。

――大会中でも外食するのですか

小林雅 みんなでどこか食べに行きます。去年はどこに行ったか覚えていないや。

千頭 何もないです。遊ぶところはないです。ご飯屋さんはありますけど。他には暑いだけ。

小林雅 あるのはあと、カラオケぐらいかな(笑)。

千頭 たまにリフレッシュとしていくのならありですね。

「出るからには優勝しかない」(千頭)

インカレを見据え、笑みをこぼす千頭

――ここからはインカレに向けた質問に戻ります。まずは去年のインカレを振り返っていただけますか

小林雅 僕は去年怪我して復帰直後だったので、体力的に正直きつかったです。悔しい負け方でした。三好さん(健太、平30スポ卒)にセカンド5-3から負けてしまいました。

千頭 足攣ったのでしたっけ。

小林雅 いや、ファイナルで攣った。6-2、5-3でやらかしちゃいました。本当に悔しかったです。切り替えて今年頑張れればいいかなと思います。

千頭 1年生の時膝の調子がよくなくて、不安を抱えながらの試合でした。春関は予選はなんとかなったのですが、案の定今村くん(慶大2年)に負けてしまって。自信を失ってて、悩む日々だったんですけど、試合を何回か行う内にやればできるのだなぁと思い始めて。インカレはワセダのジェネシス島袋くん(島袋将、スポ3=三重・四日市工)に負けてしまいましたけど、試合ができる喜びを実感することができましたね。今年は本戦からなので頑張りたいです。

――お二人ともダブルスに関してはいかがですか

小林雅 ダブルスは本当にペアに申し訳ないとしか思っていません(笑)。去年はタイブレークになって中大のペアに負けて。今年もペアがうまいので、迷惑をかけないように頑張りたいです。

――先輩と組むのはあまりなかったと思いますが、その点に関してはいかがでしょう

小林雅 初めてですね。(ペアの齋藤聖真選手(スポ4-神奈川・湘南工大付)は)アップダウンが激しいんですけど、僕はそれを笑いながらなんとかしようかなと思っています(笑)。

千頭 ダブルスは男がやるものではないな、と(笑)。男はシングルスだろうという勝手な思いがありますね。苦手ではないと思うのですが、振り返ると僕のサーブがブレークされて、負けているのってのがあります。僕のサーブで負けていると言っても過言ではないと思います・・・。一番印象に残っているのは王座の上杉・山﨑瑛二(4年)組との試合で、あの試合は僕のサーブをすべてブレークされて負けてしまって。やっぱりダブルスやらなくていいんだと思いました。でもサーブがよくなったので、もう完璧ですね。基本はやりたくないです(笑)。

――今年は島袋選手が欠場となりますがダブルスはどうなりますか

千頭 今年僕はシングルスだけですね。やむを得ず出場できないので、ある程度ポイントをいれてくれるみたいです。ラッキーって感じです(笑)。

――インカレのコートに対して何か対策はしていますか

小林雅 いや、特に対策とかはしていません。僕がラリー好きなのでいっぱいラリーできるなと思ってます。

千頭 とても遅くてなかなか決まらないので、暑さに負けず我慢強くなることがあのコートで勝つには必要ですね。

――ご自身の注目ポイントは何でしょうか

千頭 サーブに注目して欲しいですね。僕のサーブキモイってYouTubeで言ってるやつがいるんですけど、本名だせよって思ってます(笑)。去年ダブルスで優之介に「レッツゴー!行くぞ!」って声を掛けてたらシングルスでも僕言ってしまってて、それもYouTubeに「レッツゴーは寒い」って書かれてました(笑)。一回封印してしまったんですけど、今年もレッツゴー言うかもしれないんで期待しててください(笑)。

小林雅 僕もまぁ、声に注目でお願いします。

――最後にインカレに向けて一言ずつお願いします

千頭 優勝ですね!!!!!!!!!!!!!!出るからには優勝しかないです。

小林雅 頑張ってベスト4以上で。

千頭 絶対嘘じゃん。こう言ってますけど心の中では優勝すると思ってますよ。

小林雅 審判つくまではいきたいな。とにかく頑張ります!

――ありがとうございました!

(取材・編集 小田真史、松澤勇人)

個性的なお二人の個性的な対談でした!

◆小林雅哉(こばやし・まさや)(※写真右)

1997(平9)年9月22日生まれのAB型。身長170センチ、体重64キロ。東京都出身。千葉・東京学館浦安高出身。スポーツ科学部3年。今季の主な戦績は、関東学生トーナメントシングルスベスト4、ダブルスベスト16。全日本学生ランキング男子シングルス6位、ダブルス16位(2018年6月付)。後輩の千頭選手との対談ということで、いつもよりもツッコミ役に回ることの多かった小林雅選手。上級生として、しっかりと対談をまとめてくれました!

◆千頭昇平(ちかみ・しょうへい)(※写真左)

1998(平10)年10月22日生まれのAB型。身長175センチ、体重68キロ。愛知県出身。愛知・誉高出身。スポーツ科学部2年。昨季の主な戦績は、関東学生選手権男子ダブルス優勝、全日本学生室内選手権男子シングルス準優勝。全日本学生ランキング男子シングルス2位、ダブルス7位(2018年6月付)。苦手なプレーはないと語ってくれた千頭選手。インカレでは強化したサーブでポイントを取り、「レッツゴー!」と叫ぶ姿に期待です!

« 特集に戻る