野球部

« 特集に戻る

2018.05.31

【連載】春季早慶戦直前特集『覇者の矜持』 第6回 加藤雅樹

 印象に残っている打席は、本塁打を放った打席ではなかった。特にライバル視する森下暢仁(明大3年)に、うまく対応した内野安打の打席だった。優勝こそ慶大に譲ったが、「同級生の個人成績は気になるし、そこでは負けたくない」と言える気持ちの強さは、確かな自信の証。ワセダの大砲から放たれる闘争心むき出しの言葉を、ご堪能あれ。

※この取材は5月24日に行われたものです。

復活

昨季の大不振を乗り越えてみせた

――まずはこれまでを全体的に振り返って、うまくいっているところと課題と感じていることを教えて下さい

 うまくいっていることは、安打はそこそこ出ていることです。課題は、決定機で打てていないということと、守備のミスが一個出たということです。

――安打が出ているということについて、なかなか結果が出なかった昨季と比べて違うところはありますか

 技術面で言えば、軸がぶれないように(フォームの)無駄を省いたので、その分安打が出ていると思います。精神面では、秋よりはポジティブに明るくなっていると思います。

――無駄を省いたということについて、立大戦後にフォームを修正したとのことですが、具体的に教えて下さい

 立大戦はかなり右肩を入れて(体を)ねじっていました。今まで横からの動画しか見ていなかったので、前から撮った動画で初めて気づいたことです。肩がすごい(内側に)入っていたので、これじゃ差し込まれると思って修正しました。

――今季は初戦で安打が出ました。その時の気持ちを改めて振り返って下さい

 秋は開幕から5試合安打が出なかったので、なんとか初戦で1本は打ちたいと思っていたので、すごいうれしかったです。(安打が出るまでは)不安で、最初の2打席凡退した時はフラッシュバックしそうになったんですけど、打てた時はやってて良かったなと思いました。

――今現在の4番に対する考え方、周囲からの期待の受け止め方はどのようにしていますか

 ワセダの4番というのはすごい先輩方が打ってきていますし、チームを勝たせないといけないと思います。でも、(今季は)4番で勝った試合というのがないのが、自分の中での悩みです。周囲からの重圧はそんなに感じていないんですが、自分が思い描く4番像とはかけ離れているなと思います。

――その思い描く4番像について詳しく教えて下さい

 やっぱりチームを勝たせるということです。法大戦の小島さん(和哉主将、スポ4=埼玉・浦和学院)みたいに…。投手だからというのもあるかもしれませんが、(法大1、3回戦は)小島さんで勝った試合でした。やっぱり「加藤で勝ったよね」という試合が少ないというか全くないので、そういう試合をたくさんつくれる打者が4番だと思います。慶大で言えば郡司(裕也、慶大3年)とか。あのように打点を稼がないとダメだよなと思います。

――やはり郡司選手は意識しますか

 そうですね。やっぱり同じ4番を打っていて、同級生で。あれだけ勝負強いですし、決定機で打ってるという印象がすごくあるので、尊敬もありますし、負けたくないという気持ちもあります。

――郡司選手は高校時代、U18日本代表でした。

 そうですね。高校時代自分も捕手で、(郡司は)仙台育英で。当時自分は負けていたんですけど、この早慶戦で勝ちたいと思います。

――歴代のワセダの4番の中で、目標にしている選手はいますか

 中学高校の時に見ていた年代としては、小野田さん(俊介、平27社卒=東京・早実)や武藤さん(風行、平27スポ卒=石川・金沢泉丘)や丸子さん(達也、平28スポ卒=広島・広陵)は、自分が早実に入った時に4番を打っていて、決定機で打っているというイメージが本当に強かったです。この3人のように活躍したい、もしくは超えていくような存在になりたいなと思っています。

――今季、監督やチームメイトから掛けられた言葉で印象に残っているものはありますか

 法大1回戦で失策したときに、監督室に呼ばれて「試合では日頃の積み重ねが出る」と話されました。確かに、守備に関してはオープン戦から失策はしてこなかったので、大丈夫だろうという過信や油断があの場面で出たと思います。野球をなめていたらしっぺ返しがくるというのは痛感させられましたし、監督さんのお話もあって、今後は改めてなきゃなと思いました。

――他に、OBの方やファンから声をかけられて印象に残っているものはありますか

 やっぱり、長打が見たいという話は聞いています。それは自分が一番分かっているので、たくさん長打を打ちたいと思って練習しているんですけど、公式戦でなかなか出ないというのは苦しい部分です。

ライバル

同学年への対抗意識を燃やしている

――ここからは各試合について振り返って頂きます。まず、明大戦では、開幕前に特に打ちたいと話していた森下暢仁(明大3年)との対戦がありました。試合後は「個人的な勝負は引き分け」と話していましたが、改めて振り返っていかがですか

 すごく個人的ですが、楽しかったです。真っすぐが速くて、カットする球があって、チェンジアップもあってという、ザ・本格派投手なので、自分もそれにフルスイングで応えたいなという気持ちがありました。楽しいという気持ちがあっていいのか分からないですが、個人的には対戦して楽しい投手だなと思っています。

――お二人で何か会話はされましたか

 一応、しましたね。対戦したあとに球場で会ったときは話しました。

――どんなお話されたんですか

 すげえなー。いや、打ったクセに。みたいな(笑)。

――そして、明大2回戦では、伊勢大夢投手(明大3年)から本塁打を放ちました

 どの球にも対応しようと思っていた中でインコースにきて、打てたというのは自信になりました。今まではインコースがウィークポイントだったので、そこが改善できて成長を感じられましたし、うれしい一打でした。

――法大戦では、2回戦以降安打がなかなか出ませんでした

 そうですね。初戦はいい感じで打ててたんですけど、2回戦以降、配球に関して悩むことが多くなって。結果が出なかったときに、ポジティブにいようという考えだったんですけど、ネガティブに入っていってしまったというのはあると思います。

――配球に関しての悩みとは何ですか

 例えば「初球何かな」とか考えていて、違ったときに、「うわ、そっちだったか」と引きずっているような感じですかね。

――今季全体で、納得のいった打席や印象に残っている打席を挙げるとしたら何ですか

 (長めに考えて)森下暢から打った一塁への内野安打とか。映像で見たら難しい球だったんですけれど、今までにないぐらい、うまく対応できたなと思います。

――どんな対応ですか

 それもインコースの真っすぐがギリギリのところにきました。うまくバットを内側から出して強い当たりが打てたので良かったです。

――一つ前の打順を打つ福岡高輝選手(スポ3=埼玉・川越東)の状態が上がっていますが、福岡選手の印象、プレーを見ていて思うことを教えて下さい

 コンスタントに安打を打っていて、右翼にも左翼にもすごくきれいに打ち返すので、見てて気持ちいいなと思います。

――お二人で話すことはありますか

 よく一緒に練習するので、打撃の話は多少しますけど、感覚がちょっと違うというか。(福岡は加藤と)違う感覚を持っているので、お互いを尊重してあまり深入りせずにしています。「どんな感じで打ってるの?」と聞いて、「へー」で返すような、そんな会話です(笑)。

闘志

――早慶戦に向けてのお話を伺います。これまでの早慶戦の個人成績はどう捉えていますか

 全早慶戦も含めて全然打ってないので、慶大の選手は抑えられるだろうと思って投げてくると思います。そこは跳ね返したいというか、変わったぞというのを見せたいなという気持ちはあります。

――事前に回答頂いたアンケートの中で、早慶戦での結果が出ない理由の一つとして、力んでしまっているかもしれないと書いて頂きました。気持ちのコントロールをするためにしている考え方やルーティンはありますか

 緊張と向き合うようにはしています。自分が緊張しているということをまぎらわすようなことはしないで、緊張していることを客観的に捉えるようにしています。

――いつごろからやっていることですか

 高校のときから、緊張をまぎらわすために笑ったりとかそういうことはしないようにしています。

――慶大のなかで特に対戦したい選手や打ちたい選手はいますか

 津留﨑(大成、慶大3年)と仲いいので。高校では何度も対戦してるんですが、まだ大学入って対戦してないと思うので、お互い成長してると思いますし、力試しというか。これも楽しい勝負になると思います。

――高校時代対戦していたときのイメージはいかがですか

 結構僕が三振していると思います。多分あまり打っていないと思います。

――慶大投手陣全体の印象はいかがですか

 本当に全員球速くて、コントロールもいいです。変化球の精度もすごく良くて、(いい投手が)何枚もいるので、なかなか大量得点はできないと思います。

――どのように立ち向かおうと考えていますか

 打撃面は、とにかく食らい付くということが大事だと思います。あとは、走塁とか守備面が肝になると思います。そこでの失敗は許されないと思います。

――以前、柳町達選手(慶大3年)と本塁打の数を競っていると話していましたが今も意識していますか

 向こうはどう思ってるか分からないですけど(笑)、自分は同級生の成績がすごく気になりますし、そこで負けたくないなと思っています。自分は同期全員と競っているつもりです。

――早慶戦での個人目標を教えて下さい

 慶大からだけまだ本塁打を打っていないので、すごく個人的ですが、本塁打を打ちたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 吉岡篤史)

豪快な一発で早大に勝ち点をもたらしてください!

◆加藤雅樹(かとう・まさき)

1997(平9)年5月19日生まれ。185センチ、86キロ。東京・早実高出身。社会科学部3年。外野手。右投左打。クールな印象が強い加藤選手ですが、色紙を書きながら「見られてると緊張するなー」と無邪気にひと言。その後、撮影した写真を確認すると「めっちゃ顔テカってるじゃん。まあ誰もそんなところ見ないか」と言いながら、顔を拭いてもう一枚。ワセダの大砲にもキュートな一面があるようです。

« 特集に戻る