ラクロス部

2018.05.16

早慶定期戦直前主将対談 早大・MF永廣めぐみ主将×慶大・AT友岡阿美主将

 早慶定期戦——。日本のラクロスの試合で最も観客が押し寄せるといわれる試合である。慶大日吉競技場で行われるこの激闘に向けて、早大・MF永廣めぐみ主将(スポ4=米国・ラファイエット)と慶大・AT友岡阿美主将(法4=東京・慶応女)にラクロスのことやラクロス以外のこと、そして早慶定期戦について話を伺った。

※この取材は4月13日に行われたものです。

親交の深さ

仲の良さをうかがうことができる

――とても仲が良いと伺いましたが、初めてお会いした時はいつですか

友岡 初めてお会いした時…。あまり記憶にない…。

永廣 練習試合かな…。

友岡 でも本格的に仲良くなったのは、去年新人キャンプというのがあって、そこで同じタームでコーチとして行っていた時です。

――その時のお互いの印象はいかがでしたか

永廣 もともと知っていたからね…。

友岡 試合に出ているということでは知っていたので、人間性が新たに見えました。

――その人間性の部分というのは

友岡 明るくて気さくだったので、話しやすかったです。

永廣 一緒、一緒(笑)。

友岡 嘘でしょ、絶対(笑)。

――今では遊びにいく間柄ということで…

永廣 私がスナチャ(スナップチャット)で「遊びに行っていい?」って軽いノリで聞いて。

友岡 「全然いいよ〜」って(笑)。

――ではお互いにプレースタイルの説明をお願いします

友岡 めぐは、フィジカルは間違いなく強くて、MFなのでATもDFも嫌だなと思うタイプだし、予測とかの部分ですごく強いです。ボールの奪いどころや、ここ点入りそうというところに大体いる人間なので、そういう意味ではプレーしていて嫌だなと感じるプレーヤーです。100点満点じゃない?(笑)

永廣 そんなにうまく言えないよ〜(笑)。とにかく元気で、小さくてすばしっこいからディフェンスやっている側としてはすごく嫌です。やっぱりケイオーの得点源だと思うので、そこをワセダとしてはいかに止めるのかが重要なキーマンです。

友岡 お互いキーマンです(笑)。

「支えられている人たちのためにやらなきゃ」(永廣)

気付いたことはすぐにいうことを心掛ける永廣

――主将になられた経緯を教えてください

友岡 リーグ戦(関東学生リーグ戦)のワセダ戦が1個上の先輩の引退が懸かるかもしれない試合だったので、そこの前あたりから「さすがにそろそろ私たちの代も決めなければいけないね」という話をしていて、話し合いが同期で始まりました。最終的に自分が主将をやらせてもらえるというかたちになったので、そんなにこれといった特徴もないです。

――ワセダはいかがでしたか

永廣 もう波乱万丈でしたね。

友岡 え〜、やば(笑)。

永廣 結構大変だった。リーグ戦が終わるくらいの時期から話し始めて、最初はコーチの方から主将と副将をいわれたんだけど、反対が出て誰にしようとなって、同期の中でもう1回話し合って、投票もして最終的に私になりました。

――結果的にお二人は主将になられましたが、どのようなスタイルで引っ張っていこうと思われましたか

友岡 私はもともと去年から副将をやっていたというわけではなくて、新人育成の係をやっていて、そこの段階で私が主に関わっていた代が2個下の代で今の2年生なんですけど、2年生と本当に同期みたいに接して、でもきちんとそこの人たちをラクロスのプレーヤーとしても育てなきゃいけなくて、チームとして2年生をまとめるという考えで自分のプレーと並行してやってきていました。主将としても私に付いてこいというタイプではないので、みんなでまとまっていきたいという思いもありますし、どちらかというと他の人の背中をガンガン押せる方がいいかなと思っているので、私はそういうタイプかなと思っています。

永廣 私はガツガツ引っ張る系で、昔から何でもいえたから、練習中とかも気付いたことはすぐにいって、その場で問題を解決しようというタイプで、去年もそうだったから、今年もそういうスタイルで何でもいおうと思っています。でも自分は不器用でうまくやれるタイプではないから、周りの力を借りつつ、主将としてみんなを引っ張っていくようにはしています。

――始動してみて苦労されたことはありますか

永廣 新しいコーチに変わったので、今までとは全く違う関係性を一からつくりあげなければいけないのは大変で、つなぎ役としては頑張りどころでした。

友岡 これという部分はないんですけど、去年がいい結果を残した分、やっぱりそこを超えていかなくてはいけないという気持ちが、私自身もチームとしてもすごく強いので、それを今はリーグ期ではないので取り込めないとちょっと感じる部分ではあるので、この今基礎練とかをしている期間からいかに去年を超えられるかみたいなのは試行錯誤しながら取り組んでいます。

――主将に就任されて良かったことはありますか

友岡 支えてもらっている人のありがたさをより実感するようになりました。ケイオーのOB、OGの方だったり、三田ラクロスとか、私たちをサポートしてくれている人たちと直接的にお話しする機会があって、私たちはこのチームだけでやっているんじゃなくて、いろいろな人に支えられて、チームが運営できて、ラクロスをする環境ができているんだなと感謝できるようになりました。

永廣 すごい分かる!去年まではあまり分からなかったけど…。

友岡 何この人たちって思ってたもん(笑)。誰だろうって(笑)。

永廣 とりあえず挨拶しておこうって(笑)。あんまり関わってこなかった人たちとも関わるようになって、責任を持ってやらなきゃと思ったし、勝つのは自分たちのためだけじゃなくて、支えられている人たちのためにやらなきゃと思います。

「女子大生っぽいことはしたいつもり(笑)」(友岡)

――ラクロスを始められたきっかけは

友岡 私は小学生からずっとテニスを続けていて、大学で何しようかなと考えた時に、ずっと個人競技しかやってこなかったので、チームスポーツをやってみたいなという思いがあって、たまたま高校からラクロス部があったので、その子たちにも「ラクロスやってみない?」とか声かけてもらったりしていて、気付いたら入っていました。なんでか分からないの(笑)。

永廣 誰と練習会に行ったの?。

友岡 ももか(MF石田百伽、経4=東京・慶応女)とかと行った。「入らないわ〜」とかいっていたら二人とも入っていた(笑)。

――永廣選手はいかがですか

永廣 私も小学4年から高校までバスケをやっていて、大学入ってもサークルでバスケやろうかなと思っていたんだけど、どうしても本気でずっとやってきたから、大学生になっても本気でやりたいなと思った時に、新歓で日本一を目指して頑張っているラクロス部に出会って、すごく魅力的で入りました。

――結果的にラクロスを始められて4年目に突入しますが、ラクロスの魅力はなんでしょうか

友岡 ラクロス自体が日々めっちゃ進化している。

永廣 それな〜。

友岡 日本で入っていないことを、インスタとかでラクロスの動画とか見ていて、これやりたいみたいなのを突き詰めていけば、「ラクロス楽しい!」みたいなのが、日々ある感じなので、ラクロスって可能性秘めていて、そこは魅力に感じます。

永廣 新しいルールとかね。どんどん本当に進化しているからそれが楽しい。

――就職活動などもお忙しいと思いますが、オフの日は何をされていますか

友岡 私のオフの日の話なんて需要なさそうなんだけど(笑)。

永廣 多分みんな読み飛ばすよね(笑)。

友岡 最近は就活をするじゃん。最近じゃなければバイトは練習が朝で夜にできちゃうから、オフの日にわざわざバイト入れないじゃん。という派なの、私は。

永廣 私はバイトやっていないから分からない。

友岡 そっちか(笑)。オフは、夏とか冬だったら、新人戦に向けて2年生たちが練習しているので、そこをコーチしに行ったりしていて、本当に何にもないときは、なんかおいしいものを食べに行ったり、女子大生っぽいことはしたいつもり(笑)。

永廣 ジャージで行くの?(笑)

友岡 「私服」!ここ重要!ここアンダーライン(笑)。

永廣 本当かよ(笑)。

友岡 本当、本当(笑)。

永廣 オフの日は午前中はグラウンドがあるから自主練して、その後はおいしいものを食べに行ったりとか…。

友岡 「ジャージ」?。

永廣 「ジャージ」(笑)。

友岡 え〜、嘘でしょ(笑)。

永廣 みんなそう(笑)。練習ある日とあんまり変わらない生活をしているから。東伏見でご飯食べて…。

友岡 1回東伏見から出よっか(笑)。

永廣 あんまり出ないね。夜はちゃんとおいしいご飯食べて、私服で新宿あたりに出ることもある。

――部内でブームになっていることはありますか

永廣、友岡 メッシュを使う(笑)。

永廣 「貸して〜」、「いいよ〜」みたいな。

――使い心地もだいぶ違われますか

永廣、友岡 全然違う。

永廣 楽しいよね〜。

友岡 楽しい。

永廣 可能性広がるよね。

――早慶同期戦をやったと伺いましたが、日頃から早慶の選手で交流はありますか

友岡 今は忙しいから特にできないけど…。でも、やりたい、やりたいという意思はめっちゃ強くない?

永廣 強い。

友岡 本当に早慶同期戦を開催してくれたのも、私たちがオフ期間中だったのから、あんまり人集まらないかなと思ったら、結構な人数が「行けます!」みたいな感じで、あ〜きゃ〜しながら試合して、ご飯食べて。

永廣 ご飯会も結構来たよね。

友岡 来たね。

永廣 関東選抜の子たちは仲が良いんだけど、他の子たちはあんまり知り合っていなかったから、そのご飯会で結構知り合ってくれたよね。

友岡 面白かった。

――仲良くなられると試合中はどうですか

永廣 チョー楽しい。

友岡 何も気にならなくない?

永廣 気にならない。めちゃくちゃ楽しい。

今シーズンのチーム

主将としてチームメイトの背中を押していく友岡

――自チームの特徴を教えてください

友岡 結構個性豊かで、一人一人がいろいろな強みを持っていて、それをみんなでどうやって生かしていこうかみたいなのを考えていると思っています。あとは、ケイオーってどんなチーム?

永廣 ケイオーは足が速いチームだよ。

友岡 でもそんなに足速くないよ。速い人は一部だもん。

永廣 でもそのイメージしかない。あとは、ボールへの執着心がすごく強いチームだと思う。ケイオーは強いよね。

友岡 強い…。合っているかは分からないけど…。

永廣 ワセダはさっきもいっていたけど、フィジカルだよね。トレーニングもすごく頑張っているし、当たり負けはしないチームで。あとはミスしても「大丈夫だよ、次だよ」みたいなタイプで、できなかった後とかも補い合ってできる学年だから、優しいチームなのかなとは思うけど、優しくはないか?

友岡 プレーとして優しいか優しくないかは置いておいて、優しい雰囲気の人が多いのは確かかな。

――今シーズン取り組まれていることはありますか

友岡 プレー面に関しては、去年を超えなきゃいけないという部分で、去年から圧倒的運動量といっていて、走るというところを強みに考えていたチームなので、それをパワーアップしなきゃいけないねと考えているのが一つ。あとはプレー以外のことになっちゃうんですけど、広報活動とかをしっかりやっていこうかなとなっていて、組織図とかもいろいろ改変して、ラクロスとか、ケイオーラクロスというチームをもっと対外にアピールしたいみたいなのが強くて、いろいろロゴを変えてみたりとか、SNSの頻度を上げるとか、グッズを考えてみるとか、いろいろ取り組みははしています。

永廣 ワセダはスローガンが『繋』なので、パスを、思いを、伝統を勝利へ『繋』ぐという意味があるんだけど、練習中はパスを『繋』ぐは当たり前で、練習外だとOGさんとか今まで歴代の方々の思いを『繋』ぐというのにフォーカスしていて、コーチの方もOGさんだから、OGさんに話を聞いたりしている。あとはラクロス部だけで完結するんじゃなくて、周りも巻き込んで、『繋』ごうみたいなイメージで他の部活とコラボしてSNSに載せたりだとか、いつも練習場を貸してもらっているアメフト部や清掃員の方にありがとうございますとチョコレート…。

友岡 え〜!バレンタインデーにみんなであげたのかと思った。

永廣 バレンタインにあげたよ。

友岡 かわいい、やること!

永廣 ワセダ外の人から影響をいただこうと思って、今プロでラグビーをやっている畠山選手(畠山健介、平20スポ卒=佐賀工)にいろいろなことを教えていただいたりとか、今度は父母会をやろうかなと思っていて、父母の方との関係を『繋』いでいこうかなって活動しています。

――プレー面ではいかかですか

永廣 いっちゃう?

友岡 いっちゃって。

永廣 今は日本一に向けてやっています(笑)。

友岡 誤魔化された(笑)。

――六大学交流戦(六大戦)をはじめとする実戦の機会がありましたが感触はいかがですか

友岡 六大戦にフォーカスを当てていないといったら嘘になるんですけど、六大戦は一番基礎を積まなければいけない大事な期間にあるので、ある意味立ち位置として難しくて、その中で自分たちが実戦形式で何ができるかなと考えた時に、よりチャレンジする場かなと考えていて、5試合をやってどんどん課題が見えてきた試合になったのかなと思ったので、今は課題の改善に取り組んでいる状態です。

永廣 六大戦は私たちも一緒で、優勝するためにやっているとかじゃなくて、練習してきたことをいかに発揮できるかというのを中心にやっていて、六大戦が始まった頃は勝てなくて、練習試合とかも本当に勝てなかったんだけど、徐々に数ヶ月たつにつれて自分たちのやりたいプレーも試合で発揮できるようになって、ワセダとしてやりたいことは統一でき始めたかなというのがあります。でもその反面基礎が全然できていないので、そこは課題ですね。

――狭山での試合で戦ってみていかがでしたか

友岡 寒くて、寒くて…。

永廣 寒かったね。正直どう?ワセダに勝てると思った?

友岡 「勝つぞ〜!」とていって挑んで、「ん?」みたいな感じで終わった。可もなく不可もなくみたいな終わり方をして、しかも去年も引き分けていて、「また早慶戦に持ち越しか〜」みたいな。

永廣 そうそう!

友岡 「もうこれは早慶戦だ」という印象。六大戦の立ち位置が難しいのは自分たちのチームが出来上がっていないから相手にフォーカスを当てられないという部分が若干強いので、そのワセダのチームがどうだからというよりかは自分たちのチームができていないことに目が行きがちで、「相手に対してどう?」といわれちゃうと、まだ自分たちがこんななのに相手に対して何かをいえる状態じゃないという感じかなと思います。

――お互いに質問されたいことはありますか

友岡 最近どう就活?(笑)

永廣 なんだろうね…。

友岡 ベンチプレス何キロあげられますか?(笑)

永廣 ベンチプレスは私全然上げられない。40キロ前後。

友岡 そんなもんなの。スクワットは?

永廣 最高は100キロくらいかな。

友岡 ラグビー選手いけるじゃん(笑)。

永廣 まあそんな上げられなくても優勝できてるからさ。

友岡 ガタイが違うもん(笑)。

永廣 着替えていたら分かるもん(笑)。どういう戦術でくるんですか?

友岡 え〜。勝つ戦術で。

永廣 なるほどね。

友岡 スカウティングしておいて(笑)。

最後の早慶定期戦

――早慶定期戦は前半のヤマ場だと思いますが、どのような舞台ですか

永廣 特別だよね。

友岡 うん。びっくりするくらい来る。

永廣 全日(全日本選手権)の決勝より(観客が)来るよね。

友岡 来る。ラクロスの試合で一番人が見に来る試合。去年とかは多分6000人とか来ていて、本当に特別。

永廣 お祭りみたいじゃない?

友岡 ほぼお祭りだよね。真剣に戦っているはずだけど、周りはどんちゃん騒ぎだし、その中でできることは光栄だと思っています。

永廣 去年ちゃんと初めて出たけど、すんごい楽しかったもん。

友岡 何も聞こえなくない?

永廣 聞こえない。ショットを決めた時の喜びも今までとは全く違った。

――過去3回の早慶定期戦の中で印象に残っている試合はありますか

永廣 いつ試合出た?

友岡 一昨年はベンチ入りしていたけど試合に出ていない。

永廣 私もそう。

友岡 去年からスタメンで出て…。でも一番印象に残っているって10連覇止めた時じゃないの?

永廣 出てないもん。

友岡 でもすごいってならなかった?私たちは悲しみに打ちひしがれていたけど。

永廣 悲しみだった。というのも、本当に悔しかったのが、点差が開いていて、コーチに「お前次出るから準備しとけ」といわれて、もうアップとかもして、出る準備万端だったのに出してもらえなくて、すっごい悔しくて…。みんなが勝って涙している中、私は悔しくて涙していてというのがあったから、早慶戦には強い思い入れがある。

友岡 ケイオーと気持ちは一緒だったね。

――出場された3年生の時の早慶定期戦はいかがでしたか?

友岡 去年の早慶戦は自分が出ていたけど、最終的に4年生に引っ張られた試合で、下級生が何もできず、4年生が意地と根性を見せて勝った試合だったので、ある意味情けなくて、来年私たちはこれをやらなきゃいけないんだと思った試合でした。

永廣 去年は4年生が強かったね。

友岡 3年生何もしてないもん。

永廣 今年はめちゃくちゃ強い人というよりはみんなバランス良くない?。

友岡 去年の個性が強すぎる(笑)。

永廣 去年は正直勝てた試合で、見ている誰もがワセダが勝つと思っていたと思うし、終わった後にすごくいわれたんだけど、何で負けたんだろう…。ライドにやられたよね。

友岡 ちょっと記憶がない。

永廣 詰めが甘い試合だった。

――早慶定期戦でチームとしてはどのようなプレーをしていきたいですか

永廣 過去の早慶戦を振り返ってケイオーがめちゃくちゃ勝っているよね。ワセダは本当に早慶戦に弱くて、あの日吉で『紺碧(の空)』を歌いたいなというのはありますね。

友岡 去年4年生が本当に気持ちの面で勝ちにいっていた試合だったので、それを今度私たちがやるという意味で、4年生が気持ちの面とかプレーで見せていかなきゃいけないなと思う反面、後輩たちも火を付けて先輩をぶち抜かすくらい頑張ってくれたら勝利につながるんじゃないかなと思います。

――相手の警戒されている点はありますか

永廣 ダブルで来るライドがすごい。それをいかにワセダが回避できるのかどうかと、足が速い選手が多いから、その選手にどう対応するのかという点だと思います。

友岡 ワセダはずっと見ていてもやっぱりディフェンスが崩しづらいし、そこをどうやって崩そうかな、崩していけるかなみたいなところがやっぱりポイントだと思うから、点数を取りにいかなくちゃいけない試合で自分たちがディフェンスの波にのまれないようにやっていきたいです。

――お二人が思うキープレーヤーは。

友岡 今年の4年生に吉岡美波(AT、理4=東京・大妻多摩)という人間がいるんですけど、1年生からリーグ戦に出場しながら、昨年の早慶戦で出場機会を得ず、去年もリーグ戦のブロック戦までは得点せず、勝ち上がっていったら点を決められるようになって徐々にノリノリになってきているんで、そのノリノリさを早慶戦でどれくらい見せてくれるかが楽しみです。

永廣 私は同期のひな(G向山雛乃、スポ4=東京・小山台)というゴーリーなんだけど、強いライドに対してひながいかにクリアを運べるのかというのが大事だと思うから、その判断の速さを見てほしいのと、そのキープレーヤーがショットを打ってきた時にひなが神セーブをするのが楽しみ。

――逆に警戒されている選手はいますか。

永廣、友岡 (お互いを指でさし合う)

――ご自身はどのようなプレーをしていきたいですか

友岡 さっきケイオーはこういうところが強みだといってくれていたと思うので、運動量とかの部分で、最後の最後まで追いかけ回して、執念みたいなのをあの大勢の人たちの前で見せられたら、いい状態でリーグ戦まで持っていけるんじゃないかなと思って頑張りたいです。

永廣 嫌だな、それは(笑)。ケガせず自分らしいプレーができればいいかな。あとはベンチにいるメンバーが全員出られるくらいに点数差を広げて勝てればいいかなとは思っています。

――最後に早慶定期戦に向けて一言お願いします

友岡 日吉でホームなので、絶対に『紺碧(の空)』を歌わせず、『若き血』で試合を終えられるように頑張ります!

永廣 気持ち良く勝って、『紺碧(の空)』をケイオーさんのホームで歌えるように意地を出して頑張っていきたいと思います。

――ありがとうございました!

(取材・編集 石井尚紀、今山和々子)

応援歌に合わせて意気込みをを書いていただきました!

◆永廣めぐみ(ながひろ・めぐみ)(※写真左)

1995(平7)年10月17日生まれ。161センチ。米国・ラファイエット高出身。早稲田大学スポーツ科学部4年。攻撃と守備の両面でワセダを支える永廣選手。持ち前のフィジカルの強さにも注目です。

◆友岡阿美(ともおか・あみ)(※写真右)

1996(平8)年12月3日生まれ。149センチ。東京・慶応女高出身。慶應義塾大学法学部4年。小柄ながらすばしっこいプレーで相手を翻弄(ほんろう)する友岡選手。ATとしてワセダのゴールに襲い掛かります。

早慶定期戦のホームページはコチラから!!!

慶應スポーツ新聞会による女子部キープレーヤー対談の様子はコチラから!!!

★早慶定期戦の場所と日程

場所

慶大日吉陸上競技場

日時

5月20日(日)

タイムスケジュール

11:30 開会式

12:30 大学戦女子ドロー

14:10 大学戦男子FO

16:05 閉会式

早慶定期戦は『Player!』というツールで試合速報が行われます!
当日試合会場にお越しいただけない方も、リアルタイムで試合状況をチェックできるようになりました。ぜひともコチラからご覧ください!
※アプリもございますので、スマートフォン(iPhoneに限りますが)をお持ちの方はコチラからご利用いただけます。