メニュー

その他

« 特集に戻る

2018.02.06

【連載】『平成29年度卒業記念特集』第2回 大竹耕太郎/野球

悩み抜いた末に

 冷たい雨が降りしきる秋の早慶戦。1人の男の名がアナウンスされると、神宮球場は拍手と歓声に包まれた。「ピッチャー、大竹君。背番号13」―――。ワセダの黄金期を支えた大竹耕太郎(スポ=熊本・済々黌)の雄姿に観客の視線が集まった。球場の注目を一身に浴び、彼は長く伸びたリーチから淡々と白球を投げ込む。ひょうひょうとしたマウンドさばきに見えるが、ここにたどり着くまでには苦難の道のりがあった。

 大竹の名が東京六大学野球界に知れ渡ったのは1年生の秋だった。当時の絶対的エース有原航平(平27スポ卒=現北海道日本ハムファイターズ)の故障に伴い、ルーキーながら東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)の開幕投手に抜てきされた。すると法大打線を7回無失点とピシャリ。この試合を皮切りにその後も先発の一角として、大車輪の活躍を見せる。続く2年目のシーズンも春は4勝をマークし、防御率は驚異の0.89。ベストナインにも選出された。大竹の活躍もあり他五大学から勝ち点を奪う完全優勝を果たしたチームは、続く全日本大学選手権(全日本)も圧倒的な強さで優勝を果たす。秋はけがで出遅れたものの、優勝が懸かった慶大2回戦で見事完封し春季リーグ戦、全日本と合わせて3冠を達成。その全てで大竹は胴上げ投手となり、名実共にエースとなった。ワセダの黄金期を支え、常に歓喜の中心にいたのは紛れもなく大竹だったのである。

 しかし3年生の春、歯車が狂い始めた。大竹は持ち味であったはずの制球に苦しむ。前年に比べ球威も落ち、甘く入った球を痛打される場面がよく見られるようになった。春季リーグ戦は防御率5点台と低迷。「このままではいけない」。大竹は不振の原因がフォームにあることは分かっていた。春のフォームでは球に力が伝わりにくく、また体に負担がかかりケガもしやすい。そこで夏、復活を掲げ、体の使い方を意識したフォームづくりに取り組んだ。だが、秋季リーグ戦を迎えても暗闇の出口が見えない。フォームを変えたことで以前よりも球の出所が打者に見やすくなり、さらに打ち込まれた。「打者と戦っているというより自分との戦い。投げれば投げるほど正解が分からなくなっていった」と振り返る大竹。野球人生初めてのカベだった。

最後の秋、大竹は光を見出した

 そんな大竹に転機が訪れたのは、4年生の夏、地元・熊本県で開催された全早慶戦だった。この試合に先発した大竹は、2年前にワセダの黄金期を共に支えた道端俊輔(平28スポ卒=現明治安田生命)と久しぶりにバッテリーを組んだ。道端のサイン通りに投げ込む大竹は中盤まで凡打の山を築く。試合後、大竹が道端に配球について尋ねると、これまで自分が考えたこともなかった答えが返ってきた。「道端さんはそんなに考えていたんだ」と自分の甘さをこのとき痛感したという。それから大竹は道端に教わったことの一つ、『打者の観察』に取り組み始め、自分の球に対する打者の反応を徹底的に研究した。また、この時期に肩の可動域を広げる新たなトレーニングを始めたことで、球威、制球共に本来の姿を取り戻しつつあった。そして迎えた秋の明大2回戦。大竹には自信があった。明大の各打者を徹底的に観察し、5回2失点と粘投。実に483日ぶりの白星を挙げた。試合後、大竹の頬を涙がつたった。それは暗闇の中でもがき苦しんだ男に一筋の光明が差し込んだ瞬間だった。

 「僕はものすごい球を投げられるわけではないから頭を使わなければならない。でも考えすぎてしまうとそれが悪く影響してしまうこともある」と大竹。心技体、どこかが欠けるとどこかにそのしわ寄せが生じる。バランスの難しさを感じた4年間だった。そんな大竹は、昨年のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークス(ソフトバンク)から育成指名を受けた。九州で育った大竹にとって、ソフトバンク(当時ダイエー)は野球を始めるきっかけとなった球団だ。しかし、育成選手は1軍の試合への出場が認められていない上に、成長の見込みがないと早々に解雇されてしまう。名門のワセダから育成契約を結ぶ選手は異例中の異例だ。それでも大竹に迷いはない。プロの舞台に挑戦することが小さい頃からの目標だったからだ。大志を抱く若き挑戦者がまた一人、ワセダの森から巣立っていく。2018年、大竹は故郷・九州で新たな物語を描く。

(記事 石﨑開、写真 加藤耀氏)

« 特集に戻る